ひきばっちの映画でどうだ!!

ひきばっちが観て気に入った映画を、ブログで紹介します。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「永遠の0」

2014-02-16 11:00:50 | Weblog
                                    「永遠の0」

TOKYO FMのラジオ番組で、桑田佳祐さんが本作について触れていたのを聴き、久しぶりに劇場で映画を観ることに致しました。。。

ネタバレあります。。。
司法試験に落ちて、自分の生き方に迷っている青年・健太郎(三浦春馬)は、祖母・松乃の葬儀の日に、それまで知らされなかった事実を知ります。
それは、彼と祖父・賢一郎(夏八木勲)の間には血のつながりが無く、“血縁上の祖父”が別にいること。。。
そしてその本当の祖父は、太平洋戦争で零戦のパイロットとして戦い、終戦間近の昭和20年に特攻隊として出撃し、戦死していたこと。。。

このあと健太郎と姉の慶子(吹石一恵)が、その祖父・宮部久蔵(岡田准一)はどんな人物だったか、何故終戦間近に特攻を志願したのか。。。その人物像にせまるべく、生前の祖父を知る人々を訪ねてゆくことのなるのですが。。。訪ねゆく先々で待っていた、祖父へ投げかけられる言葉は、「海軍一の臆病者」という辛辣なものばかりでした。。。


この作品は、健太郎が生きる現代と、久蔵が生きた太平洋戦争の時代とを、回想録のような形で繋いでゆきます。
それがゆえに、戦時中のみを描くよりも、より振幅が大きく強烈なインパクトで観る者の心を打つのでしょう。

久蔵は“生きること”に執着します。“最後まで生き延びる努力をする”ことを部下に叩き込みます。
“敵と戦い華々しく散る”ことが旨とされていた時代にあっては、久蔵の考えは受け入れられ難いものだったのでしょう。

そんな久蔵の考え方や行動を苦々しく見ていた一人の零戦パイロットが登場します。新井浩文演ずる景浦です(現代は田中泯が演じています)。
景浦は久蔵に模擬戦闘訓練を何度となく申し入れ、ある日ついに景浦と久蔵の乗った2機は模擬空中戦状態になります。ここで景浦は、久蔵の驚くべき機体操縦能力に直面し、「宮部(久蔵)はただ乱戦を逃げているだけの男ではない」ことを痛感ー進退窮まり思い余った景浦は訓練で絶対やってはいけない「実弾」を宮部機に向けて放ってしまいます・・・。
景浦が掃射した弾丸は宮部機を逸れ、大事には至りませんでしたが、その日から景浦にとって宮部久蔵は憎しみの対象から、“いつの日か宮部に”というライバルに変わったのであります・・・。

この景浦が、後に久蔵が特攻出撃する沖縄戦で、護衛・戦果確認機に搭乗することになります。

それにしても、新井浩文さんて、存在感のあるイイ俳優さんですね。。。

「海軍一の臆病者」と呼ばれてもなお、“生きて帰ること”そして“部下を生きて帰すこと”に執着した久蔵でしたが、昭和20年、「特攻隊」として若い命を散らせて行く仲間の護衛・戦果確認を任されてから苦悶の日々が続きます・・・。

そんなシークエンスと前後して、健太郎が参加する現代の合コンのシーンが挿入されます。ここでの若者たちの会話が、戦時中に特攻などで死んでいった若者たちの想いとの距離感を強めます。
「私たちには、関係ないし・・・」という女の子のセリフが突き刺さるようです。


そして時は終戦間近・・・特攻を志願した久蔵が河原で、同じ特攻志願の若者と語らうシークエンスがあります。
「未来の日本はどうなっているのでしょうね・・」と語る笑顔に胸が締めつけられる思いでした。

宮部久蔵機はその若者の乗るゼロ戦と、護衛の景浦機に別れを告げます。
夏八木勲さん演ずる賢一郎が、戦争、そして“生き残る”とはどういうことか、を語る姿が印象的でした・・。
久しぶりに映画を観て涙が出ました。

現代を生きる自分の生き方に、“本当にそれでいいのか”という疑問を投げかけてくれる、そんな厳しく、そして素敵な映画でした・・・。




ひきばっち的満足度★★★★☆





つらい腰痛・肩こり・頭痛など、スタッフが全力でサポートします。
癒しの森整体院
丸ノ内線 新中野駅 徒歩3分













『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (8)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「太陽の帝国」 | トップ |   
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (けん)
2014-02-16 17:37:26
TBさせていただきました。
またよろしくです♪
けんさん こんにちは♪ (ひきばっち)
2014-02-17 10:06:50
TBどうもありがとうございます(^^♪
今後ともよろしくお願い致します(^0_0^)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

8 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
「永遠の0」 戦争を語り、戦争を聞く (はらやんの映画徒然草)
太平洋戦争が終結し、すでにもう65年以上の月日が経っています。 あの戦争を経験し
永遠の0 (Akira's VOICE)
命を生む零。  
永遠の0/岡田准一、三浦春馬 (カノンな日々)
百田尚樹さんの同名ベストセラー小説を岡田准一さんの主演で『ALWAYS』シリーズなど手がけてきた日本のVFXの名手・山崎貴監督が映画化した作品です。今夏に零戦開発者の堀越二郎さん ...
永遠の0 (本と映画、ときどき日常)
監督 山崎貴 出演 岡田准一     三浦春馬     井上真央 太平洋戦争で特攻隊として死んでいった祖父。 「臆病者!」と罵られようと、誰よりも”生きる”ことにこだわっていた人が何故…。 孫姉弟が当時の人達に話を聞き、真相に辿り着く。 もう少し戦闘シ...
映画 永遠の0 (こみち)
JUGEMテーマ:映画館で観た映画    ゼロ戦が旋回する姿や航空母艦が水上を走っている姿は   美しかった。そして宮部久蔵の人物像を追って行って判った事実は悲しいものでした。そして、祖母松乃と清子を支えた賢一郎や景浦が ...
永遠の0 (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
2013/12/21公開(2013/12/10試写) 日本 144分監督:山崎貴出演:岡田准一、三浦春馬、井上真央、濱田岳、新井浩文、染谷将太、三浦貴大、上田竜也、吹石一恵、田中泯、山本學、風吹ジュン、平幹二朗、橋爪功、夏八木勲 [Story]祖母の葬儀の席で会ったことのない実の祖父...
永遠の0 (心のままに映画の風景)
司法浪人の佐伯健太郎(三浦春馬)は、祖母松乃の葬儀で、賢一郎(夏八木勲)が実の祖父ではないことを知る。 本当の祖父は、太平洋戦争で特攻により戦死した宮部久蔵(岡田准一)であると教えられた健太郎は、姉の慶子(吹石一恵)に、宮部について調べてみようと誘...
永遠の0 (ダイターンクラッシュ!!)
2013年12月26日(木) 20:40~ 109シネマズ川崎1 料金:1200円(レイトショー料金) パンフレット:未確認 木村ヤマト以来の汚名返上 『永遠の0』公式サイト JAZZ WITH KAZZの小林和仁氏が、決して認めない山崎貴。ドラえもん最終話(素人作)の盗作疑惑もある...