ひきばっちの映画でどうだ!!

ひきばっちが観て気に入った映画を、ブログで紹介します。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「ハート・ロッカー」

2010-03-08 04:17:02 | Weblog
                               「ハート・ロッカー」
ユナイテッドシネマ豊島園にて。
監督・キャスリン・ビグロー                     公式サイト
脚本・マーク・ボール

この記事を今急いで書いております。

ただ今、3月8日の午前4時過ぎであります・・。
7日の最終上映を観てきました。「ハート・ロッカー」噂に違わずハードボイルドでした!!

アカデミー賞の授賞式が約5時間後にせまっております!

まるで自分が戦場にいるかのような緊迫感と、観ていて胸のあたりが焼けるような緊張感の連続・・!圧巻です!

あらすじ的には、2004年夏。イラク、バグダッド郊外で爆弾処理をしていたマット・トンプソン軍曹(ガイ・ピアース)率いるチームは、トンプソン軍曹の爆死という悲劇に直面した・・。

亡くなった軍曹の替わりにやってきたのが、ウィリアム二等軍曹(ジェレミー・レナー)であった。

このウィリアムが規則を守らない勝手なスタンド・プレーをする奴でしてな、同僚のJ.T.サンボーン軍曹(アンソニー・マッキー)やオーウェン技術兵(ブライアン・ジェラティ)の言うことを聞かないんですな。
しかし爆弾処理に関しては、ウィリアムはすご腕なのですな・・。

映画はこのチームの爆弾処理に明け暮れる日常を、坦々と描きます。
観ているこっちまで、息苦しくなるような毎日です・・。

この作品の凄いところは、徹底したリアリティだと私は思います。
脚本のマーク・ボールはこの脚本を書くために、実際の戦場の爆弾処理班と同行したそうですな。

またこの作品の映像が、ハンディ・カメラを多用しているせいか、どことなく、ドキュメンタリー・タッチなのですな。
このカメラ・ワークが観ている者に“これ、本物じゃねぇの・・?”という錯覚すら与えるのです。

私はどちらかというと、時事に疎い(TVを見ないもので・・m(__)m)俗物なので、確固たる信念なり意見などは、もっていない人間なのですが・・。
この映画はアメリカ軍側から見たイラクの現状を描いており、アメリカ兵は“味方”、現地人の内テロや攻撃をしてくる人間を“敵”と、形式上はそのように描いてはいますが・・。
それは“爆弾処理班”の兵士を描く上での必然で、監督は“アメリカがいつも正義”というような思いは毛頭ないと、私はこの映画を観て感じました。

ただ、あのような灼熱の地で、毎日命をすり減らしながら爆弾処理を行っている兵士たちに、畏敬の念を表したかったのではないでしょうか・・。

ラスト近くで、アメリカに戻ったウィリアムが奥さんと子供と一緒にスパーマーケットで買い物しているシーン・・「シリアルを買っておいて」と頼まれたウィリアムが、棚一面に積み上げられている膨大な数のシリアルの箱を前にして、茫然と立ちすくんでいる姿が印象的でした。“末期的な資本主義大国、アメリカ”を、ウィリアムはそこに見たのではないかという気がします・・。

最後に、私がアカデミー会員だったら・・「ハート・ロッカー」に1票です(^^♪


ひきばっち的満足度★★★★☆

追記。アカデミー賞、作品賞、監督賞を含む6部門受賞、おめでとうございます。









『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (18)   トラックバック (56)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「人間失格」 | トップ | 「ディア・ドクター」 »
最近の画像もっと見る

18 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは^^ (KLY)
2010-03-09 16:54:37
恐るべき緊張感と、その映像表現の巧みさに脱帽です。爆弾処理自体は映画の世界ではよくあるシーンですが、何せその爆弾が爆発する以外にもあまりにも死ぬ要因が多すぎ!

先日バグダッドで爆弾テロがありテレビでニュースが流れたんですが、映像をみると映画そのままなんです。でもあっちは現実、本当に人が死ぬんですよね。何だか映画と現実の境目があやふやになってきている自分にちょっと怖さを覚えました。
こんにちは。 (かのん)
2010-03-09 17:40:08
アカデミー賞前にと初日に観ましたがノミニー作品全てを観ているわけじゃないのに、この映画で決まりじゃないかと思ってしまうくらい圧倒されちゃいました。実際に派兵しているアメリカにとってはより深く重い意味のある作品なんでしょうね。

戦争というものがある種の麻薬であるという恐ろしさを断片的ながらも理解出来たような気もします。
ひきぱっちさんへ♪ (mezzotint)
2010-03-09 18:35:12
今晩は☆彡
コメントありがとうございました。
今週末までには、鑑賞したいと思っています。
記事を読ませて頂き、かなり気になる作品
です。私好みかもしれません。
鑑賞しましたら、また記事アップして
お邪魔したいと思います。
アカデミー賞がどんな過程で決まるもの
なのか?少し解明出来て良かったです。
KLYさん こんにちは♪ (ひきばっち)
2010-03-09 21:33:41
ホントに、見ていて、口が乾くほどの
緊張感でした。ドキュメンタリーかと見紛う程、リアリティがありました。

>あっちは現実、本当に人が死ぬんですよね。

そうなんですよね・・。日本はたまたま島国だから、他の国と陸地続きでの国境をもたない・・。
私を筆頭に、危機感が薄いですよね・・。
こういう作品を見たのをきっかけとして、
ニュース番組だけはTV見ようと思いました!


かのんさん こんにちは♪ (ひきばっち)
2010-03-09 22:04:36
あ、そうですよね!他のノミネート作見ないうちに「ハート・ロッカーに1票」とか書いてしまって、軽率でしたm(__)m。
しかしあれだけのクオリティの映画を観たあとは、「これしかないじゃん!」とかって一人で興奮冷めやらない状態になってしまいました!

>実際に派兵しているアメリカにとってはより  深く重い意味のある作品なんでしょうね

そうですよね・・。仮にウィリアム、J.T.サンボーン、エルドリッジの3人を、日本の俳優さんが日本名前であそこの“爆弾処理班”にいる映画だったら・・そして日本が今のアメリカのような状況だったら・・・。作品の「重さ」が
ハンパじゃなくのしかかるでしょうね・・。

戦争が麻薬のように兵士の心を蝕むという感覚が、わたしも少しだけ理解できたようなきがします・・。古くは「ディア・ハンター」のクリストファー・ウォーケン、「地獄の黙示録」のマーロン・ブランドなどが、そういう兵士をえんじていました・・。
私を筆頭に、日本人は平和ボケしてますね(^^♪
mezzotintさん こんにちは♪ (ひきばっち)
2010-03-09 22:18:36
そうですね、是非ご鑑賞なさってみてください。
口が乾く(あまりの緊張感で)かもしれませんので、ドリンクを持ち込んだ方がいいかもしれません。

アカデミー賞の決まる過程がよくわかりました(^^♪ありがとうございました。ロサンゼルスでっていうのはびっくりしましたね~。
こんにちは! (アイマック)
2010-03-11 12:37:58
いつもお世話になってます~
緊張感の連続でそこにいるかのような臨場感でしたね。
アメリカに帰っても、生きてる気がしないのはなんともイタイ話です。
日本人がもし爆弾処理してたらぞぅ~とします。。。
アイマックさん こんにちは♪ (ひきばっち)
2010-03-11 13:34:18
まさにピーンと張り詰めた糸のような緊張感が
続くので、観ているこちらも胃が痛くなるよう
な感じがしました。
こういう場所に兵士として365日もいると、それが麻薬のような作用をして、
本土の社会に戻れなくなってしまう人も出てくるのでしょうね・・。
恐ろしい現実です。
ビグロー監督は、この現実を、リアリティに満ち、そして甘えのない切り口で描くことに成功ていると思います。
お邪魔しま~す♪ (ひろちゃん)
2010-03-17 01:16:47
こんばんは☆彡
私も時事に疎くて(^^;しかも戦争映画は苦手で
σ(^◇^;)
内容も重く、後味もいいとは言えませんが
観て良かったと思った作品でした^^
私も、あのシリアルのシーンが印象に残りました。。。この作品を鑑賞する前は、作品賞は
アバターにと思っていましたが、鑑賞後は
この作品では仕方がないなと思いました。
ひきばっちさんも1票入れてますしね(^_-)-☆
こんばんわ~ (くう)
2010-03-17 19:32:02
ヒジョウ~に重い映画でした。
緊張感の連続で、疲れてしまいました~(; ;)
なのに、またあの中に戻っていくジェイムズ軍曹には
悲哀さえ感じます。
シリアルがズラッと並ぶ平和なスーパーのある国では
彼はもう暮らせないのでしょうね。
あんな人を待っている、あの奥さんも偉いと思う。。。
ひろちゃんさん こんにちは♪ (ひきばっち)
2010-03-18 07:46:32
TB&コメント有難うございます。
重いっすよね~。苦手な方は苦手かもですね~・・。
あのシリアルのシーンはとても意味深長だと想いました。
カット1つで「あの戦場」との落差を表し、
さらに「現代のアメリカがはたして健全なのだろうか・・?」と、観るものに問いかけてくるんですね~。
キャスリン・ビグロー監督さすが、という感じです・・。
私もその辺を買って、「ハート・ロッカーに1票」でした・・。
くうさん こんにちは♪ (ひきばっち)
2010-03-18 08:02:45
TB&コメント有難うございます。
>緊張感の連続で、疲れてしまいました
凄い緊張感でしたからね~・・。
この手の映画は好みが分かれるかもしれませんね~。
再び戦場へ戻ってゆく軍曹は、すでに“病んでいる”のでしょうね。実際彼のような兵士が少なからずいるのではないでしょうか。
そんな姿を見ていると、「そこを戦場にしたのは誰だ!?」と問いかけたくなります・・。

TBありがとうございました (シムウナ)
2010-03-22 19:05:35
TB有難うございました。
ドキュメンタリー風の作品なので
ストーリー性は皆無でしたが、爆弾処理班から
戦争の日常が非常にリアルでした。

今度、訪れた際には、
【評価ポイント】~と
ブログの記事の最後に、☆5つがあり
クリックすることで5段階評価ができます。
もし、見た映画があったらぽちっとお願いします!!
シムウナさん こんにちは♪ (ひきばっち)
2010-03-22 20:25:06
ストーリー性は感じられないのかもしれませんが、戦場をリアルに描くには、この方法以外なかったのだと思います。
私的には、冒頭の爆発シーンなど、もっとリアルに描いても良かったのでは、と思います。
わたしも~ (なな)
2010-04-04 00:03:15
アカデミー,こちらに一票入れますね~
地味なのにちっとも退屈させず
始終緊張感と臨場感で
へとへとになりました。
でも素晴らしい作品です!

戦争ジャンキーって現実や
爆弾処理のお仕事の大変さを知っただけでも
大きな収穫がありましたよ~
ななさん こんにちは♪ (ひきばっち)
2010-04-04 11:23:28
凄まじい緊張感でしたね~!
砂漠での狙撃戦は、観ているこちらまで
息を止めそうになっちゃいましたよ(苦笑)
映画史に残るシーンだと思いますね。

>爆弾処理のお仕事の大変さを知っただけでも
大きな収穫がありましたよ

そうですよね~。
“戦争”というものが“人を殺す”ことを大前提として、いかに“敵”を殺すか、に全ての能力を結集する・・・。
本当に戦争はイヤです!!

砂漠のシーンもすごかった (KGR)
2010-05-29 21:51:24
街中での緊迫感も素晴らしいものでしたが、砂漠の銃撃戦も緊張しました。

傭兵の中にレイフ・ファインズがいましたが、死と隣り合わせなのに(結局死ぬのに)お尋ね者をとらえて嬉々としているところなども異様でした。
KGRさん こんにちは♪ (ひきばっち)
2010-06-01 07:27:15
>砂漠の銃撃戦も緊張しました

ハンパじゃなかったっすね!あの緊迫感は・・。
サンボーンの唇が時間が経つにつれて白く乾いてくる描写など、とても真に迫ったものがありました。

もう一度、劇場で観てみたいですね~。名画座みたいな所での上映を期待しております。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

56 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
ハート・ロッカー (LOVE Cinemas 調布)
アカデミー賞9部門ノミネート(2/24現在)と賞レースを席捲している作品。イラク駐留アメリカ軍の爆発物処理班の兵士たちを描いた戦争映画だ。『ハートブルー』『K-19』のキャスリン・ビグロー。主演は「28週後...」のジェレミー・レナー、共演にガイ・ピアーズやレイ...
ハート・ロッカー/ The Hurt Locker  (我想一個人映画美的女人blog)
{/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click 各映画祭などでの受賞数、100近く{/eq_1/} もうすぐ発表される、アカデミー賞作品賞の大本命{/eq_1/} 21日に発表になったばかりの英国アカデミー賞でも圧勝{/...
映画「ハート・ロッカー」@サイエンスホール (masalaの辛口映画館)
 客入りは8割くらい、男性客が意外に多い。 映画の話 2004年夏、イラク・バグダッド郊外。アメリカ軍爆発物処理班・ブラボー中隊のリーダーに、ウィリアム・ジェームズ二等軍曹(ジェレミー・レナー)が就任する。まるで死への恐怖などないかのように遂行されるジェー...
ハート・ロッカー (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
アメリカ軍の占領作戦が始まった2004年のバグダッド郊外で、爆弾処理班の軍人の日常を描いている。リアリティーを追求するビグロー監督の執念は、観客を戦場の現場に連れて行く。ドキュメンタリーのような映像からは、戦争の愚かさが痛いほど伝わる。
「ハート・ロッカー」女性監督が撮った“骨太戦争映画” (シネマ親父の“日々是妄言”)
[ハート・ロッカー] ブログ村キーワード 記事投稿日時 2010年2月4日21:23 ※上映開始日を投稿日時に設定。上映開始1週間後まで固定。  “本年度アカデミー賞最有力、最多9部門ノミネート!”「ハート・ロッカー」(ブロードメディア・スタジオ)。現代の戦...
『ハート・ロッカー』・・・もうひとつのイラク戦争 (SOARのパストラーレ♪)
イラク戦争を題材にしながらこの作品にはスーパーホーネットも、ストライクイーグルも、アパッチロングボウも、エイブラムスも、ブラッドレーも登場しない。
ハート・ロッカー THE HURT LOCKER (ゴリラも寄り道)
<<ストーリー>>2004年夏、イラク・バグダッド郊外。アメリカ軍爆発物処理班・ブラボー中隊のリーダーに、ウィリアム・ジェームズ二等軍...
『ハート・ロッカー』 (めでぃあみっくす)
恐怖は人間が脳内で作れる唯一の麻薬である。戦争はその麻薬中毒患者を大量に生み出す場である。 爆弾処理班を主人公にした、無機質ながらも類稀なる緊張感が観客を身震いさせるこの映画は、昨今のアカデミー前哨戦総ナメなのも納得の、まさに稀代の名作。これはもはや素...
ハート・ロッカー/ジェレミー・レナー (カノンな日々)
間もなく開催される2010年の第82回アカデミー賞で最多9部門のノミネートされているある意味今一番旬な作品ですね。賞レース自体にはあまり興味がないと言いつつも年に一度のこの映画の祭典は毎年とても楽しみだったりします。この作品と元夫であるジェームズ・キャメロン...
ハート・ロッカー (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『彼らは、数えきれない命を救う。 たったひとつの命を懸けて─。』  コチラの「ハート・ロッカー」は、2004年夏のイラクを舞台に爆発物処理班の兵士たちの姿を描いたPG12の3/6公開の戦争映画なのですが、公開初日にレイトショーで観て来ちゃいましたぁ~♪監督は...
「ハート・ロッカー」 (てんびんthe LIFE)
「ハート・ロッカー」試写会 九段会館で観賞 戦争映画とは知っていましたが、これも戦争映画だと感心しました。(わかり辛い表現でした。) さらに最初から最後まで2時間超えの作品は緊迫感があふれ、体中に力が入り、実際に自分もその戦地に存在するかと勘違いする...
ハート・ロッカー (そーれりぽーと)
キャスリン・ビグロー監督が元ダンナ、ジェームズ・キャメロンの『アバター』とアカデミー賞を争ってる事の方が話題になってる『ハート・ロッカー』を観てきました。 ★★★★★ イラクで爆弾処理をするチームを超リアルに描いた本作、元旦那のイマジネーションを技術の...
ハート・ロッカー (あーうぃ だにぇっと)
ハート・ロッカー2月23日(火)@なかのZERO 今週の試写会は、ハート・ロッカーとNINEだけ。 ハート・ロッカーはかなり気合を入れて応募して2枚ゲット。 開場10分前の18時20分になかのZEROに到着。 行列の最後尾は建物の横をぐるりとまわり、南側の公園のトイレの前。 ...
ハート・ロッカー (心のままに映画の風景)
2004年、イラク・バグダッド郊外。 アメリカ軍爆発物処理班・ブラボー中隊のリーダーに、ウィリアム・ジェームズ二等軍曹(ジェレミー・レナ...
『ハート・ロッカー』 (ラムの大通り)
(原題:The Hurt Locker) ----この前、オモシロいメールが配信されてきたよね。 「あ~あ。 『ジェームズ・キャメロン監督、 「キャスリン・ビグロー(『ハート・ロッカー』)が獲得すると思って、 監督賞のスピーチは用意していませんでした。 本当は、彼女が受賞する...
ハート・ロッカー (小部屋日記)
The Hurt Locker(2008/アメリカ)【試写会】 監督:キャスリン・ビグロー 出演:ジェレミー・レナー/アンソニー・マッキー/ブライアン・ジェラティ/ガイ・ピアース/レイフ・ファインズ/デビッド・モース 彼らは、数えきれない命を救う。 たった一つの命を懸けて...
ハート・ロッカー / The Hurt Locker (勝手に映画評)
第82回アカデミー賞9部門(作品賞、監督賞(キャスリン・ビグロー)、主演男優賞(ジェレミー・レナー)、脚本賞(マーク・ボール)、撮影賞、編集賞、作曲賞、音響編集賞、録音賞)ノミネート。 監督が、この作品とアカデミー賞作品賞を争っている「アバター」のジェームズ・キ...
分かっちゃいるけど止められない。『ハート・ロッカー』 (水曜日のシネマ日記)
イラクに駐留するアメリカ軍爆発物処理班の兵士たちの姿を描いた作品です。
映画レビュー「ハート・ロッカー」 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
The Hurt Locker◆プチレビュー◆爆発物処理班の兵士を通して戦争の真実と虚無感を描く秀作。スクリーンから片時も目が離せない。 【85点】 2004年イラク・バグダッド。ジェームズ二等軍曹は、駐留米軍の爆発物処理班ブラボー中隊の新リーダーとして赴任する。爆弾処理...
The Hurt Locker / ハート・ロッカー (Akasaka high&low )
Jeremy Renner(ジェレミー・レナー)演じるワイルドな爆弾処理班の兵士が煙草をくわえたジャズプレイヤーにも見えた戦争物がThe Hurt Locker(ハート・ロッカー)。 ハリウッド初のまともなイラク戦争を題材にしたフィクション・ドキュメンタリーは女性監督が作ったと...
「ハート・ロッカー」 (或る日の出来事)
この緊張感の持続は、あまり経験したことがないくらい。もう勘弁してよって言いたいほど。すごく、いい意味ですよ。
ハート・ロッカー (だらだら無気力ブログ)
「K-19」のキャスリン・ビグロー監督が、死の危険がいつも伴うイラク駐留の 爆発物処理班のアメリカ兵達の姿を描いた戦争アクション。 爆弾テロの脅威が続くイラクのバグダッドを舞台に、殉職した爆発処理班の 前任リーダに代わり、赴任してきた軍曹と爆発物処理班の3...
ハート・ロッカー [映画] (映画鑑賞★日記・・・)
【THE HURT LOCKER】 2010/03/06公開 アメリカ(PG12) 131分監督:キャスリン・ビグロー出演:ジェレミー・レナー、アンソニー・マッキー、ブライアン・ジェラティ、レイフ・ファインズ、ガイ・ピアース、デヴィッド・モース、エヴァンジェリン・リリー、クリスチャン...
ハート・ロッカー (りらの感想日記♪)
【ハート・ロッカー】 ★★★★☆ 映画(祭)(12)ストーリー 2004年夏、イラクのバグダッド郊外。アメリカ陸軍ブラボー中隊の爆発物処理班
「ハート・ロッカー」 戦争の負の遺産 (はらやんの映画徒然草)
いやはやえらい久しぶりの映画鑑賞です。 こんなに劇場に行かなかった期間が長かった
『ハート・ロッカー』(2008)/アメリカ (NiceOne!!)
原題:THEHURTLOCKER監督:キャスリン・ビグロー出演:ジェレミー・レナー、アンソニー・マッキー、ブライアン・ジェラティ、レイフ・ファインズ、ガイ・ピアース、デヴィッド・モース試写会場 : 科学技術館サイエンスホール公式サイトはこちら。<Story>2004年....
映画「ハート・ロッカー(The Hurt Locker)」 (わかりやすさとストーリー )
『ハート・ロッカー』は時間感覚が秀逸だ。一般的には編集で時間をブツ切りにするのが映画だが、キャスリン・ビグロー監督は「時間」を操ることで緊張感・緊迫感を出し、作品の質感を高める。視覚よりも、聴覚や皮膚感覚で観る作品ともいえる。
ハート・ロッカー (とりあえず、コメントです)
イランで爆弾物処理に従事しているアメリカ軍兵士たちを描いたドラマです。 アカデミー賞など各賞を賑わしていると聞いてとても気になっていました。 日々、命を危険にさらしながら過ごしていく兵士たちの緊張が真っ直ぐに伝わってくる怖い作品でした。
ハート・ロッカー (みやこのThinking World!)
はぁ 疲れた~ 先日眠くなりすぎちゃったので、今日はたっぷり睡眠をとって『ハート
■映画『ハート・ロッカー』 (Viva La Vida!)
2010年の第82回アカデミー賞で最多9部門のノミネートを記録し、作品賞・監督賞、最有力候補とも言われている映画『ハート・ロッカー』。 2004年、イラク戦争で爆発物処理という任務に従事する男たちの物語です。 他の軍人に比べ、死亡率が5倍高いという爆発物処理班で...
ハート・ロッカー (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★【4点】 緊張とスリルを味わいたかったらお薦めの本作。
ハート・ロッカー (Lovely Cinema)
 彼らは、数えきれない命を救う。たった一つの命を懸けてー。
[映画『ハート・ロッカー』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆今年のアカデミー作品賞だそうだが、私にはどうも、一個の作品としては優れているが、このような冠が与えられるほどの作品とは思わなかった。  イラクでの米軍爆弾処理班の活躍を、ドキュメントタッチに描いた作品であるが、その物語性の希薄さに、何度も眠気に襲われ...
No.208 ハート・ロッカー (気ままな映画生活)
今年度のアカデミー賞、作品賞を受賞した作品。 今年は世界興行収入の記録を打ち立てた「アバター」と その20分の1の製作費で作られた本作品との一騎打ちとなった
『ハート・ロッカー』 (京の昼寝~♪)
  □作品オフィシャルサイト 「ハート・ロッカー」□監督 キャスリン・ビグロー □脚本 マーク・ボール □キャスト ジェレミー・レナー、アンソニー・マッキー、ブライアン・ジェラティ、レイフ・ファインズ、ガイ・ピアース、デヴィッド・モース■鑑賞日 3...
ハート・ロッカー そもそも誰が戦場にしたんだ!(;`O´)oコラー!  (労組書記長社労士のブログ)
【 {/m_0167/}=13 -4-】 「アバター」のジェームズ・キャメロン監督と、この「ハート・ロッカー」のキャスリン・ビグロー監督、ともに9部門にノミネートされており、しかも監督が元夫妻という対決の図式も話題になった第82回アカデミー賞では、作品賞、監督賞、オリジナ...
★ハート・ロッカー(2008)★ (CinemaCollection)
THEHURTLOCKER永遠を思わせる戦場。刹那を生きる男たち──。メディア映画上映時間131分製作国アメリカ公開情報劇場公開(ブロードメディア・スタジオ)初公開年月2010/03/06ジャンルアクション/サスペンス/戦争映倫PG12【解説】「ハートブルー」「K-19」のキャスリン....
キャスリン・ビグロー監督の「ハート・ロッカー」を観た! (とんとん・にっき)
キャスリン・ビグロー監督の「ハート・ロッカー」を観てきました。言わずとしれた第82回アカデミー賞受賞作品、女性監督では初めてだという。「ハート・ロッカー」は「棺桶」を意味するアメリカ兵の俗語。また戦争映画かとやや拒否反応を示しながら、観たのはイラクに駐留
戦争中毒~『ハート・ロッカー』 (真紅のthinkingdays)
 THE HURT LOCKER  2004年夏、イラク。バクダッドに駐留する米軍。爆弾処理を担当するブラボー 中隊に、新しい班長が赴任する。  アカ...
ハート・ロッカー (必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー!)
[ハート・ロッカー] ブログ村キーワード ↓ワンクリックの応援お願いします↓ おみくじ評価:中吉 2010年19本目です。 【あらすじ】 2004年、イラク・バグダッド。 ジェームズ二等軍曹(ジェレミー・レナー)は、アメリカ陸軍の爆弾処理班の新リーダーとして着任...
「ハート・ロッカー」感想 (狂人ブログ ~旅立ち~)
 ちなみに「ハート・ロッカー」とは、「行きたくない場所、棺桶」の意味。2004年夏、イラク。他の軍人に比べて5倍の死亡率と言われる爆発物処理班(EOD)の、38日間の任務を追う。 冒頭、処理作業中にいきなり爆発に巻き込まれて即死するトンプソン軍曹の姿に...
「ハート・ロッカー」 息継ぎできない・・・・ (ノルウェー暮らし・イン・London)
ヒリヒリするような緊迫感、標的を見据えて 目にハエが入ろうとも瞬きもしない・・・・ こちらまで息を凝らし、瞬きできない。 気が付くと、息が苦しくなって、大きな深呼吸。 目もすっかり乾いてしまい・・・・・・
映画「ハート・ロッカー」 (FREE TIME)
話題の映画「映画「ハート・ロッカー」」を鑑賞しました。
ハート・ロッカー (映画的・絵画的・音楽的)
 『ハート・ロッカー』を、日比谷のスカラ座で見てきました。  むろん、この作品が本年度のアカデミー賞の作品賞を受けたことから映画館に出かけたわけですが、見る前まで、タイトルはテッキリ『Heart Rocker』だとばかり思い込み、戦争と音楽がどのように関連付けて描...
ハート・ロッカー (★YUKAの気ままな有閑日記★)
第82回アカデミー賞で、作品賞、監督賞など6部門を受賞した作品。私の住む地域でも上映したので、戦争映画は苦手ながらも観に行ってみた―【story】2004年夏、イラク・バグダッド郊外。アメリカ軍爆発物処理班・ブラボー中隊のリーダーに、ウィリアム・ジェームズ二等軍曹...
★「ハート・ロッカー」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
今週の平日休みの2本目。 ついこの間、オスカーの作品賞・監督賞ほか6冠に輝いた作品。 爆弾処理班の話ってことで、あまり興味がわかないけど、 話題作には目を通しておきたいミーハーな性格なので。
ハート・ロッカー (Movies 1-800)
The Hurt Locker (2008年) 監督:キャスリン・ビグロー 出演:ジェレミー・レナー、アンソニー・マッキー、ブライアン・ジェラティ イラクにて爆弾処理の任務をこなす兵士の命がけの日常を描いた戦争ドラマ。 2009年度アカデミー賞において作品賞、他計6部門受賞。 殉職...
ドキュメンタリーみたいな映画。~「ハートロッカー」~ (ペパーミントの魔術師)
元夫婦対決はキャサリンビクローの勝ちとなりましたっ。 そこばっか騒ぎすぎだってば。 えっとね、すいません、しょーもない話で悪いんだけど コレ見てたとき誰かに似てる、誰かに似てる・・・ 「濱田岳」!!!(コラコラコラ・・・) ジェレミーレナーのタレ目がどう...
ハート・ロッカー (虎猫の気まぐれシネマ日記)
本年度のアカデミー賞で,アバターを押さえてみごと作品賞,監督賞を含む6部門を勝ち取った作品。イラクに駐留するアメリカ軍の中で兵士の死亡率が最も大という,爆発物処理班の物語だ。いやはや,最初から最後まで,爆弾処理,処理,処理,処理・・・・の場面がひたすら...
【映画】ハート・ロッカー (新!やさぐれ日記)
▼動機 戦場ドキュメンタリーっぽさに惹かれて ▼感想 ドキュメンタリーじゃなかった ▼満足度 ★★★★★☆☆ このへん ▼あらすじ 2004年夏、イラク・バグダッド郊外。アメリカ軍爆発物処理班・ブラボー中隊のリーダーに、ウィリアム・ジェームズ二等軍曹(ジ...
No.208 ハート・ロッカー (気ままな映画生活)
今年度のアカデミー賞、作品賞を受賞した作品。 今年は世界興行収入の記録を打ち立てた「アバター」と その20分の1の製作費で作られた本作品との一騎打ちとなった
映画「ハート・ロッカー」  (ITニュース、ほか何でもあり。by KGR)
きょうから100館程度に拡大公開になるようだが、(3/27公開のところもある) 当初は47館とやっているところが少なく、どこで見るか迷った。 結局はお台場のシネマメディアージュで鑑賞。 ここはTOHOシネマズ系なのに、シネマイレージの対象外。 さて、「ハ...
ハート・ロッカー (★★むらの映画鑑賞メモ★★)
作品情報 タイトル:ハート・ロッカー 制作:2008年・アメリカ 監督:キャスリン・ビグロー 出演:ジェレミー・レナー、アンソニー・マッキー、ブライアン・ジェラティ、レイフ・ファインズ、ガイ・ピアース、デヴィッド・モース あらすじ: 2004年夏、イラク・バグダ...
「ハート・ロッカー」(THE HURT LOCKER) (シネマ・ワンダーランド)
イラク戦争の現場バクダッドを舞台に、死と隣り合わせの日常を送る米兵士らの緊迫の姿を描いた戦争ヒューマン・ドラマ「ハート・ロッカー」(2008年、米、131分、キャスリン・ビグロー監督)。この映画は、テロが続く混迷を極めるバクダッドで、爆弾処理チームの3...
【映画】ハート・ロッカー…蛇足はダラダラと、で結局フィギュアの話。 (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
昨日2010年12月4日(土曜日)の過ごし方… 前日の夕方から始まった夜勤が残業で朝までになってしまい、帰宅できたのがAM7:00過ぎ… それから小一時間ほど入浴、でその後はうつらうつらと…で気が付くともう夕方じゃんてな感じで貴重な休日をそんな風に消化いたしました ...
『ハート・ロッカー』 映画レビュー (さも観たかのような映画レビュー)
『 ハート・ロッカー 』 (2008)  監  督 :キャスリン・ビグローキャスト :ジェレミー・レナー、アンソニー・マッキー、ブライアン・ジェラティ、 クリスチャン・カマルゴ、ガイ・ピアース、レイフ...