ひきばっちの映画でどうだ!!

ひきばっちが観て気に入った映画を、ブログで紹介します。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「ミリオンダラー・ベイビー」

2008-12-14 19:19:35 | Weblog
 命の尊厳。それを見るものに問う映画である。

共感する者もいるだろう。反発する者もいるだろう。

私は共感した。全身震えが止まらぬほど。

このブログを立ち上げるきっかけになった映画である。


マギー(ヒラリー・スワンク)は無名の女性ボクサー。根っからの貧乏人で31才になった今も、ウェイトレスをしながらボクシングをしている・・。

ある日、「名カットマン(止血師)」として知られているダン(クリント・イーストウッド)に、入門を志願するも、「女はダメ」と、

断られてしまった・・。しかし、ダンのジムには通うことが許され、見よう見まねでサンドバッグを叩き・・・32才の誕生日の日に、ダンが、

「俺と組むなら、君が女であることは考慮しない。試合で歯を全部へし折られても泣き言は聞かんぞ。」

その日から猛烈なトレーニングが始まった・・。

ネタバレになるので、ここから先は、ぜひ本編を見て頂きたいのですが・・・。


世界タイトルマッチで首から下が全部麻痺してしまったマギーは、ダンに、

「私をアクセル(マギーが昔飼っていて、父親に安楽死させられた犬)のようにしてほしい・・」と言うが、ダンは毛頭そのようなことはできない・・。

ついにマギーは自分に残された最後の方法で、自殺を図った・・!舌を噛み切ったのである!

死には至らず、再度の自殺防止のため口の中にタオルをつめこまれ、強烈な精神安定剤で半覚醒状態のマギー・・・。左脚のひざから先は壊死し

てすでに無い・・。


このような状況で、いつまでも生きろと、言えるだろうか・・。

宗教や立場、色々な要素があるのだろうが・・。

とにかく私は最後にダンが選んだ方法に、涙が止まらなかった。

自分がダンの立場だったら、同じくできるだろうか?勇気があるだろうか?

映画『ミリオンダラー・ベイビー』
監督 クリント・イーストウッド

出演 ヒラリー・スワンク
   クリント・イーストウッド
   モーガン・フリーマン  他















『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (10)   トラックバック (8)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「サンダカン八番娼館 望郷」 | トップ | ~coffee break~「吉田町の唄」 »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
イーストウッドはいいです (たくぞー)
2008-12-16 09:10:47
イーストウッドは素晴らしい監督です。この作品もいいのですが、1本挙げるなら『許されざる者』。彼の人生が投影されていると思われ、作品に深みがあります。
たくぞーさん こんにちは (ひきばっち)
2008-12-17 05:37:43
コメ有難うございます。
「許されざる者」早速観てみます!
こんにちは♪ (ミチ)
2008-12-19 22:38:08
ダンの選択は見ていても本当に苦しくなりました。
誰でもできる事じゃない。
けれど、彼女のことを思えば・・・。
本当に難しい選択ですよね。
深い絆で結ばれていなければ、とても出来ません・・・。
こんにちは♪ (なぎさ)
2008-12-20 08:42:00
お邪魔するのが遅くなってしまいすみません。

>このブログを立ち上げるきっかけになった映画である。

そうでしたか。
それほど影響力のある作品でしたよね。
感動、というものでもない、悲しみ、だけでは終わらない・・・もっと違う"何か"を感じさせられた名作でしたね。
みちさん こんにちは♪ (ひきばっち)
2008-12-21 09:19:43
ダンの葛藤と最後の苦渋の選択が
この映画のテーマなんでしょうね・・。
「尊厳死」を改めて考えるきっかけになる名作でした。
なぎささん こんにちは♪ (ひきばっち)
2008-12-21 09:32:39
この映画を見た井筒監督が「これはハードボイルドやでぇ・・!」
と言っていたのをTVで見て、「あの辛口井筒監督が・・・!」と思い、観た覚えがあります。
音楽監督もイーストウッドなので、無駄な(観客を不必要に煽るような)音楽がなく、終始優しい音楽であるところが、いいんですね・・。
私の心の中に残る「名作」です・・。
尊厳死というもの (くう)
2009-12-12 04:43:16
考えさせられた作品でした。
ダンの苦悩、マギーの苦悩、それぞれが痛いくらい
伝わった作品でしたね。
ブログを立ち上げるきっかけになったと言うほどの
価値がある素晴らしい映画だったと私も思います。

ウチの返信にも書かせて頂いたんですが、
私がイーストウッドを監督として認識したのは
この前年に公開された「ミスティックリバー」でした。
あれから、イーストウッド作品には外れなし、です。
素晴らしい監督ですわ。
くうさん おはようございます♪ (ひきばっち)
2009-12-12 08:07:24
後に公開された「グラン・トリノ」でも、この
「ミリオン~」でも、共通しているのは、人生の「締めくくり方」をテーマにしているということですな。
そして二つの作品に言えることは、「観終わった者がとても優しい気持ちになる」ことではないでしょうか・・。
「ミスティックリバー」、観てみます(^^♪!
マギー・・光輝いていたのは 短かったな(悲) (zebra)
2012-03-15 23:19:04
こんばんは ひきばっちさん

去年DVDで見ました

フランキーとマギー、親子に似た絆が出来ましたね "常に自分を守ること" を教訓を教えたり レモンパイの話 マギーの死んだパパと飼っていたワンちゃんのエピソード等

「愛する者よ、お前はわたしの血だ」  "モクシュラ"意味が重いです。自分の分身じゃなければ言えない内容ですね。

 それに ひきかえ ミズーリに住んでいるマギーの家族はひどい。

 家を買ったのに 見向きもしない。 マギーの家族たちはマギーが光輝いていた"闘士"の姿を見ようとしなかった・・その姿が ホントの"ミリオン・ダラー"なのに
 
 「あとは 残ったものを しっかり 守らないと・・・」だと(怒り) ホントに 守らなけれはならないのは マギー だろうが(`Ш´) そんなマギーに 「恥さらしもいいとこ」とか「負けは負けだろ」とか ・・・
 
 マギーを最後まで守ったのは トレーナーのフランキーだけ。 彼女の尊厳を守るための 安楽死・・・悲しかった
zebraさん こんにちは♪ (ひきばっち)
2012-05-04 07:57:39
この映画を見て、「一生懸命に生きる」というあたりまえで、しかし自分的にはお座なりにしていた気持ちがムチ打たれるように目を覚ました感じがします。
「一生懸命に生きる」ことのドロ臭さ、そしてカッコ良さ。
マギーは一生懸命に自分の人生を生きました。
この作品を観終わるたびに(あんなに悲しい結末であるにもかかわらず)私はとても優しい気持ちになります・・・。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

8 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
映画『ミリオン・ダラー・ベイビー』(お薦め度★★) (erabu)
監督、クリント=イーストウッド。2004年米。ヒューマンドラマ映画。原題『MIL
ミリオンダラー・ベイビー (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 コチラの「ミリオンダラー・ベイビー」は、「許されざる者」で1992年のアカデミー賞の作品賞・監督賞のW受賞をしたクリント・イーストウッドが、2004年のアカデミー賞で作品賞・監督賞を再びW受賞したPG-12指定のヒューマン・ドラマです。  更には、「ボーイズ・ド...
『ミリオンダラー・ベイビー』 直球のヒューマンドラマに感嘆 (映画と秋葉原と日記)
『ミリオンダラー・ベイビー』  公式HPはこちら ←クリックで別窓 ロサンゼルスの寂れたボクシングジムの老オーナーでありトレーナーであるフランキー(クリント・イーストウッド)彼は選手を大切に育てるあまり、成功を急ぐ優秀なボクサーたちは、みんな彼の元を去...
ミリオンダラー・ベイビー (映画鑑賞★日記・・・)
監督:クリント・イーストウッド 製作:クリント・イーストウッド 音楽:クリント・イーストウッド 出演:クリント・イーストウッド    ヒラリー・スワンク    モーガン・フリーマン    アンソニー・マッキー    ジェイ・バルチェル...ロサンジェルスの...
映画「ミリオンダラー・ベイビー」 (ミチの雑記帳)
映画「ミリオンダラー・ベイビー」★★★★★ 久しぶりにずしっと来る映画を見たように思う。 アカデミー賞を取った映画=自分の好きな映画にならないことも多いのだけれど、この作品は素晴しかった! 予告編などを見る限りボクシングを題材にした師弟愛の話とばかり思っ...
ミリオンダラー・ベイビー (UkiUkiれいんぼーデイ)
「自分自身を守れ!」 これがフランキー(クリント・イーストウッド)が、マギー(ヒラリー・スワンク)に言っていた口癖でした。 いろんな方のレビューを拝見していたので、内容はほぼ分かっていました。 それでも後半のシーンには衝撃を受けました。 ポー...
【ミリオンダラー・ベイビー】KOされるのは私たち自身 (映画@見取り八段)
ミリオンダラー・ベイビー~Million Dollar Baby~ 監督: クリント・イーストウッド    出演: クリント・イーストウッド、ヒラリー・スワン...
ミリオンダラー・ベイビー/Million Dollar Baby(映画/DVD) (映画を感じて考える~大作、カルトムービー問わず映画批評)
[ミリオンダラーベイビー] ブログ村キーワードミリオンダラー・ベイビー(原題:Million Dollar Baby)キャッチコピー:愛を、教えて。製作国:アメリカ製作年:2004年配給:ムービーアイ、松...