ひきばっちの映画でどうだ!!

ひきばっちが観て気に入った映画を、ブログで紹介します。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「ダーリンは外国人」

2010-04-11 21:49:49 | Weblog
                               「ダーリンは外国人」
ユナイテッドシネマ豊島園にて。
原作・小栗佐多里
監督・宇恵和昭

「予告編」がかなり笑えたので、軽いノリで観に行って参りました。

そう言われてみると、“ド胆”って、抜かれる物なんですよね・・??

原作は小栗佐多里さんの同名のコミック・エッセイですな。

トニー(ジョナサン・シェア)はさおり(井上真央)のボーイフレンド。アメリカにいた頃、“漢字”の美しさに魅了されて日本へやって来た、ちょっと語学オタクの心優しき青年であります。

この作品はトニーと、漫画家を目指すさおりを中心に、ライトなタッチで(厳粛な部分もあるのですが)描かれています。

この映画のトピックのひとつが、語学オタクのトニーがつぶやく“謎の日本語解釈”です(笑)!

あまり書いてしまうとこれからご覧になる方もいらっしゃると思いますので、控えますが、上に黄文字で書いた「そう言われてみると・・」はトニーの日本語解釈に納得した私のつぶやきであります(笑)

彼は感性が豊かというか、鋭いんでしょうね。
日本人ではとても考えつかないような視点から、日本語を分析してくれます(^^♪

ストーリー前半は随所にそんなシーンがあり、トニーもそうですが、彼を演じたジョナサン・シェアの魅力に惹きつけられました。

ネタバレになってしまいますが
さおりの姉、三佳(国仲涼子)の結婚披露宴でのエピソードは心に残りました。
新郎に対し、三佳とさおりの母(大竹しのぶ)が、「まったく、うちの子供たちはいい所全然ないんですよ~」と、へり下った表現をした時、それを聞いたトニーが、「なぜ、そんなことを言うんですか・・・」
これはまぁ、日本の独特のコミュニケーションの仕方ですから、トニーが解らないのも無理はありません
私は逆にそのシーンを見て、トニーさんの実直さを感じましたな。


ストーリー的には後半、二人の交際を認めなかったさおりの父(國村隼)が、突然亡くなってしまいます・・。
このお父さんが、実はこっそり本まで買って、英会話の準備をしていたんですな・・。
なんか、“昭和のお父さん”って、こんな感じで、泣けますよね・・。

物語の舞台はアメリカまで飛び、ハッピー・エンドとあい成ります!

驚いたのは、日本でのシーン(ほとんどがそうですが)に比べて、アメリカでのシーンの映像の方が明らかに色が鮮やかなんですよ。
これは、日差しとかのせいなのか、何なのか、びっくりしまして、単純に「アメリカ行ってみたーい!」とか思っちゃいました(^^♪。



ひきばっち的満足度★★★☆





『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (4)   トラックバック (21)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「時をかける少女」 | トップ | 「息もできない」 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
そうそう! (KLY)
2010-04-11 22:54:03
ジョナサン・シェアさんの独特の雰囲気やセリフの間合いがいいですよね。あの結婚式のシーンも凄く象徴的で、日本の良いところでもあり悪いところにもなりうるといった、作品全体のテーマの縮図といった感じでした。^^
KLYさん こんにちは♪ (ひきばっち)
2010-04-12 13:47:32
本当にジョナサン・シェアは魅力のある俳優(?)さんですね(^^♪。
決めぜりふを言う時の表情がまた、“武士”みたいで思わず笑ってしまいました。

>日本の良いところでもあり悪いところにもなりうる

そうなんですよね~。日本語って、というか、他国の文化を理解するのって大変な苦労ですよね。(特に日本文化は一を言って十を知る、みたいなところがあるので、難しいですよね~!)。

こんにちは☆ (non_0101)
2010-04-15 12:57:50
コメント&TBをありがとうございました!
結婚披露宴でのトニーの突っ込みは面白かったですね。
ストレートに取れば、確かにそんな風に聞こえますよね。
一瞬でお母さんに気に入られてしまうのも納得です。
英会話教材も泣かせますよね~
トニーとの会話を実現させてあげたかったです☆
non 0101さん こんにちは♪ (ひきばっち)
2010-04-17 06:08:08
レス遅くなりまして失礼いたしましたm(__)m
>結婚披露宴でのトニーの突っ込みは面白かったですね
あのシーンは本当に彼の人柄がよく出ていましたね~!すごく心なごむエピソードでした(^^♪

>英会話教材も泣かせますよね~
本当に何回も書きますが、“昭和のお父さん”って、ああいう感じなんですよね~。
表面上は頑固でも、娘の選んだ奴なら・・と思ったんでしょうね・・。
本当にトニーとお父さんの英会話、実現させてあげたかったな~・・。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

21 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
ダーリンは外国人 (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
宣伝の仕方からお手軽なコメディだと予想していたが、いい意味で裏切られてしっかりとした男女のラブストーリーになっていた。ラブコメの定石となる展開で、爽快な気分になれた。ハリウッドのラブコメに匹敵する秀作だと思う。
(映画)ダーリンは外国人 (ゼロから)
コミカルな映画かと思っていたらシリアスなシーンもあり、良く出来た映画でした。小栗左多里が書いたキャラクターも所々に登場して、漫画のような映画です。
「ダーリンは外国人」 (みんなシネマいいのに!)
 語学オタクの外国人と交際を始めた漫画家を夢見るイラストレーターである女性の恋の
ダーリンは外国人 (単館系)
ひょんなことからアメリカ人のトニー(ジョナサン・シェア)と交際することになったさおり(井上真央)。漢字に一目ぼれして日本にやって来...
「ダーリンは外国人」を観る (紫@試写会マニア)
今日久しぶりに観てきた新作「ダーリンは外国人」の主演の井上真央ちゃんは最近綺麗になったなぁ・・・と思う、今日この頃。 彼女に対しては、昼ドラ(再放送でチラっとね)でのお転婆なイメージしかなかったので、こんな可愛らしい演技が出来る(鶴瓶さんの「Aスタジオ...
「ダーリンは外国人」言葉と文化の壁を乗り越えた先に待っている国境なき結婚 (オールマイティにコメンテート)
4月10日公開の映画「ダーリンは外国人」を観賞した。 この映画は小栗左多里原作のコミック・エッセイ 「ダーリンは外国人」を映画化した作品で 漫画家を目指す女性があるキッカケでアメリカ出身の外国人と交際、 同棲する事になり、結婚するまでの過程を描いたスト...
ダーリンは外国人 (とりあえず、コメントです)
小栗左多里著の人気コミックをもとに映画化した作品です。 映画も春になってきましたね~と思いながら何を見ようかなと考えていたら、 何となくこの作品になっていました(^^ゞ 主人公たちの結婚までの物語の中にコミカルな日常が散りばめられていて、 素直に笑いながら楽...
ダーリンは外国人(試写会) (必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー!)
[ダーリンは外国人] ブログ村キーワード ↓ワンクリックの応援お願いします↓ おみくじ評価:中吉 2010年26本目(25作品)です。 【あらすじ】 漫画家を目指すさおり(井上真央)と、漢字の美しさに一目ぼれして来日したアメリカ人のトニー(ジョナサン・シェア)...
ダーリンは外国人 /My darling is a foreigner (我想一個人映画美的女人blog)
{/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click 小栗左多里の大人気コミックエッセイ「ダーリンは外国人」の映画化★ この本を手に取ったのは当時外国人とつきあってたから。本屋さんでちらっと読んだだけだ...
普通のラブストーリーになっちゃった・・・。『ダーリンは外国人』 (水曜日のシネマ日記)
人気コミック・エッセー「ダーリンは外国人」を実写版映画化した作品です。
ダーリンは外国人 (シネマDVD・映画情報館)
シリーズ累計250万部のロングセラーヒットとなり、数々の名言・珍言で日本中を爆笑の渦に巻き込んだ人気コミックエッセイ「ダーリンは外国人」。異文化間だけでなくパートナー同士のギャップを、時間をかけわかりあっていく過程が、独特の間と温かさによって表現されてい...
ダーリンは外国人 (だらだら無気力ブログ)
小栗左多里の同名コミックエッセーを『花より男子』の井上真央を主演に 迎えて映画化したラブコメディー。 異文化で育った外国人と日本人のヒロインとのあいだで起こる日常の悲喜 交々やギャップをユーモラスに描く。漫画家を目指してイラストレーターをしているさおり...
普通のラブストーリーになっちゃった・・・。『ダーリンは外国人』 (水曜日のシネマ日記)
人気コミック・エッセー「ダーリンは外国人」を実写版映画化した作品です。
ダーリンは外国人 (いい加減社長の映画日記)
ゴールデンウィークを控えているせいか、観たい映画がたくさん^^; 土曜日(といっても1週間前だけど)は、朝とレイトショーの変則ダブルヘッダー。 まず朝は、原作は読んだことがないけど、コメディっぽくて面白そうなので、「ダーリンは外国人」を鑑賞。「UCとしまえん...
映画「ダーリンは外国人」 (Thanksgiving Day)
映画「ダーリンは外国人」を観てきましたー!! この映画は、公開を知ったときから面白そうだなぁと思って、絶対観に行こうと心に決めてたんですよ。 原作もよく本屋さんで見かけてますしね。 小栗左多里の人気コミックエッセー「ダーリンは外国人」を映画化した、...
ダーリンは外国人 (C'est joli~ここちいい毎日を~)
ダーリンは外国人'10:日本 ◆監督:宇恵和昭◆出演:井上真央、ジョナサン・シェア、国仲涼子、大竹しのぶ、戸田菜穂、入江雅人、川岡大次郎、坂東工、國村隼、パトリック・ハーラン、ダンテ・カーヴァー、JJ、ガウ ◆STORY◆漫画家を夢見るイラストレーター、さおり...
『ダーリンは外国人』の後味は? (映画のブログ)
 「ぶん殴る」の「ぶん」て何だろう?  アメリカから来たダーリンの質問には、日本に生まれ育った人でもタジタジである。  しかし、言...
「ダーリンは外国人」 夫婦はカルチャー・ギャップの擦り合わせ (はらやんの映画徒然草)
人気の漫画エッセイの映画化です。 原作の存在は知っていましたが、まだ読んでいませ
ダーリンは外国人 (映画的・絵画的・音楽的)
 チョット軽めのラブコメでもと思って、『ダーリンは外国人』を渋谷のヒューマントラストシネマで見てきました。 (1)見て少々驚いたのは、この手の映画にしては、随分といい俳優が脇役を務めているなという点です。  なにしろ、主人公さおり(井上真央)の母親が大竹し...
【映画】ダーリンは外国人…面白く無かった (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
色々考えた挙句、困って“…面白く無かった”とダイレクトなサブタイトルにしちゃったピロEKです 昨日2011年10月10日(月曜日・体育の日)は前の記事での予告通り、部屋の掃除をしました。私の部屋は寝室とオタクアイテム保管(の一部)を兼ねており、オタアイテムを避...
【映画】ダーリンは外国人…面白く無かった (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
色々考えた挙句、困って“…面白く無かった”とダイレクトなサブタイトルにしちゃったピロEKです 昨日2011年10月10日(月曜日・体育の日)は前の記事での予告通り、部屋の掃除をしました。私の部屋は寝室とオタクアイテム保管(の一部)を兼ねており、オタアイテムを避...