taka

taka's universe

今年のばら

2017-05-20 05:41:05 | 日記
月に1回上京するときに実家に1時間位寄る

今月分かったことがある

父は海軍技術科で山口県の光にいたようだ

専攻が水雷とあるから回天の製作に関わっていたのか

そこは潜水艦が回天を積んで出撃する基地でもあった

母の長兄は呉で潜水艦に乗り、光から出撃した

父当時24歳と母の長兄当時20歳はお互いに見ず知らず

ながら接点があったことに驚いた

父と母が結婚した終戦後3年経った時

終戦翌年に亡くなった母の長兄は既にいなかった

戦後70年以上平和が続く

貴重な事だとつくづく思う



その実家の庭に母が世話をしていたばらがある

大きな花が咲いていることを期待して行ったのだが




わずかに一輪ずつしか咲いていなかった

もう1年半手入れをしていなかったから。。。

何とか復活させてあげたい



我が家のベランダのばらはというと

毎日アブラムシを指でつまんでいる効果か

今のところ大きな被害にあっていない

どんどんつぼみが大きくなってきている




世話をすればその分応えてくれるんだね

平和ならではのこと
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 母の米寿 | トップ | 祖母の甥 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
平和のバラ (megumimaru)
2017-05-22 06:26:32
おとなしい、静かな薔薇です。
我が地の海岸べりの穴は回天出撃を模索していた穴。
ベニヤで出来た回天なんて虚しいね。あってはならない・・・・。
恵丸さんへ (taka)
2017-05-23 04:59:32
一昨日江田島へ行ってきました
まだほんの少年や成人したばかりの若者が、母さん、靖国神社へ来て下さいね、と書き送る心境。。。

海軍兵学校最後の数年間の卒業生が、全卒業生の半分を占めるほど多く、戦死率も高かったそうです
あってはならないことですね

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む