堤卓の弁理士試験情報

弁理士試験に関する情報を提供します。

特許請求の範囲の補正 弁理士試験 弁理士専攻 代々木塾

2017-07-14 06:53:03 | Weblog
弁理士試験 弁理士専攻 代々木塾

特許出願について最後の拒絶理由通知を受けたので、拒絶理由通知に係る指定期間内に、特許請求の範囲について補正をした。
補正前の特許請求の範囲の記載は下記のとおりである。
【請求項1】成分aと成分bを含む化粧水。
補正後の特許請求の範囲の記載は下記のとおりである。
【請求項1】成分a1と成分bを含む化粧水。
【請求項2】成分aと成分b1を含む化粧水。
成分a1は成分aの下位概念であり、成分b1は成分bの下位概念である。
この補正は、どうなるか。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 特許請求の範囲の補正 弁理... | トップ | 特許請求の範囲の補正 弁理... »

あわせて読む