ひきばっちの映画でどうだ!!

ひきばっちが観て気に入った映画を、ブログで紹介します。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「八日目の蝉」

2012-07-25 11:02:16 | Weblog
                           「八日目の蝉」

角田光代さんの原作は未読での鑑賞となりました。

観終わって・・・な、永作博美が素晴らしい(I I)

この年の色々な女優賞をもらったのも頷けます。
(日本アカデミー賞では彼女は「最優秀助演女優賞」でした。この作品を観た方ならお思いになったかと思われますが「え??永作さん、主演じゃん・・・??」)

まぁ、一つの作品から二人の主演女優というエントリーは無理があったのだと思われますが・・・。
ちなみに「最優秀主演女優賞」は同作の井上真央さんでした。

何はともあれ、永作さん、いい女優さんになられましたね(^^♪という感じです・・。

ネタバレあります・・・。

あらすじ:野々宮希和子(永作博美)は、職場の上司である妻子持ちの秋山(田中哲司)と不倫の関係にあった。

在る日希和子が妊娠の報を秋山に知らせると、彼はこう言う男お決まりの「今、産んでもらっちゃ困る。身辺の整理をきちんと付けて、君と一緒になってから・・」

希和子は彼の言葉を信じ、中絶をするが、その際、子宮内が癒着して、二度と子供を産めなくなってしまう・・・。

そんな頃、秋山の妻・恵津子(森口瑤子)が妊娠したことが判った。
やがて、女の子が生まれた・・・。

希和子は、子供の事も秋山との事も全てあきらめて、新しい人生へ向かおうと決意したのだが、どうしても、ひと目でいいから、その赤ちゃんの顔が見たかった・・・。

そして或る土砂降りの日、彼女は秋山の家に入り込み、赤ちゃんを抱き上げ、そのまま姿を消した・・・。

ここから希和子と赤ちゃんの4年に及ぶ逃亡(?)生活が始まるのです。

赤ちゃんの本名は「恵理菜」。だけれど希和子はその子に「薫(かおる)」と名付けます。

共同生活施設(?)エンゼルホームに入った希和子は、そこの同僚に故郷・小豆島(香川県)の住所を教えてもらい、やがて薫をつれて、そこを訪ねることになります。

そして希和子と薫はそこで同僚の父、雄三(平田満)と、母、昌江(風吹ジュン)らのあたたかな歓迎を受け、二人はこの小豆島で暮らしてゆくことになります・・。

島の人々の人情と、豊かな自然の中で、引っ込み思案だった薫も徐々に友達の輪に加わり、元気に育ってゆきます・・。

しかし、そんなささやかな幸せも、希和子と薫の強い親子の絆も、やがて引き裂かれる運命にありました・・・。

ここまでのストーリーに交錯するように、現代で大学生になった恵理菜[薫」(井上真央)の、自分探しの物語が要所、要所でインサートされます。

恵理菜の実の母・恵津子はヒステリックではありますが、4才までの娘を失っていた心の傷は察するに余りあります。

恵理菜はこのような生い立ちも手伝ってか、大学生になっても親しい友達がいません。
唯一、妻子持ちの岸田(劇団ひとり)と交流があるのみ・・・。

そんな彼女の所へ、ルポライターを名乗る安藤千草(小池栄子)がやって来ます。
千草はなんとエンゼルホーム時代の遊び友達だったことが判ります!
千草も、その時の隔離された環境にいたせいで、心に傷を負っていました。

そして妊娠した事を知った恵理菜は、学校を辞め、千草と共に“自分が本当に求めていたもの”そして“自分自身を探す”旅に出ます・・・。

という感じなのですが、冒頭に書いたように、誘拐犯ではあるものの自分の全てをそそいで薫を育てる希和子を演じた永作博美が素晴らしいの一言です。

普通に考えたら「なんで誘拐犯がええねん、あかんやろ」となるところを、彼女の演技力によって「肯定感」のあるストーリーになっているのではないかと。

ラスト近くの、「逮捕」のシーンは胸が詰まりました。忘れがたいシーンとなりました。

ラストで小豆島にたどり着いた恵理菜は、蘇ってくるたくさんの記憶を確かめるように、思いのたけを千種に話しはじめます・・・。

しかし〜・・私も含めてこの映画のキャラクターである秋山しかり、岸田しかり・・・こういう場面の男はホントーにダメですな・・・(+o+)それが本作のテーマかも・・・。



ひきばっち的満足度★★★★☆




つらい腰痛・肩こり・頭痛など、スタッフが全力でサポートします。
癒しの森整体院
丸ノ内線 新中野駅 徒歩3分





『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (15)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「臨場 劇場版」 | トップ | 「ヘルタースケルター」 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (けん)
2012-07-26 09:43:45
TBさせていただきました。
またよろしくです♪
けんさん こんにちは♪ (ひきばっち)
2012-07-26 17:32:37
TB有難うございます(^^♪
こちらこそよろしくお願い致します

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

15 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
八日目の蝉 (うろうろ日記)
試写会で見ました。原作を読んでから見たので、あーこの辺削ったかーと本と比べてしま
八日目の蝉 (LOVE Cinemas 調布)
角田光代の同名ベストセラー小説を映画化。生まれてすぐに誘拐された少女が大学生になってからの姿と、誘拐した犯人が逃亡を続ける4年間の両方を描いたヒューマンドラマだ。出演は『花より男子ファイナル』の井上真央と『酔いがさめたら、うちに帰ろう。』の永作博美。共...
八日目の蝉 (だらだら無気力ブログ)
直木賞作家・角田光代の同名ベストセラーを「花より男子ファイナル」の 井上真央と「酔いがさめたら、うちに帰ろう。」の永作博美の共演で映画化 したヒューマン・サスペンス・ドラマ。不倫相手の赤ちゃんを誘拐した 女性が、捕まるまでの4年間にわたって母と娘として...
『八日目の蝉』 (ラムの大通り)
---- この映画、前に行ったとき 満員で入れなかったってヤツだよね。 「うん。とにかく人気が高い。 原作が角田光代の代表作にしてべストセラーだからかなと思ったけど、 これは見事に映画になっていたね」 ----映画になっていた…どういうこと? 「簡単に言えば、 映画と...
「八日目の蝉」誘拐した育ての母の足跡を辿った先にみた4年間の愛情と同じ過ちを繰り返さないでほしい想い (オールマイティにコメンテート)
映画「八日目の蝉」は角田光代原作の「八日目の蝉」を映画化した作品で、生まれたばかりの頃から4歳まで誘拐犯に育てられた娘が大学生となり、その事件と向き合いながら自身も誘 ...
八日目の蝉/井上真央、永作博美、小池栄子 (カノンな日々)
直木賞作家の角田光代さんの同名小説を映画化したサスペンス・ヒューマンドラマです。NHKでドラマ化されたときにうっかり観逃してしまったんですよね。やっぱり最初から観てないと ...
八日目の蝉/井上真央、永作博美、小池栄子 (カノンな日々)
直木賞作家の角田光代さんの同名小説を映画化したサスペンス・ヒューマンドラマです。NHKでドラマ化されたときにうっかり観逃してしまったんですよね。やっぱり最初から観てないと ...
八日目の蝉 (本と映画、ときどき日常)
監督 成島出 出演 永作博美     井上真央     小池栄子 角田光代原作の同名小説の映画化。 4歳まで父の愛人の誘拐犯を”母”と思い育てられた娘。 その母と娘の昔と今の生きざま。 どの俳優さんもとても巧いな〜と感心させられました。 上に挙がった俳...
「八日目の?」みた。 (たいむのひとりごと)
まちがいなく泣く!って観る前から思っていたけれど、終盤にはいったらずっと泣きっぱなしで、嗚咽を漏らさないようにするため、何度も深呼吸する私だった[E:coldsweats01]ここ数年の永作さんの演技
mini review 11545「八日目の蝉」★★★★★★★☆☆☆ (サーカスな日々)
誘拐犯の女と誘拐された少女との逃亡劇と、その後の二人の運命を描いた、角田光代原作のベストセラー小説を映画化したヒューマン・サスペンス。監督は、『孤高のメス』など社会派エンターテインメント作品で定評のある成島出。誘拐された少女の大学生時代を井上真央が演じ...
◆『八日目の蝉』◆ ※ネタバレ有 (〜青いそよ風が吹く街角〜)
2011年:日本映画、成島出監督、井上真央、 永作博美、小池栄子、森口瑤子、田中哲司出演。
確かに愛はそこにあった。『八日目の蝉』 (水曜日のシネマ日記)
誘拐犯の女と誘拐された少女との逃亡劇とその後の少女の人生を描いた作品です。
八日目の蝉 (とりあえず、コメントです)
角田光代著の同名小説を映画化したドラマです。 原作もドラマも好評でしたけど、未見のままでした。 今回はじめて知った世界は、子を思う母の深い愛情と、愛を覚えていない子の痛みが心に残る物語でした。
「八日目の蝉」 (みんなシネマいいのに!)
 不倫相手の赤ちゃんを誘拐した女性が、いかに捕まるまでの4年間にわたって<母と娘
『八日目の蝉』 (京の昼寝〜♪)
□作品オフィシャルサイト 「八日目の蝉」□監督 成島 出□脚本 奥寺佐渡子□原作 角田光代□キャスト 井上真央、永作博美、小池栄子、森口瑤子、田中哲司、市川実和子、平田 満、劇団ひとり、余貴美子、田中 泯、風吹ジュン■鑑賞日 5月1日(日)■劇場 チ...