taka

taka's universe

母の同級生

2017-06-17 06:48:52 | 日記
母宛の郵便物は、実家から私のところへ転送してもらっている

今年の年賀状に、女学校時代の同級生からのものがあった

実は、とお知らせして以来、毎月やりとりをしている

母の病院へ行くときは葉書や手紙を持って行き読んであげる

すると頷きながら聞いてくれる



この方はとても面白い方で、身体はそれなりに具合の悪いところも

あるようだけど、いまでも行動的なご様子

実家にあったアルバムには、同級生の旅行や食事会の写真が

平成になってからのものも整理されていて、その中に

この方の姿もあるし、葉書などもとってあった

何かに、この方について、とてもきれいな方、と書いてあった

病院で、この方が瀬戸内に30年ほど住んでいたらしいねと

話したら、片方の眉を大きく上に引っ張り上げて

驚いたような表情をしてくれた



この方に教えて頂いた女学校時代の別の同級生に連絡を取ってみたら

とても丁寧なご返事を頂き、70年以上昔の事を色々と教えて下さった

ありがたいこと



そうこうするうちに、今度は小学校の同級生からのお葉書が転送されてきた

今は関西にお住まいで、シベリア帰りの98歳のご主人がいるので

中々上京できないけれど、今年は会いたいですね、どうぞお元気でと書かれていた

明日病院へ行くので、葉書を読んであげよう

そして色々と昔のことで知りたいこともあるので、この方にも手紙を書いてみよう



みなさん米寿なのにとてもしっかりとしたお手紙を書かれる

どうぞお元気で

ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 父の終戦翌年の日記 | トップ | 士族だった祖父 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは (ソナ)
2017-06-17 20:33:12
takaさん、すごいことを始めましたね。
お母様のお友達と連絡を取って、またお母様に話してあげて・・・これほどの優しさがありましょうか。
こんな形の親孝行は本当に親を思う気持ちがなければ思いつきもしないです。
お父様に似ていますか、、、お父様の日記からきちんとしたお人柄を想像します。
お手紙にきちんとお返事を出す、その前にお手紙を出すこと自体中々できることではないと思います。
お母様の事が色々解るといいですね。
sonattiさんへ (taka)
2017-06-19 19:24:13
sonattiさんに褒めてもらえるとは光栄です~

ただ年賀状を下さった方に状況をお知らせしなくてはと思っただけで、その延長線上で母の若いころのことを知りたくなっただけです。。。
同級生の方が母のことを美人だったと書いてくれたので、昨日そのことを母に話したら、恥ずかしそうな表情をしていました!
そんな風に母と何かが通じることができるのが嬉しいと思ってます

親に対しても恥ずかしがる気持ちが強くて、あまり昔の話を聞くなどしたことがなかったので、今頃になって父や母のことを調べたりして、、、素直じゃあないもんですから
古き良き日 (megumimaru)
2017-06-20 06:22:57
みんな様々な歴史があるんですね。
時代が時代でなかったら、もっと明るく輝いていたことでしょう。
お母様をやさしくお労りください。
恵丸さんへ (taka)
2017-06-21 05:04:56
有難うございます

思うと、あの頃のことはあまり話したくないのかも知れませんね

平和が当たり前のようになってしまいましたが、貴重なことですね

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む