ひきばっちの映画でどうだ!!

ひきばっちが観て気に入った映画を、ブログで紹介します。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「NINE」

2010-03-22 04:21:39 | Weblog
                                     「NINE」
ユナイテッドシネマ豊島園にて。
監督・ロブ・マーシャル

フェデリコ・フェリーニ自らが監督した自伝的映画「81/2」の、ブロードウェイ・ミュージカル版を、「シカゴ」のロブ・マーシャルがミュージカル・ムービーに仕上げましたな。

舞台はイタリアでございます。
スランプに陥った巨匠映画監督と彼を取り巻く女性たちの物語を、絢爛豪華なキャスティングで魅せてくれます!

グイド監督役は、名優ダニエル・デイ=ルイス

彼を取り巻く女性たちを、ペネロペ・クルス、マリオン・コティヤール、ニコール・キッドマン、ジュディ・デンチ、ソフィア・ローレン、ケイト・ハドソン、、そしてファーギー、という夢のような女優さんたちの競演で魅せてくれました!

あらすじはいろいろな所で書かれているようなので、割愛いたしますが・・。

なにせミュージカルの場面が超ゴージャスでございました!
ストーリーの随所随所にセットでの歌とダンスのシーンがあるのですが、
この女優さんたちのフェロモンに、わたくし完全ノック・アウト状態でした・・!
ジ、ジュディ・デンチ??いやいやジュディも素敵でしたですよ〜。

中でも私が一番素敵だと感じたのは、娼婦サラギーナ役のファーギーの歌でした・・!

「Be Italian !」イタリアの男たれ!
この映画で一番インパクトのある歌と踊り、そしてエピソードでした。

ファーギーの歌唱力、表現力はハンパではありませんでした
彼女の登場するエピソードで、少年時代のグイドが彼女にお金をあげて・・・というシーンがあるのですが、観ていてとても切ないというか・・グイドの笑顔がたまらなくやるせなかったです・・。

グイド監督の妻・ルイザを演じたマリオン・コティヤールはショートカットが似合いますね(^^♪。

パブリック・エネミーズ」の時より本作の方が私的には素敵だと思うなぁ・・。
というかとても好みです!失礼いたしましたm(__)m。

こんな素敵な奥さんがいるのに、グイド監督は欲張りですねぇ。

やがてグイドはスランプから抜け出し、新作へ情熱をたぎらせるのですが・・。
ここのプロセスがよく解らんかったですな。
あれっ??いつのまにスランプ抜けたんかな〜??ちゅう感じでした・・。私だけか・・?

「Be Italian ! 明日など考えずに今日を生きろ!」
あの歌がこの映画の魅力を決定づけていると言っても過言ではないでしょう。
もう1回、観たいです〜(^^♪!



ひきばっち的満足度★★★★





『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (6)   トラックバック (44)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 番外編・舞台・「農業少女」 | トップ | 「渇き」 »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんちゃー! (KLY)
2010-03-22 10:38:48
ファギーは流石の本職だよねぇ。参った!もう見とれてましたよ、メッチャクチャかっこいいし♪ケイトの「CINEMA ITALIANO」も捨てがたい素晴らしさでした。
最後に全員登場するときのソフィア・ローレンとかもうすっごい貫禄!並み居るオスカー女優なんぞなんのその、「私がソフィア・ローレンよ!」と言わんばかりの存在感にもう「うひゃ〜、あんたにゃかなわないい!」って脱帽でした^^
KLYさん こんにちは♪ (ひきばっち)
2010-03-22 19:03:01
ファギーはさすがシンガーなだけありますよね〜(^^♪。
情熱的な歌と踊りに、虜になってしまいました。彼女はオーディションを勝ち抜いて選ばれただけあります。感服いたしました。
「CINEMA ITALIANO」もよかったですね〜。
スピード感のある陽気な曲とダンスがケイト・ハドソンのイメージにピッタリでした。

仰るとおり、ソフィア・ローレンがいなかったらこの映画は成り立たないっすね。
メインキャストで唯一の“Italian”だということもありますし、その笑顔や立ち居振る舞いに余裕を感じさせますよね。
まさに格の違う存在感でした!

Unknown (かのん)
2010-03-23 10:17:48
正直なところ全体的な物語の印象はやや薄いんですけど、それぞれのミュージカルシーンのインパクトはかなりものなんですよね。ふとしたときに気付くと「CINEMA ITALIANO」を口ずさんでます(笑)。
こんばんは☆彡 (ひろちゃん)
2010-03-24 01:08:34
豪華な女優陣のそれぞれのパートは
素晴らしかったのですが、作品全体としたら
過度な期待ゆえ、ふつ〜〜って感じになってしまいました(^_^;)
ひきばちさんは、満点評価ですごい(笑)
ファーギーはさすがミュージシャン!迫力ありましたよね〜。
あと、ケイトの歌とダンスも陽気なイタリアーノって感じでウキウキしちゃいまして、私は好きなしーんでした。これだけ豪華な女優陣ですもん、男性の方は、たまりませんよね〜(笑)
ひきばっちさんが言われるように、確かに
1人の女性を囲む7人のイケメンのお話だったら、私のテンションももっと上がったのかもしれません(爆)
かのんさん こんにちは♪ (ひきばっち)
2010-03-25 08:33:54
レス遅くなりまして失礼いたしましたm(__)m。
たしかに、ストーリー的には、どうということはなかったですね。
やはりミュージカルの部分がゴージャスでした(^^♪!
「CINEMA ITALIANO」インパクトありましたね!
ケイト・ハドソンのイメージにピッタリの楽曲で、この映画一番の盛り上がりでした。

オスカー未受賞の二人(ファーギー、ケイト)に、最高の見せ所をまかせるとは、マーシャル監督もニクい采配です(^^♪。




ひろちゃんさん こんにちは♪ (ひきばっち)
2010-03-25 11:40:58
そうですね〜、私はたまたま期待しないで
観れたので・・。

満点じゃないですよ(^^♪★四つです〜。

それにしても、やはり男性は評価高くつけちゃうかもですね〜。
だってペネロペ、ニコール、マリオン・・あぁ、恋のからくり夢芝居・・(古いなオレも)。

やはり、男女逆バージョンも作るべきですよね!ジョニー・デップ、クリスチャン・ベイル、ダウニー・Jr.・・・。
いいかもしれない(^^♪!

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

44 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
NINE (LOVE Cinemas 調布)
フェデリコ・フェリーニ監督の名作『8 1/2』を基にしたトニー賞受賞の同名ブロードウェイ・ミュージカルを映画化。監督は『シカゴ』のロブ・マーシャル。主演のダニエル・デイ=ルイスを始め、マリオン・コティヤール、ペネロペ・クルス、ジュディ・デンチ、ニコール...
豪華ミュージカル映画<NINE(ナイン)> (美味−BIMI−)
舞台はイタリア――。 天才映画監督のスランプ。 彼に夢中な女達。愛を選びきれない男。 彼が見つける9つめの愛とは? 世界は、男と女で出来ている。。。   見終わった後、踊りだしたくなる映画でした!   歌もまた、耳に残ります!とくに「CINEM...
NINE (ともやの映画大好きっ!)
(原題:NINE) 【2009年・アメリカ】試写で鑑賞(★★★★☆) 1963年にアカデミー賞を受賞したフェデリコ・フェリーニ監督の「8 1/2」。 この作品の半歩進んだ解釈を加え、1982年にブロードウェイ・ミュージカルとして上演された作品を映画化。 ミュージカル版は同年...
NINE (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『映画史上最もゴージャス&ファッショナブル!』  コチラの「NINE」は、フェデリコ・フェリーニ監督の「8 1/2」を半歩進んだ解釈に音楽とダンスを加えミュージカル化した舞台を「シカゴ」、「SAYURI」のロブ・マーシャル監督が映画化した3/19公開のミュージカル映...
NINE (Diarydiary! )
《NINE 》 2009年 アメリカ映画 − 原題 − NINE 映画監督のグイ
NINE(2009) (銅版画制作の日々)
 世界は、男と女と愛でできている。 MOVX京都にて鑑賞。贅沢な作品ですよね。これだけ凄いキャストを揃えた映画はなかなか観ることはないでしょうね。目移りするくらい素敵な女優陣に囲まれた監督グイド役にはあのダニエル・デイ=ルイス。そういえば、2007年の「ゼ...
『NINE』 (めでぃあみっくす)
シネマ・イタリアーノ!そう歌いながら、ずっとこの雰囲気に溺れていたいと思える映画でした。別にストーリーは特別面白いとかいう訳ではないのですが、あの7人の女優陣による、それぞれのミュージカルシーンがとにかくいい!個人的にはもっと見ていたくなるほどに、雰囲...
NINE / NINE (勝手に映画評)
フェデリコ・フェリーニの映画『8 1/2』を下地にしたブロードウェイ・ミュージカル『NINE』の映画化。映画下にしたミュージカルの映画化って、何かグルグル廻っている気がしますね(笑)。最初、なんで舞台がイタリアなんだと思いましたが、フェデリコ・フェリーニの話を下...
♪☆『NINE』☆♪ (〜青いそよ風が吹く街角〜)
2009年:アメリカ映画、ロブ・マーシャル監督、ダニエル・デイ=ルイス、マリオン・コティヤール、ペネロペ・クルス、ジュディ・デンチ、ケイト・ハドソン、ニコール・キッドマン出演。
NINE (★YUKAの気ままな有閑日記★)
そろそろ春休み〜観たい映画がテンコ盛りまずはコチラから・・・【story】イタリア、ローマにある映画スタジオで映画監督グイド・コンティーニ(ダニエル・デイ=ルイス)は頭を抱えている。撮影開始も間近だというのに、脚本は白紙のままなのだ。苦しみの果てに、彼は自分...
NINE/ナイン (いい加減社長の映画日記)
ミュージカルは、比較的苦手な分野ではあるのだけれど。 これだけ美女が集まれば、観ないわけにはいかんでしょ。 というわけで「NINE/ナイン」を、金曜日の夕方に鑑賞。「UCとしまえん」は、金曜日の夕方にしては多いような。 「NINE/ナイン」は、大きめのスクリーン...
[映画『NINE』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆何の予備知識もなく、何か絢爛豪華なイメージだったので、楽しみにして映画館に向かった。  粋なプレイボーイの映画監督の、これまでの女性遍歴と、現在の女性関係・映画監督としての行き詰まりの物語で、  はじまってすぐに、「ああ、これはフェリーニ監督の物語か...
NINE / NINE (我想一個人映画美的女人blog)
{/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click フェデリコ・フェリーニ監督作「8 1/2」(1963年)を原作とする、 ブロードウェイ・ミュージカル 「ナイン(Nine)」 (1982年初演)をさらに映画化{/ee_3/} ...
「NINE」 (みんなシネマいいのに!)
 自分はダンスが好きなので、ちょっとでも踊りが入っていたら極力観にいくようにして
NINE (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
超豪華キャストのミュージカルは、全盛期のイタリア映画への敬意に満ちている。1964年のイタリア。世界的な映画監督のグイドは、新作映画のクランクインを前に、深刻なスランプ状態だ。脚本が1行も書けずにパニックになり愛妻のルイザに助けを求めるが、グイドには妻以外...
NINE (そーれりぽーと)
1月9日の記事で豪華すぎて楽しみって件を書いた『NINE』が公開されたので、早速観てきました。 ★★★ 『8 1/2』に1/2足した本作よりも、引いた『8人の女たち』に軍配。 豪華! →贅沢 →もったいない そんな感想で、尻下がりに盛り上がりに欠けたブツ切りミュージカ...
NINE (C'est joli〜ここちいい毎日を〜)
NINE’09:米 ◆原題:NINE◆監督: ロブ・マーシャル「SAYURI」「シカゴ」◆出演: ダニエル・デイ=ルイス、マリオン・コティヤール、ペネロペ・クルス、 ジュディ・デンチ、ケイト・ハドソン、ニコール・キッドマン、ソフィア・ローレン、ファーギー ◆STORY◆...
NINE (悠雅的生活)
想像力は神の庭。
★「NINE」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
オスカーなどの賞レースではぱっとしなかったみたいですが、 ひらりん的にはニコちゃん・ペネちゃんの初共演作ってことで、 久しぶりに週末のナイトショウに足を運びました。
NINE (あーうぃ だにぇっと)
この映画を観てからかなりの時間が経過した。 さまざまな苦労とドラマがあったのだが、ここには書けないのが残念だ。(笑) マスコミ試写は大人気。 そのわりに、メディアからのプロモートが少ない。 いつも読んでる毎日新聞金曜夕刊の映画評もたったの19行300字...
『NINE』とは、8.5+0.5? (映画のブログ)
 1960年代、チネチッタ、モノクロ、映画監督を取り巻く美女たちとくれば、大傑作『8 1/2(はっか にぶんのいち)』だ。  『8 1/2』の題名は、フェ...
NINE/ダニエル・デイ=ルイス、マリオン・コティヤール (カノンな日々)
『シカゴ』のロブ・マーシャル監督が超豪華なキャストを配してブロードウェイ・ミュージカルでトニー賞を受賞した「NINE」を映画化した作品です。久々の超大作ミュージカル映画にかなりワクワク楽しみにしてました。 出演はその他に、ペネロペ・クルス、ジュディ・デン...
NINE (Akira's VOICE)
男は女性がいないと生きていけません!  
NINE (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
スタジオに入っても、全く脚本のアイデアが浮かばない映画監督グイド(ダニエル・デイ・ルイス)が途方にくれている。彼がアイデアをひねり出そうと悪戦苦闘する様子を、関係ある女性たちがパフォーマンスを披露する。どの女優もいいのだけど、イタリアの母とも言えるソフ...
『NINE』 (Cinema + Sweets = ∞)
この春話題のミュージカル映画『NINE』。 先日、PROUD×CSGyao PRESENTS の試写会でよみうりホールで少し早めに観賞することが出来ました。 あいにくの雨の日の試写会でしたが、客入りが悪いようで2階席はかなりガラガラの状態でした。 ミュージカル映画は敬遠される人...
「NINE」期待したほどでは・・・ (ポコアポコヤ 映画倉庫)
内容があまり・・・つまらなかったです。 えっ?!これで終わっちゃうの??って一瞬焦りました・・・。3つ☆〜3つ☆半(☆の殆どはペネロ...
「NINE」 遅すぎた成長 (はらやんの映画徒然草)
死んだジャンルと思われていたミュージカル映画を見事復活させ、活況にしたきっかけは
NINE☆独り言 (黒猫のうたた寝)
フェディリコ・フェリーニの『8 1/2』は観ていない作品。その映画がベースとなってミュージカルになった『NINE』で、その映画化が本作だということです。結局、また映画に戻ったっていうことなのかな?(笑)新作の脚本が書けない著名な映画監督グイド。どうにかしようにも...
■映画『NINE』 (Viva La Vida!)
フェデリコ・フェリーニ監督が1963年に製作した映画『8 1/2』をミュージカルにして、物語を半歩前進させた映画『NINE』。 『シカゴ』のロブ・マーシャルが監督しています。 才能ある映画監督の“選ばれし者の恍惚と苦悩”を描いた作品とも言えますが、「妻も愛人もマ...
★NINE(2009)★ (CinemaCollection)
NINE世界は、男と女と愛でできている。映時間118分製作国アメリカ公開情報劇場公開(角川映画=松竹)初公開年月2010/03/19ジャンルミュージカル映倫G【解説】イタリアの巨匠フェデリコ・フェリーニ監督による不朽の名作「81/2」を基にしたトニー賞受賞の大ヒット・ブロー....
シネマ・イタリアーノ〜『NINE』 (真紅のthinkingdays)
  NINE  1965年、ローマ。チネチッタ撮影所では、マエストロと呼ばれる映画監督グイ ド(ダニエル・デイ=ルイス)が、新作映画『ITARIA...
NINE (心のままに映画の風景)
1964年イタリア。 映画監督グイド・コンティーニ(ダニエル・デイ=ルイス)待望の新作は、撮影開始目前で脚本が未完成で白紙状態。 プレッ...
NINE (映画通信みるみる)
この映画のパンフ、900円 (T^T) ナインだからか〜。 グイド♪グイド♪グイド♪ グイド〜〜♪ 監督のイマジネーション劇場。 悩んでるのか...
NINE (必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー!)
[ミュージカル映画] ブログ村キーワード ↓ワンクリックの応援お願いします↓ おみくじ評価:大吉 2010年21本目です。 【あらすじ】 1964年、イタリア。 最新作「ITALIA」の脚本がなかなか書けず、苦悩する映画監督のグイド・コンティーニ(ダニエル・デイ=ルイ...
NINE (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜)
評価:★★★【3点】 今週、もっとも期待した本作!・・・でしたが
NINE (Movies 1-800)
Nine (2009年) 監督:ロブ・マーシャル 出演:ダニエル・デイ・ルイス、ペネロペ・クルス、マリオン・コティヤール、ジュディ・デンチ フェデリコ・フェリーニ監督の63年作イタリア映画「8 1/2」を元に作られた大ヒット・ブロードウェイ・ミュージカル「NINE」の映画化...
「NINE」感想 (狂人ブログ 〜旅立ち〜)
 1982年にトニー賞を受賞した大ヒットミュージカルを、「シカゴ」のロブ・マーシャル監督が映画化。 ちなみにそのミュージカル、1963年に制作されたフェデリコ・フェリーニ監督の自伝的映画「81/2」が元になっているそうな。マメ知識な。 主演のダニエル・デ....
NINE (ゴリラも寄り道)
<<ストーリー>>1964年のイタリア。スランプ中の映画監督、グイド・コンティーニ(ダニエル・デイ=ルイス)にとって、妻のルイザ(マリオ...
『NINE』 (京の昼寝〜♪)
  □作品オフィシャルサイト 「NINE」□監督 ロブ・マーシャル □脚本 アンソニー・ミンゲラ □キャスト ダニエル・デイ=ルイス、マリオン・コティヤール、ペネロペ・クルス、ジュディ・デンチ、ケイト・ハドソン、ニコール・キッドマン、ソフィア・ロー...
ロブ・マーシャル監督 「NINE」 (映画と読書とタバコは止めないぞ!と思ってましたが…死にそうになったので禁煙か?)
休みの度、映画に行きたいと思いつつ… 公休になると、いろいろ用があったり、お小遣いがなかったりで久しく映画に行けませんでした。 そんな事を繰り返してる内にDVDでレンタルで良いか?ってなっちゃうので 今日は意を決して映画鑑賞 今年劇場4作品目はコチラ↓...
NINE (★★むらの映画鑑賞メモ★★)
作品情報 タイトル:NINE 制作:2009年・アメリカ 監督:ロブ・マーシャル 出演:ダニエル・デイ=ルイス、マリオン・コティヤール、ペネロペ・クルス、ジュディ・デンチ、ケイト・ハドソン、ニコール・キッドマン、ソフィア・ローレン、ファーギーほか あらすじ...
ナイン (EURISKO2005)
 これだけの美女がそろえば,それだけで一見の価値あり。  ミュージカル映画のの大
NINE (小部屋日記)
NINE(2009/アメリカ・イタリア)【Blu-ray】 監督:ロブ・マーシャル 出演;ダニエル・デイ=ルイス/マリオン・コティヤール/ペネロペ・クルス/ジュディ・デンチ/ニコール・キッドマン/ケイト・ハドソン/ソフィア・ローレン/ステイシー・ファーガソン 世界は、...
「NINE」 (シネマ・ワンダーランド)
イタリアの巨匠、フェデリコ・フェリーニ(1920−1993年)監督作品「8 1/2」基にしたブロードウェイ・ミュージカルを豪華な役者陣を起用して映画化した「NINE」(原題=NINE、2009年、米、118分、アンソニー・ミンゲラ脚本)。この映画は世界的...