ひきばっちの映画でどうだ!!

ひきばっちが観て気に入った映画を、ブログで紹介します。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「第9地区」

2010-04-17 13:54:59 | Weblog
                                   「第9地区」
新宿ピカデリーにて。
プロデューサー・ピーター・ジャクソン
監督・ニール・ブロムカンプ

アカデミー賞をも賑わしたこの話題作をやっと観て参りました。

これほど惹きつけられたSFは「ブレードランナー」以来かも知れない・・!

私、好きです、こういう映画(笑)いや、ホントに(^^♪!
111分間あっという間でした。映画館結構混んでいて、体勢的にはちょっと窮屈だったのですが、主人公ヴィカス(シャルト・コプリー)のお人よしの笑顔ですっかりストーリーにのめり込ませていただきました(笑)

ひきばっち的には大変面白かったし、特殊撮影(VFX等)も「これは・・ブレードランナー以来じゃないか・・・!」と思うほど完璧に近かったですな。

まぁ、でも、人は好きずき○Iは月々と申しまして、一緒に観に行った連れは「この映画がなぜアカデミー賞に絡む程なのか理解に苦しむ・・」と言っとりましたな(苦笑)

ま、それはいいとして(何がいいんだ(笑)!)
この作品はまず物語の舞台がヨハネスブルクである、ということだけですでに100ポイントアップって感じがします。あくまでもひきばっち的にですが・・。

ヨハネスブルクでなくても、アメリカ以外の、意外な(シャレじゃないよ(笑))都市で、可能な場所はあるのでしょうが、
あの赤い土ほこり舞う大地と、白人と黒人が混在する大都市ヨハネスブルクは、このSFに不思議な肯定力を与えているんですねぇ。

そしてこの作品の2つ目のポイント。
屋外(第9地区など)の撮影が、おそらく夕刻(もしくは朝方)に行われていて、斜めからの太陽の日差しが一種独特の緊迫感を醸し出している、のではないか、な~と、思うのですが、どーでしょうね~。地面の色が赤いせいかもしれませんね・・m(__)m。

3つ目。音楽ですよね~。上手いですよね~、音楽、そして音響の使い方が。
直接アフリカ民族とこの映画とは関係はないのですが、やはり場所がヨハネスブルク。
アフリカ民族音楽のエッセンスを取り入れた曲が流れると、やっぱり映像と見事にマッチするので驚きました!

あと、黒板をこするような不快な“音”も、音響で入っていましたね。芸が細かいですな!

そして4つ目。これが決め手の、監督・ニール・ブロムカンプの演出ですね。
それに答えるだけの演技が出来るシャルト・コプリーもすごいんですが、
ストーリー冒頭でエイリアン対策課の主任に抜擢されたヴィカス(シャルト・コプリー)がマイクを胸に着けてカメラに向かってしゃべるシーンがありますが、
あの時のヴィカスの浮かれた演技、正確には、本当は主任に抜擢されるような才能も力量もない凡人であるヴィカスが、抜擢されて、有頂天になってカメラに向かってしゃべっている、というあのシーン・・。
見事な演出だと思いましたし、あの演技でこの映画は多分面白いに違いないと感じました。

ストーリーは色々な所で書かれているので割愛いたしますが、
映画全体として観ても、エンターテインメント性も充分にあり、そこはかとない社会的メッセージ性もあり、SFとしても充分見ごたえがある・・
ひきばっち的には111分間あっという間という感じで楽しめました~



ひきばっち的満足度★★★★☆



『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (16)   トラックバック (50)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「息もできない」 | トップ | 「アリス・イン・ワンダーラ... »
最近の画像もっと見る

16 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは。 (KLY)
2010-04-17 20:09:39
斬新なアイディアが秀逸です。人間より全てに上回る、それもあんなどでかい宇宙船に乗ってきてる相手を囲い込んで難民にしてしまうという設定。そして何故かそれにしたがっているエイリアンたち。大体同意書にサインをって言われて「違法だ!」って人間とエイリアンの会話じゃないですよ。(笑)
そんななかにアパルトヘイトや、ホロコーストのような人間の過去の罪悪を詰め込んでくる。それももってまわってではなくてストレートに。全てが斬新でリアルでした。
こんばんは。 (かのん)
2010-04-17 23:15:36
自分が気に入った映画でもあまり人に勧めることってしないんですが、先日、何か面白いのあった?と訊かれたのでこの映画を紹介したら早速観に行って面白かったという返事をもらいました。

冒頭での「普通ならニューヨークやシカゴに現れるはずのエイリアン・・・」というくだりからして、巧いなって思える作品でした。
KLYさん こんにちは♪ (ひきばっち)
2010-04-18 12:10:02
斬新ですよね~(^^♪!
そしてその斬新さをB級に終わらせないハード面(VFX等)のグレードの高さもすごいですな。

>大体同意書にサインをって言われて「違法だ!」って人間とエイリアンの会話じゃないですよ
確かに(爆)
一軒一軒歩いて廻るヴィカス達も間抜けといえば間抜けっぽいんですよね(笑)

>そんななかにアパルトヘイトや、ホロコーストのような人間の過去の罪悪を詰め込んでくる
そうですね~、そういう意味でのヨハネスブルクなのでしょうかね~。
南アの赤い大地が目に沁みる快作でした。

かのんさん こんにちは♪ (ひきばっち)
2010-04-18 12:31:49
この映画は、自信を持って人にお勧めできますよね(^^♪!(もっとも私と一緒に観た連れはNGを出していましたが(T_T)/)。

>冒頭での「普通ならニューヨークやシカゴに現れるはずのエイリアン・・・」というくだりからして、巧いなって思える作品でした。

作り手側のセンスがイイんですよね~。
冒頭をドキュメンタリー・タッチにして市民や家族のインタビューをインサートしたり・・。
話が、エイリアンが居住してすでに20年経っていて、スラム化している、というのも普通なら考えつかないような斬新なオープニングで、観るものをグッとストーリーに引き込みましたね。
アドリブらしいですが、ヴィカスを演じたシャルト・コプリーの喜びで浮き足立った演技も、とても上手で、「この映画は面白いに違いない」と、思わせてくれました。




こんばんは (kobaっち)
2010-04-19 00:03:11
この映画、アカデミー賞ノミネート。好きなSF、批評家の高評価等、かなり期待をして映画館に足を運びましたが・・・。
う~ん。。。なんと申し上げればいいのか。
正直見終わってあまりピンときませんでした。
映画の構成、ストーリー、背景にあるもの、役者の演技どれもよかったのですが、自分にはしっくりきませんでした。たぶんこの作品にたくさんのエレメンツがあり自分の中ですべてを消化しきれなかったためだと思います・・・。

なんとも、不思議な後味の作品でした。
kobaっちさん こんにちは♪ (ひきばっち)
2010-04-19 00:28:22
このたびは、お足元の悪い中、遠路はるばる新宿ピカデリーまで「第9地区」を観につきあっていただきまして・・・なぐさめる言葉もございません・・(苦笑)。
まぁ、勝負は時の運だから、と申しまして(なんじゃそりゃ)「ゼロの焦点」のようなケースもありますので・・。

今度は、「有機物」系じゃなくて、もうちょっと「スター・トレック」のような「無機物」系を観にいきませう(笑)!
ひきぱっちさんへ♪ (mezzotint)
2010-04-19 10:35:06
TB&コメントありがとうございました。
エイリアンが難民という設定には驚きでした。
ピーター・ジャクソンって本当に凄い方だと
思いました。差別問題も含ませ、少々辛口
要素もあったり、、、、不思議なティストの
ある作品だったなあと思います。
mezzotintさん こんにちは♪ (ひきばっち)
2010-04-19 18:11:20
斬新な設定ですよね~。
またそのエイリアンが所帯染みているからなんか笑えるんですよね(^^♪。
それでもB級にならないのが、ピーター・ジャクソン及びニール・ブロムカンプの凄いところですよね!
ストーリーの根幹を社会的メッセージが押し付けがましくなく流れている・・。それがこの作品の特徴であり、B級に終わらせない要因だとおもいます。
ひきばっちさん、こんばんは! (アイマック)
2010-04-20 23:22:52
おもしろいSF映画でしたねー。
私も「ブレードランナー」は大好きですが、こちらの映画も大満足でした。
まじめなテーマなのに笑いもあるし、いろんな要素があって楽しめました。
アフリカ民族音楽もマッチしてましたね。
アイマックさん こんにちは♪ (ひきばっち)
2010-04-21 11:36:23
本当に面白い映画でしたね!
戸別訪問には爆笑してしまいましたが。
ちょっと間違えばB級になるスレスレのところ
で、キープしているから余計に面白いんですよね(^^♪。
ヴィカスを演じたシャルト・コプリー(ほとんどアドリブだったそうですが)のストーリー冒頭の、誠実だが軽薄な浮かれた演技は、オスカーにノミネートされても良いほどハマっていたし、この映画をグイグイ牽引していたと思います!
ヴィカス役の俳優さん。 (BC)
2010-04-23 00:11:56
ひきばっちさん、こんばんは。
トラックバック&コメントありがとうございました。(*^-^*

>一緒に観に行った連れは「この映画がなぜアカデミー賞に絡む程なのか理解に苦しむ・・」と言っとりましたな(苦笑)

私もひきばっちさんのお連れさんと似た感想かも。(^-^;
社会風刺的な側面も感じとれるからか
素直に面白いとは思えなかったです・・・。

ヴィカス役の俳優さんはお人好しな笑顔で良い味だしていましたね♪
BCさん こんにちは♪ (ひきばっち)
2010-04-23 13:12:33
TB&コメント有難うございます。
>私もひきばっちさんのお連れさんと似た感想かも
記事にも書きましたが、映画や本などの感想は、人は好きずきですから、自分流でOKだとおもいますよー(^^♪。

私だって、先刻公開の「アバター」より、山田洋次監督の「おとうと」の方がはるかにいいと感じてますもん。

人は好きずき、○Iは月々(しつこいギャグでゴメンナサイ(笑))ですよ(^^♪。
こんばんは^^ (ひろちゃん)
2010-04-25 02:22:55
先日は温かなコメントをありがとうございました!知り合って間もないひきばっちさんに
あのようなコメントを頂きまして、とっても
嬉しかったです♪これからもよろしくお願い
致します(^_-)-☆

さて、この作品観たのですが、あの大事件も
あって(苦笑)冒頭が観られなかったのが
ものすごく心残りでした(^^;この作品は期待以上とまでは行かなかったのですが、面白く観れました。SF大好きな主人はかなり気に入ったようです(^_-)-☆私はブレードランナーが大好きなのですが、ブレードランナーのほうが好みかな・・・
ひきばっちさんはブレードランナーに匹敵しましたか(^^;

>エンターテインメント性も充分にあり、そこはかとない社会的メッセージ性もあり、SFとしても充分見ごたえがある・・。

それは同感です!この文章凄く気に気に入ったので、私が感想アップしたら、マネしちゃおうかなあ(盗作だあ・笑)
感想アップできたら、TBでまたお邪魔させて
頂きますね(^_-)-☆
ひろちゃんさん こんにちは♪ (ひきばっち)
2010-04-25 10:51:11
どうもこんにちはー(^^♪。
お元気でしたか~?
色々とご多忙なようで、どうしたかな~と思っておりました~。

せっかくの「第9地区」の鑑賞、大変な目に逢っちゃいましたね~・・。
ご主人が体格のいい方だと、心強いですよね~!

「ブレードランナー」と冷静に比べれば、やはり「ブレードランナー」の方が好きですね。
というか、ひきばっち的に「ブレードランナー」は格が違うというか・・「今までの人生で観た映画のベスト5」に入りますから・・。

>この文章凄く気に気に入ったので、私が感想アップしたら、マネしちゃおうかなあ

このような文章でよければ、どんどん使ってください(^^♪!
ついでに「人は好きずき、○lは月々」も使っていただけないでしょうか(爆)

TBお待ちしております~!


かなり気に入りました (KGR)
2010-05-29 21:35:52
予告を見たときから気になっていて、早く公開しないか楽しみにしていました。

ヴィクス(敢えてヴィ'ク'スと書く)が、善人と言い切れないところも面白かった。
KGRさん こんにちは♪ (ひきばっち)
2010-06-01 06:50:48
>ヴィクス(敢えてヴィ'ク'スと書く)が、善人と言い切れないところも面白かった

なるほど。確かに彼は、人間社会の“俗物”ですよね。
私がそう感じたのは、エイリアンの「卵」とそれに栄養を送っている「太い管」を発見したシーンでした。ヴィカスは卵に繋がる管を抜きながら「これは中絶をしているんですね」と笑顔でカメラに語り、
火炎放射器がそれを焼いている前でカメラに向かって「ポン、ポン、音が聞こえますか?卵が弾けている音です!ポップコーンみたいに!」
ヴィカスは生き生きとカメラに向かって喋っていました・・。

監督の狙いはそこにあるのだと思いました。
不慮の事故で片腕がエイリアンになってしまう主人公ヴィカスは、決してヒーローではない。
むしろ、一般の人の意識レベルより強い“差別意識”をエイリアンに対して持っていた、ただの「男」だよと・・。

その辺のヴィカスの持つ“下世話な感覚”が、ストーリー冒頭の「カメラに向かって、自己紹介から・・」のシーンによく表れているんですよね~・・。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

50 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
『第9地区』 (ラムの大通り)
----これって、どういう映画ニャの? 2009年、世界を最も驚かせた映画と言われているようだけど…。 「そうだね。キャストはノーネーム、 監督は新人、舞台は南アフリカ…と、 ヒットの要素はまるでないのに、初登場?1を記録。 しかもオスカーレースでは、 作品賞を含む...
[映画『第9地区』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆母親が暇そうだったので、一緒に観に行ったのだが、70歳近い母親なれど、かなり夢中で観ていました。  私も、「こりゃ、傑作だなあ^^」などと思いつつ、興味深く見た。  この作品の魅力は何なんだろう?  先ずは、ヨハネスブルグと言う、作り手の通(つう)な...
「第9地区」と「ロボコップ」とはグロとナ... (映画と出会う・世界が変わる)
「第9地区」という作品のティストとしては「グロ」と「ナンセンス」がある。その二つの要素が、この作品が持っている文明批評の力を増している。この映画はストーリーの面白さもさ...
映画「第9地区」@109シネマズ川崎 (masalaの辛口映画館)
 毎月10日は109シネマズの“109シネマズの日”で鑑賞料金が¥1000だ、と言うことで初日を迎えた「第9地区」を上映するシアター1は最前列以外満席である。    映...
第9地区 / District 9 (勝手に映画評)
舞台は、今年ワールドカップサッカーが開催される南アフリカ共和国のヨハネスブルグ。突如姿を表した異星人の乗る宇宙船。宇宙船は、一向に立ち去る気配を見せず、宇宙船に乗っていた異星人達は、「難民」として“第9地区”に隔離・収容される。そしてそれから28年後、ス...
『第9地区』・・・3年後の約束 (SOARのパストラーレ♪)
コイツは参った。今年のアカデミー賞ノミネートの中にこんな傑作が紛れていたとは! (ノミネート作品すべてを観ないうちに言うのもなんだが)少なくとも作品賞争いは『アバター』と『ハート・ロッカー』の一騎打ちなどではなく、本作『第9地区』を含めた三つ巴の様相を...
第9地区 (LOVE Cinemas 調布)
2010年アカデミー賞作品賞ノミネート作品。エイリアンが難民として受け入れられるという斬新なアイディアを元に、主人公を襲うとある事件を通してエイリアンと人間の関係を描き出したSFムービーだ。プロデューサーを『ロード・オブ・ザ・リング』のピーター・ジャク...
第9地区 (悠雅的生活)
ヨハネスブルグ。隔離されたエイリアン。そしてその時・・・
「第9地区」 自覚がない差別 (はらやんの映画徒然草)
南アフリカの都市ヨハネスブルグに、巨大UFOとともにエイリアンが現れてから20年
映画感想『第9地区』 面白いですね (レベル999のマニアな講義)
内容1982年。突如、南アフリカ・ヨハネスブルク上空に“宇宙船”が姿を現した。その瞬間“地球人”となった人間たちは、彼ら“異星人”の次の行動を待った。侵略なのか?それと...
第9地区 (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★★【5点】 『クローバーフィールド』『トランスフォーマー』『ターミネーター4』
第9地区 District 9 (映画!That' s Entertainment)
●「第9地区 District 9」 2009 アメリカ・ニュージーランド、Warner Bros.Pictures,TriStar Pictures,111min. 監督:ニール・ブロンカンプ 出演:シャールト・コプリー、デヴィッド・ジェームズ、ジェイソン・コープ、ヴァネッサ・    ハイウッド、ナタリー・...
第9地区 (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
今までのSF映画と違い、ドキュメンタリータッチのリアルな映像と全く新しい物語が新鮮だ。ヨハネスブルグ上空に飛来した巨大宇宙船は動けなくなり、宇宙人を難民として受け入れる。全く違う文明が交錯すると、当然ながら摩擦が起きる。その衝突の様子をかつての人種差別の...
第9地区◆DISTRICT 9 (銅版画制作の日々)
 さて第9地区って? 南アフリカヨハネスブルグにある架空の難民キャンプの名称だそうです。そしてこの場所に収容されているのは、何と人間ではなくエイリアンでした!! MOVX京都にて鑑賞。あの「ロード・オブ・ザ・リング」3部作の世界的成功で、ハリウッドで最も注...
第9地区 / District 9 (我想一個人映画美的女人blog)
{/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click 同じアカデミー賞作品賞ノミニーだったら「アバター」、「ハート・ロッカー」よりもわたしは断然こっち{/atten/} あ、「プレシャス」もお忘れなく{/fuki_osusu...
第9地区 (★YUKAの気ままな有閑日記★)
第82回アカデミー賞で4部門もノミネートされた話題作評判も良さそうなので楽しみにしていた。がっ・・・【story】正体不明の難民を乗せた謎の宇宙船が突如南アフリカ上空に姿を現し、攻撃もしてこない彼らと人間は共同生活をすることになる。彼らが最初に出現してから28年...
第9地区/シャールト・コプリー、デヴィッド・ジェームズ (カノンな日々)
劇場予告編の映像からは全くそんな風には思いませんでしたけど、これってローバジェットの作品なんだそうですね。といってもいったいいくらからがハイバジェットになるのかよくわからないんですけど、先日のアカデミー賞でもノミネートされてたこともあって期待の話題作と...
映画レビュー「第9地区」 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
公式サイト◆プチレビュー◆社会性と娯楽性をブレンドした斬新なSF。ジャンルの垣根を越えた展開は先読みできない面白さだ。 【80点】 南アフリカ共和国のヨハネスブルグ上空に、突如巨大な宇宙船が現われる。船内には難民と化した無数のエイリアンがいた。困った南...
「第9地区」こんな映画、見たことない! (シネマ親父の“日々是妄言”)
[第9地区] ブログ村キーワード  これは、今までに吾輩が見たことのない類の映画でございました。「第9地区」(ギャガ GAGA★)。いやあ、ホントにこれは衝撃的な映画ですね。  南アフリカ、ヨハネスブルグの上空に、突如巨大な宇宙船が飛来。何日経っても静止したま...
第9地区 (だらだら無気力ブログ)
宇宙船が故障したために、地球に漂着し難民として特別居住区に生活する ことになったエイリアン達が地域住民との間に軋轢が生まれたために、 新たな居住区に移動させることになり、その担当者となった男の身に起こる 出来事をドキュメンタリータッチで描く。 監督は、こ...
第9地区 (ゴリラも寄り道)
<<ストーリー>>ある日、ほかの惑星から正体不明の難民を乗せた謎の宇宙船が、突如南アフリカ上空に姿を現す。攻撃もしてこない彼らと人...
★「第9地区」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
今週の平日休みは、久しぶりにシネコンに行った気がする。 ららぽーと横浜で、話題作2本を鑑賞。 その1本目。
「第9地区」レビュー (映画レビュー トラックバックセンター)
映画「第9地区」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:シャールト・コプリー、デヴィッド・ジェームズ、ジェイソン・コープ、ヴァネッサ・ハイウッド、他 *監督:ニール・ブロンカンプ *プロデューサー:ピーター・ジャクソン 感想・評価・批評 ...
第9地区 (ダイターンクラッシュ!!)
2010年4月10日(土) 21:50~ TOHOシネマズ川崎6 料金:1200円(レイトショー料金) パンフレット:未確認 『第9地区』公式サイト 宇宙船が故障して地球の難民となった宇宙人。 難民を受け入れているのは、南アフリカで居住区はヨハネスブルグに存在。 エビと蔑ず...
映画「第9地区」感想と採点 ※ネタバレあります (ディレクターの目線blog)
映画『第9地区』を本日午後観て来た。客席は80人程度でかなりの人気とみた。 採点は★★★★☆(5点満点で4点)。85点くらい付けても良い。 ざっくりストーリー 南アフリカのとある都市の上空に20年以上不気味に浮かぶ宇宙船。そこから降りてきたエイリアンたちは難...
「第9地区」みた。 (たいむのひとりごと)
初めて予告を見た時は、そっち系の話なのねと笑ってしまったし、造形のあまりの虫っぽさには「エイリアン=虫」の構図が浮かんでありきたり感を持ったものだけど、こんなにおぞましい話だったなんてね。正直なところ
第9地区 (Akira's VOICE)
美味しさ70点の天丼定食。  
「第9地区」なかなか面白かったです (ポコアポコヤ 映画倉庫)
予想以上に面白い映画で、最後まで集中が切れなかったです。 B級映画らしいですが、安っぽさとかは感じませんでした。
第9地区 (映画鑑賞★日記・・・)
【DISTRICT 9】 2010/04/10公開 アメリカ PG12 111分監督:ニール・ブロンカンプ出演:シャールト・コプリー、デヴィッド・ジェームズ、ジェイソン・コープ、ヴァネッサ・ハイウッド人類、立入禁止。Story:ある日、ほかの惑星から正体不明の難民を乗せた謎の宇宙船が...
第9地区 (~映画盛り沢山~)
監督:ニール・ブロムカンプ  製作:ピーター・ジャクソン/キャロリン・カニンガム  脚本:ニール・ブロムカンプ/テリー・タッチェル  撮影:トレント・オバロッチ  編集:ジュリアン・クラーク 出演:シャールト・コプリー/デヴィッド・ジェームス/ジェイソン・...
第9地区 (必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー!)
[第9地区] ブログ村キーワード ↓ワンクリックの応援お願いします↓ おみくじ評価:中吉 2010年29本目(28作品)です。 【あらすじ】 ある日、巨大な宇宙船が南アフリカのヨハネスブルク上空に出現。 南アフリカ政府は船内のエイリアンを難民として受け入れ、“第...
第9地区 (ともやの映画大好きっ!)
(原題:DISTRICT 9) 【2009年・アメリカ/ニュージーランド】試写で鑑賞(★★★★★) ロサンゼルス映画批評家協会賞、新人賞(ニール・ブロンカンプ)・美術賞受賞。 ブロードキャスト批評家協会賞、メイキャップ賞受賞。 シカゴ映画批評家協会賞、有望監督賞(ニー...
第9地区 (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
今から28年前、正体不明の巨大宇宙船が突如、南アフリカ共和国の首都ヨハネスブルグに、突然巨大な宇宙船が飛来してきた。 それは上空に浮かんだまま微動だにせず、何が起きるのか心配していた政府もしびれを切らして、ついにヘリコプターで偵察隊を派遣。 船内に浸...
第9地区 (小部屋日記)
DISTRICT 9(2009/アメリカ)【劇場公開】 監督:ニール・ブロンカンプ 出演:シャールト・コプリー/デヴィッド・ジェームズ 人類、立入禁止。 『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズのピーター・ジャクソンが製作、全米でサプライズ大ヒットを記録。 ドキュメンタ...
第9地区 (ダメ工房日誌)
凄い映画を帰りの飛行機で見たので記録。日本では2010年春公開予定の「district 9」である。拙い英語能力で見たので、詳細は間違っていると思うが以下感想。 観に行こうと思っている方はネタバレがあるので注意。絶対前知識無しで観た方が良いと思いますので。...
第9地区 (とりあえず、コメントです)
南アフリカに作られた宇宙人の難民キャンプを舞台に描いたSFです。 アカデミー賞を賑わした作品と聞いて気になっていました。 予想以上に醜悪なエイリアンの姿と、それ以上に醜く見える人間の差別意識にノックアウトされました~
第9地区 超予測不可能な展開で・・・( ̄O ̄;) ウォッ! (労組書記長社労士のブログ)
【{/m_0167/}=16 -6-】 昨日はガンバ大阪の今期ホーム初勝利が懸かったACL4戦目、グループリーグ最下位のシンガポール・SAFFCを迎えての試合を見に行く予定だったが、かなり気になっていた映画の試写会に当選してしまったので、「ま、俺が応援に行かなくても今日は圧勝だ...
『第9地区』... ※ネタバレ有 (~青いそよ風が吹く街角~)
2009年:アメリカ映画、ニール・ブロムカンプ監督、ピーター・ジャクソン製作、シャルト・コプリー、デヴィッド・ジェームズ、ジェイソン・コーブ出演。
第9地区 (C'est joli~ここちいい毎日を~)
第9地区'09:米◆原題:DISTRICT 9◆監督・脚本:ニール・ブロムカンプ◆出演:シャルト・コプリー、デヴィッド・ジェームズ、ジェイソン・コーブ◆STORY◆南アフリカ・ヨハネスブルグ上空に突如現れた巨大な宇宙船。船内の宇宙人たちは船の故障によって弱り果て、難民と化し...
エイリアンVS.~『第9地区』 (真紅のthinkingdays)
 DISTRICT 9  南アフリカ・ヨハネスブルク上空に、巨大な宇宙船が飛来した。乗っていたエイ リアンたちが「第9地区」に隔離されて20年...
第9地区 (映画的・絵画的・音楽的)
 『第9地区』を渋谷東急で見てきました。  おすぎが、「いろいろな所で、書いたり、喋ったりしています。「第9地区」は“今年度ナンバー1”の映画だと…。早々と今年も始まったばかりの2月に、この作品を見 て、私は他にどんなスゴイ映画が来ても「第9地区」ほど蘊蓄の...
『第9地区』 変態を繰り返す映画 (映画のブログ)
 【ネタバレ注意】  『第9地区』の原型となった6分間の短編『Alive in Joburg』は、言葉遊びから始まっているのだろう。  南アフリカの人々に...
映画:第9地区 District 9 あまりに桁外れの「異様さ」に目が釘付け! (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
機内映画その3、第9地区 District 9です。 年末にみて、あまりのインパクトに、昨年の極私的映画ベスト10に一気に食い込んだ。 さてそのインパクトとは..... ドキュメンタリー調で、この映画ははじまる。 そしてわかる、数あるSFの中でも、桁外れの「異様さ」 宇宙...
映画「第9地区」 (ITニュース、ほか何でもあり。by KGR)
2010/4/10、公開初日。 ユナイテッドシネマ豊洲。 3月末に近い休みの日に来たときは超満員でチケットを買う気すら起こらなかったので、 相当混み具合を心配したが、意外や大したことはなかった。 早目、といっても11時前くらいだが、時間帯がよかったのかもしれない。...
第9地区 (★★むらの映画鑑賞メモ★★)
作品情報 タイトル:第9地区 制作:2009年・アメリカ/ニュージーランド 監督:ニール・ブロムカンプ 出演:シャルト・コプリー、デヴィッド・ジェームズ、ジェイソン・コープ、ヴァネッサ・ハイウッドほか あらすじ:ある日、ほかの惑星から正体不明の難民を乗せた謎...
第9地区/District 9(映画/DVD) (映画を感じて考える~大作、カルトムービー問わず映画批評)
[第9地区] ブログ村キーワード第9地区 (原題:District 9)キャッチコピー:人類、立入禁止。製作国:アメリカ/ニュージーランド製作年:2009年配給:ワーナー・ブラザース映画、ギャガジ...
第9地区 (District 9) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 ニール・ブロンカンプ 主演 シャールト・コプリー 2009年 アメリカ/ニュージーランド/南アフリカ映画 111分 SF 採点★★★★ 強いメッセージ性なりテーマ性を持った作品を観た直後こそ、そのことに対し色々と思いを馳せるもんですが、如何せん日々だらだ...
「第9地区」(DISTRICT9) (シネマ・ワンダーランド)
南アフリカ共和国出身の米新鋭監督、ニール・ブロンカンプが長編デビューを飾ったSFムービー「第9地区」(2009年、米、111分、N.ブロンカンプ脚本、ワーナー映画配給)。この映画は、巨大な宇宙船が漂着し、異星人が難民扱いとなった南アを舞台に、政府の新た...
【映画】第9地区…宇宙人は当然隔離するでしょ、とか言っちゃダメなの? (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
ドラクエではホイミ。FFではケアル。で、天外魔境では何だったっけ …ということで、最近 “広井王子”という名前を久しぶりに聞いたピロEKです。 まずは、この週末の過ごし方から… 一昨日、2010年10月16日(土曜日){...
『第9地区』 映画レビュー (さも観たかのような映画レビュー)
『 第9地区 』 (2009)  監  督 :ニール・ブロムカンプキャスト :シャルト・コプリー、デヴィッド・ジェームズ、ジェイソン・コープ、 ヴァネッサ・ハイウッド、ジョン・ヴァン・スクール、マリア...