ひきばっちの映画でどうだ!!

ひきばっちが観て気に入った映画を、ブログで紹介します。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「ゼロの焦点」

2009-11-22 02:09:47 | Weblog
                              「ゼロの焦点」

原作 松本清張「ゼロの焦点」
監督 犬童一心
脚本 犬童一心・中園健司

広末涼子・中谷美紀・木村多江、アカデミー賞女優三人が共演するミステリー大作であります!

この作品は、本を映画化した場合に避けられない事でありますが、原作を読んだことがある人と、そうでない人で、かなり感想が違ってくると思いますな・・。

ネタバレあります!!あえてストーリーの核心に触れた部分がありますのでご注意ください!

私は原作をかなり以前に読んだことがありました。
なので、ゼロの焦点映画化の話を聞いた時に、「終盤からラストをどうやって脚色もしくは変えてくるのだろう」「あの北陸の雰囲気をはたしてうまく出せるだろうか」と、非常に楽しみに、かつ一抹の不安を抱いていました・・。

主人公、板根禎子役を広末涼子さんが演じると聞いて、多少の違和感はつきものですから、「頑張って欲しいな」と期待半分、不安半分・・。

いざ、上映開始。不安的中(笑)

やはり、広末涼子さんにはこの役は荷が重すぎましたかな・・。
彼女は声が高い。それに童顔です。
現代劇には向いているのかもしれませんが、昭和30年代を舞台にしたこのような重厚なミステリーには、正直いってちょっとキビシイかなぁ・・。まぁ、少なくとも、私が思い描いていた“板根禎子”像とは異なっていましたな・・。

物語りの舞台は昭和30年代・・。板根禎子(広末涼子)はお見合いで出会った10歳年上の鵜原憲一(西島秀俊)と結婚した・・。
憲一はある広告代理店の金沢出張所に勤務しているが、この結婚を機に、東京本社へ異動になる予定だった。
しかし、結婚して間もなく、金沢へ残務整理に行ったまま、憲一の行方が判らなくなった・・。
禎子は単身、初冬の北陸、金沢へ向かった・・。

異郷の地、金沢で憲一を探す禎子を待ち受けていたのは、謎の連続殺人事件だった・・。
憲一の兄・宗太郎(杉本哲太)と、憲一の後任である本多良雄(野間口徹)が殺されたのだ。
宗太郎は毒殺、本多は刺殺であった。

殺害現場で目撃された“赤いコートの女”。スラング混じりの英語を話す受付の女・・。“曾根益三郎”という男の遺書・・。
ウイスキーに混ぜられた“毒薬”・・。煉瓦会社の社長・・。その妻・・。
陰鬱とした北陸を舞台に起きた連続殺人の真犯人は?その真相は・・・?


とまぁ、こんな感じなのですが・・。

観終わって、まず、脚本が弱いっす!演出力にも疑問が残りました・・。
この原作が書かれたのは昭和33年ですから、当時としては凄いミステリーで、この小説が口火となって、現在まで至る「ミステリー小説」の流れが出来上がったほどでしょう。
しかし、この映画を観るのは、平成21年の人々なのです。

当然、原作通りでは通用しませんし、この映画のような中途半端なストーリーの改変では・・。お客さんはテレビの「○○サスペンス劇場」や、劇場で公開されるミステリー物などをいつでも観れるし、実際に観ている方も多いでしょう。

そういう観客を唸らせるには、あのストーリー展開(特に後半部分)では弱いですよ。
いまどき、わざわざ真っ赤なコート着て、包丁で一刺しもないでしょう。
さらに、刺し殺したのなら、死体はそのままにしないでしょう。どこかへ隠すとかするでしょう。
リアリティが無いんですね・・。

さらに、犯人はわざと赤いコートを○○に着せて、車を止め、殺そうとしますが、
そんな計画的で用意周到な殺人犯が、○○の涙のセリフを聞いて急にうろたえるでしょうか??何か不自然なんですな・・。

さらに、ラスト近くで、禎子に平手打ちされた佐知子は、車に乗って走り去って、その後が全く描かれていません。どこ行っちゃったの?どうなっちゃったの・・?

という間に映画は終わってしまいます・・。消化不良・・(T_T)/~~。

それぞれの俳優さんは素晴らしい演技だったと思いますよ。

特に中谷美紀は圧巻でした!彼女のお陰でこの作品が瓦解せずにあるという感じでしたね。

音楽もとても良かったですね。
こういう、良作になり得る要素があっただけに、残念だったです。

戦争で全てを失い、唯一残った弟のために、生きるために、アメリカ兵相手の娼婦になった・・。
その苦渋に満ちた過去を断ち切るために・・・。
という部分を、もっと丁寧に描いてほしかった・・。

「砂の器」の真似をしろという訳ではありませんが、焼け野原で防空頭巾を被った
佐知子が、弟に「今日からあたしがお父さん。・・で、今日からあたしがお母さん」というシーンから立川での暮らしのシーンを、何十倍にも膨らませてほしかったっすね(その方が殺人の動機づけともなる)。

まぁしかし、人は好きずき、○井は月々と申しまして、
一緒に観た連れは「非常に楽しめた!」と申しておりました・・。

というわけで、

ひきばっち的満足度★★☆


11月23日加筆、訂正。


















 
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (10)   トラックバック (35)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「笑う警官」 | トップ | 「ぐるりのこと」 »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんちゃ~ (KLY)
2009-11-23 20:59:56
広末さんのあの声と顔立ちは武器でもあり欠点でもありますよね。あれに似合う役回りだと凄く良い感じなんですが。それでも『ヴィヨンの妻』よりは全然良かったと思ってます。
ま、中谷さんと対峙しちゃうと辛いものがあるのは事実なんですが。
ていうか、見終わって時間がたった今思うのは、一応主演は広末さんなんで、中谷さんも少しは主演を立てる芝居をしても良かったんじゃないかななんて思ったりもしてます。何だか全力で叩き潰しに行ってる勢いなんですもん。(苦笑)
昭和と平成。 (BC)
2009-11-23 23:30:46
ひきばっちさん、こんばんは。
トラックバック&コメントありがとうございました。(*^-^*

この作品の三人の女優さんはそれぞれに他の人にはマネ出来ない
独特の個性を持っていますね。

映画とはいえ、細部を端折りすぎていて説明的だったのが残念でしたね。。。
やはり、昭和のサスペンスを時代設定そのままに
平成になった今映画化するのは無理がありましたね。。。
KLYさん こんにちは~♪ (ひきばっち)
2009-11-23 23:33:27
そうですね。「ヴィヨンの妻」よりは良かったですね。
仰るとおり、中谷さんの演技は「主演俳優を立てる演技」とは言いがたいかもしれないっすね~。叩き潰しにいったんでしょうかね・・・かもですね~・・(汗)。

BCさん こんばんは♪ (ひきばっち)
2009-11-24 00:16:06
おっしゃるとおり、三者三様の個性と魅力がありますよね~

昭和三十年代に書かれたミステリーで、しかも長編ですので、よほど気をつけて端折らないと、やはり、説明的になってしまうんでしょうね・・。
少し、自分の中で、期待が大きすぎたのかなと、反省しております・・。

こんばんわ~ (くう)
2009-11-25 20:13:45
>当時としては凄いミステリーで、この小説が口火となって、現在まで至る「ミステリー小説」の流れが出来上がったほどでしょう。

そうなんですよね。。。
現代のミステリーとしては、かなり弱いです。
だから、ミステリーとしてよりも昭和の雰囲気をお楽しみ下さい
って感じに留まっちゃうんですよね~(^^;ゞ

主演女優さんの、舌足らずなナレーションも
耐えられない人には耐えられなかっただろう、と
想像しました。。。
私は中谷美紀さんのファンなので、彼女の演技を
見に行ったようなものかな^^;
くうさん こんばんは♪ (ひきばっち)
2009-11-25 22:27:19
それは言いえて妙(^^♪!。昭和の雰囲気を楽しむのならとても良く出来た作品といえるでしょう。
私も中谷美紀さんの大ファンなので、堪能いたしました。
木村多江さんは、出番が少なかったですな・・。もう少し見たかったです・・。

時代の波に翻弄される三人の女性・・。50年前に書かれたサスペンス・ミステリーを映画化する・・大変だったと思いますな・・。
こんばんは!! (くろねこ)
2009-11-26 00:00:28
私も中谷さんに心もってかれましたね~。
ラストの妻はいじわるっ!て思いましたもん。
それで・・あれ??って思いました!だって・・。
私はどうも昔~この作品を読んだ時。
広末演じる妻にどっぷり感情移入してたみたいなんですよね。
どこがどう違うのか分からないンですけど。
不思議ですよね。
女優さんも、ノスタルジックな雰囲気も
とても良かったと思うだけにこの違和感が残念に感じちゃいました~!!
こんばんわ (kobaっち)
2009-11-26 00:33:57
お久しぶりです!
この映画の感想、辛口コメントが多いようですが、私、おもしろかったです!ところどころ
不可解な場面があったものの、3女優の演技は
見ごたえがありました。原作をまったく知らずに見たのも先入観がなくて楽しめたからかもしれません。
 夜汽車、寂れた海辺の景色、ドラム缶での焚き火、電話の音…。中年のおじさんにはノスタルジーが感じられました。
 この映画、見るものの視点によって感じ方が
大きく変わる、ある意味、稀有な作品なのかも知れませんね。
くろねこさん こんばんは♪ (ひきばっち)
2009-11-26 02:21:40
>ラストの妻はいじわるっ!て思いましたもん。

そうですねー、あの場面で「マリー!」なんて底意地悪いですよね・・。
そのあと平手打ちしちゃうし・・。
これらのシークェンスは原作には無いですからね~。
脚色したのでしょうが、これじゃ禎子のイメージが悪くなっちゃいますよね(T_T)。

原作では、佐知子が全てを夫に話し、生きる望みを失い、羽咋の断崖まで車で向かうのを、禎子が後からタクシーで追いかける・・!

というラストなので、結構緊迫感漂うんですが、本作ではアレンジしてありましたね。
まぁ、原作が有名だと、映画を作る側もそれだけ苦労するのでしょうな・・。
kobaっちさん こんばんは♪ (ひきばっち)
2009-11-26 02:57:31
お久しぶり・・でもないじゃないすか~!!
kobaっち先生、すごく堪能したらしいじゃないっすか!
やっぱり先入観が無いってイイ事ですな~(^^♪

> 夜汽車、寂れた海辺の景色、ドラム缶での焚き火、電話の音…。中年のおじさんにはノスタルジーが感じられました。

って、歳は一緒でんがな!
私も、禎子が列車の窓の曇りを手で拭くと雪国の景色が・・・ってあたりは「いいねぇ・・!」と思いましたよ!

しかし、へたに原作を2回も熟読しているともういけませんな・・(T_T)/~~。
観ていくうちに違和感が大きくなって・・。

原作のラストは、海に浮かぶ小船の上に佐知子が立って、船を漕ぎながら禎子と室田氏に別れの手を振る・・・。

のですが・・。映画では、海に浮かぶ小船・・??誰も漕いでないじゃん・・???
え・・・???ワカラン・・・・??(汗)

という状態に私は陥ってしまい、よもやそこに
佐知子が横たわっていようとは、ほんのさっき聞いてビックリしとる有様です(T_T)/。

先入観て、恐ろしいです・・・。
以後気を付けますm(__)m。


コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

35 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
ゼロの焦点 (LOVE Cinemas 調布)
松本清張生誕100年記念作品。新婚間もない夫が謎の失踪、手がかりを求めて夫を追う新妻に襲い掛かる連続殺人の謎――、同名の傑作小説の映画化だ。出演はアカデミー賞作品賞『おくりびと』の広末涼子、『嫌われ松子の一生』の中谷美紀、『ぐるりのこと。』の木村多江...
劇場鑑賞「ゼロの焦点」 (日々“是”精進!)
ゼロの焦点オリジナル・サウンドトラック「ゼロの焦点」を鑑賞してきました松本清張の傑作ミステリーを豪華女優陣の競演で映画化した松本清張生誕100年記念作品。敗戦直後の混乱期を経て復興へと向かう昭和30年代初頭の日本を舞台に、結婚間もない夫の謎の失踪を発端...
ゼロの焦点 (あーうぃ だにぇっと)
昨夜は久しぶりにサイエンスホールに出かけた。 初対面の女性と待ち合わせ。 何度も書いているが私は携帯電話を持っていない。 今回もまったく何の問題もなくRendezvousを果たす。 やはり携帯電話は不要。 連絡を取りたいときは必ずといっていいくらい、留守電や「た...
映画「ゼロの焦点」感想と採点 ※ネタバレあります (ディレクターの目線blog)
映画『ゼロの焦点』を本日初日に観て来ました。 採点は★★☆☆☆(5点満点中2点)。ホントは45点くらいかな。 前の記事『映画「ゼロの焦点」の予告篇が劇場で上映中』で書いた程の期待作だったが、期待し過ぎた分だけ正直期待外れ。やはり日本映画は有料2時間ドラ...
◆『ゼロの焦点』◆ ※ネタバレ少々 (~青いそよ風が吹く街角~)
2009年:日本映画、犬童一心監督&脚本、松本清張原作、広末涼子、中谷美紀、木村多江、西島秀俊共演。
『ゼロの焦点』 (めでぃあみっくす)
昭和のにおいが全くしない映画でした。それゆえに謎解きの先に見えてくる、戦後という時代が生み出す重みも感じなければ、その時代を描いたがゆえの面白味もありませんでした。 別に『沈まぬ太陽』と比べる訳ではありませんが、見終わった後の感想としては「今更なぜこの...
ゼロの焦点 (Akira's VOICE)
断崖に柵を!  
『ゼロの焦点』 (ラムの大通り)
----このタイトルって、昔からよく聞くよね。 原作が有名ニャの? 「もちろん。推理小説の大家松本清張の原作だからね。 今年の東京国際映画祭では招待作品となっていて、 主演の広末涼子、中谷美紀のいずれもが 相手をほめたたえていたようだ」 ----ふうん。でもキー・ビ...
ゼロの焦点 (広末涼子&中谷美紀&木村多江) (yanajunのイラスト・まんが道)
◆広末涼子さん(のつもり) ◆中谷美紀さん(のつもり) ◆木村多江さん(のつもり) 映画『ゼロの焦点』に広末涼子さんは鵜原禎子 役で、中谷美紀さんは室田佐知子 役で、木村多江さんは田沼久子 役で出演しています。原作は松本清張さんの長編推理小説です。1961年にも...
ゼロの焦点 (シネマDVD・映画情報館)
常に社会の暗部と人間の本質を鋭く描いた作品を発表し、日本の文学史に社会派推理小説という一大ジャンルを築き上げた巨匠・松本清張の代表作を映画化。監督は『眉山』『グーグーだって猫である』など、幅広いジャンルの作品を発表し、日本のみならず海外からも注目される...
「ゼロの焦点」(試写会)みた。 (たいむのひとりごと)
松本清張生誕100年を記念した映画ということで、原作はかれこれ50年も前に発表されているもの。社会派推理小説の作風が特徴である松本作品だが、この作品も”当時”の社会情勢が反映された内容となっている。公
ゼロの焦点 (花ごよみ)
原作は松本清張の同名小説。 松本清張の生誕100年ということです。 監督は犬童一心。 広末涼子、中谷美紀、木村多江の、 3女優の競演が話題の作品です。 共演には西島秀俊、杉本哲太、 鹿賀丈史といった 面々が配されています。 本もかなり昔ですが読んでいたし ...
「ゼロの焦点」 (てんびんthe LIFE)
「ゼロの焦点」新宿ピカデリーで鑑賞 太宰も100年なら、松本清張も100年。 って、太宰のときに書いたんですが、こちらはTVだ映画だと何度もメディアで目にするわけで古いことは分かっているけど度重なるリメイクで古さを感じさせません。 でも、映像になると...
「ゼロの焦点(2009)」 時代の断層 (はらやんの映画徒然草)
今年は松本清張の生誕100年ということです。 僕はミステリー好きですが、松本清張
ゼロの焦点 (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。松本清張原作、犬童一心監督、広末涼子、中谷美紀、木村多江、杉本哲太、崎本大海、野間口徹、黒田福美、本田博太郎、西島秀俊、鹿賀丈史。松本清張の名作とされながら、ディテイルはかなり杜撰というか、不自然だ。
ゼロの焦点/広末涼子、中谷美紀、木村多江 (カノンな日々)
劇場予告編で「アカデミー賞に輝く3女優が共演」というキャッチコピーを見るたびに違和感をおぼえるのは私だけでしょうか?松本清張の代表作ともいえる同名小説を犬童一心監督がメガホンをとり映画化しました。TVドラマ化されたのを見たことあるような気もするんですけど...
[映画『ゼロの焦点』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆面白かった。  『ALWAYS』以降、日本のVFX技術は、作品の中で、本当に違和感なく、物語の回想シーンの戦後直後から、昭和30年代までの風景を見事に再現している。  その中で、割とオーソドックスなシナリオで役者が熱演している。  これまでの邦画(日...
「ゼロの焦点」 (みんなシネマいいのに!)
 いやはや、面白さがゼロの頂点だよ。 松本清張生誕100年記念作品。 昭和30年
ゼロの焦点 (いい加減社長の映画日記)
観たい映画が4つも公開された昨日の土曜日。仕方ないので(?)、レイトショーのはしごをすることに。時間を調べて、1本目は「ゼロの焦点」を鑑賞。「UCとしまえん」は、普通の人出かな。「ゼロの焦点」は、中スクリーンで、6~7割。【ストーリー】見合い結婚で夫・憲...
男の気持ちが一番ミステリー。『ゼロの焦点』 (水曜日のシネマ日記)
松本清張の小説を映画化した作品。昭和30年代の日本を舞台に描かれたサスペンスドラマです。
ゼロの焦点 (Diarydiary!)
《ゼロの焦点》 2009年 日本映画 お見合いで鵜原 憲一と結婚した禎子、しかし
ゼロの焦点 (2009) 131分 (極私的映画論+α)
 なかなか見ごたえがありました。
ゼロの焦点 (ダイターンクラッシュ!!)
2009年11月14日(土) 20:10~ TOHOシネマズ日劇1 料金:0円(1ヶ月フリーパス) パンフレット:未確認 『ゼロの焦点』公式サイト フリーパス鑑賞13本目。 松本清張生誕100年記念作品だそうだ。松本清張の小説は、「点と線」しか読んだことが無い。 松本清張と言...
ゼロの焦点 (だらだら無気力ブログ)
  生誕100周年を迎えた松本清張の同名傑作小説を生誕100周年記念で映画化。 結婚して間もない夫が出張に出かけてそのまま失踪してしまったことから 妻は夫の失踪の行方を調査するうちに連続殺人事件に巻き込まれていき、 やがて衝撃の真実にたどりつく様を描く...
ゼロの焦点 [映画] (映画鑑賞★日記・・・)
公開:2009/11/14製作国:日本上映時間:131分鑑賞日:2009/11/14監督:犬童一心出演:広末涼子、中谷美紀、木村多江、杉本哲太、西島秀俊、鹿賀丈史愛する人のすべてを知っていますか?+あらすじ+結婚式から7日後、仕事の引き継ぎのため金沢に向かった鵜原憲一(西島秀俊...
【ゼロの焦点】 (日々のつぶやき)
監督:犬童一心 出演:広末涼子、中谷美紀、木村多江、西島秀俊   愛する人のすべてを知っていますか? 「禎子と憲一は見合い結婚したばかりだったが、憲一は式の直後から以前の勤務地だった金沢へ引継ぎの業務で向かったまま行方不明になってしまった。 夫
【ゼロの焦点】夢に届かない女たち (映画@見取り八段)
ゼロの焦点 監督: 犬童一心    出演: 広末涼子、中谷美紀、木村多江、西島秀俊、鹿賀丈史、崎本大海 公開: 2009年11月 原作は松本...
ゼロの焦点☆ (Happy-go-lucky!!)
映画「ゼロの焦点」を見ました。松本清張作品は本当に面白いなぁ~トリックが巧妙で、人の深~い部分でいろんなものが渦巻いている。なかでも中谷美紀の演技に圧倒されました場面場面での表情の違いや、奥の深さに「天晴れ~」としか言いようがない木村多江さんもすごかっ...
『ゼロの焦点』 (京の昼寝~♪)
 □作品オフィシャルサイト 「ゼロの焦点」□監督・脚本 犬童一心 □原作 松本清張 □脚本 中園健司 □キャスト 広末涼子、中谷美紀、木村多江、西島秀俊、鹿賀丈史、杉本哲太、崎本大海、野間口徹、黒田福美、本田博太郎■鑑賞日 11月22日(土)■劇場...
ゼロの焦点 ε-(;ーωーA フゥゥム (労組書記長社労士のブログ)
【 56 -13- 1ヶ月フリーパスポート=4 】 昨日は社労士試験、合格発表の日だ、みんなはどうやったのだろうか?自分が試験監督したあの人はどうやったのか?【今年の合格率は7.6%(前年7.5%)】  で、自分はまたまた映画の日、昨日は無料パスポートではなくて試写会に...
ゼロの焦点(2009) (銅版画制作の日々)
 愛する人のすべてを知っていますか? フリ―パスポート鑑賞第7弾目は邦画「ゼロの焦点」(6本目はクリスマスキャロル3D版鑑賞しました)ヴィヨンの妻以来の邦画です。そう言えば広末さん、ヴィヨンの妻にも登場していましたね。今回は凄いです!主役ですよ。 今年...
ゼロの焦点 (えいがの感想文)
2009年 監督:犬童一心 出演:広末涼子    中谷美紀    木村多江 松本清張ミステリー。 謎解きとしてとても楽しめたし、 重みのあるテーマで見ごたえありました。 冬の日本海の断崖絶壁、気が滅入る暗い昭和な雰囲気。 日本ミステリーは、これがいい...
犬童一心監督 「ゼロの焦点」 (映画と読書、そしてタバコは止められましぇ~ん!)
12月1日、映画の日。 ちょうど自分の公休と重なったンで… 久々に2本、劇場で鑑賞することにしました。v(^-^)v まず1本目は松本清張原作、犬童一心監督「ゼロの焦点」 公式サイト⇒http://www.zero-focus.jp/index.html 【あらすじ】 見合い結婚で夫・...
ゼロの焦点 (単館系)
禎子は新婚七日目に、社用で金沢へ旅立つ夫・鵜原憲一を上野駅まで送っていった。それが、禎子が夫の姿を見た最後になってしまった。憲一は...
ゼロの焦点 (こわいものみたさ)
『ゼロの焦点』 【製作年度】2009年 【製作国】日本 【監督】犬童一心 【出演】広末涼子/中谷美紀/木村多江/杉本哲太/崎本大海/...