隠すより現る

こっそり隠しておきたいことは、
隠そうとすればするほど不自然となって、
かえって人に知られやすいということ

この癌は自分が作った癌だから自分が治す

2017年03月13日 05時20分37秒 | 癌と生きる

ある人が言っていた、「自分が作った病気だから、自分で治さなければいけない」と「自分本人でなければ治せない」と妻の「癌」も妻本人が治さなければ治らない病である。

2クール目の「抗癌剤」も、3クール目の「抗癌剤」も3週間目を打つときは「白血球」が600~1500に下がっていて「抗癌剤」が打てなかった。

「抗癌剤」を打つと本人は大変「えらい」。

「抗癌剤」で「癌細胞」を消滅さす薬だろうから、良細胞も当然殺してしまう。毎日毎日が「抗癌剤」との闘いである。

それでも妻は、命と引き換えだから「抗癌剤」と闘うと言う。「抗癌剤のえらさ」の様子を見ている家族は辛く悲しい。

先生は免疫を上げなさいと言うが、免疫を上げる方法を訪ねると、食べたい物を「しっかり」食べて下さいと言うだけ。しかし、「抗癌剤」をしていると何も食べれない。

55gkあった体重も41kg・・・・・

㈱カネカのホームページ

『闘病』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 77才私の誕生日と妻の「癌」 | トップ | 癌との闘い・医者との闘い »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

癌と生きる」カテゴリの最新記事