梅之芝居日記

歌舞伎俳優の修行をはじめてから15年がたちました。
日々の舞台の記録、お芝居ばなし等、お楽しみ下さい。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

七年前の十一月

2005年11月16日 | 芝居
私にとりまして、十一月は思い出深い月です。といいますのは、今から七年前、平成十年の十一月から、師匠梅玉のもとでの修行が始まったからなのでございます。
大阪松竹座での<十一月大歌舞伎>。この興行の昼の部で上演された『花桐いろは』が、<三代目中村梅玉五十年祭追善狂言>と銘打たれておりました。
地方公演での<初仕事>。前月が名古屋の御園座でしたので、ホテル暮らしには慣れたものの、師匠の仕事をしながら自分の役も勤めるということは全くの初体験。しかもこの月は、昼の部では師匠が『花桐いろは』の主演で、タイトルロールの歌舞伎役者役を演じ、劇中劇の『お夏笠物狂い』の娘姿から普通の男姿、そして数十年後の老人の姿へと早ごしらえの連続、そして続く播磨屋(吉右衛門)さんの『一本刀土俵入』では辰三郎、夜の部では『保名』を踊られ、切の『松竹梅湯島掛額』では寺小姓吉三郎という計四役。お出にならないのは夜の序幕の『一條大蔵卿』と『女伊達』だけでした。そして私は『花桐いろは』で芝居見物の町人と旅の巡礼客の二役に『一本刀土俵入』の町人、『一條大蔵卿』の腰元、『松竹梅湯島掛額』の捕手と計五役。師匠の用事と自分の出番で楽屋と舞台を往復しっぱなし。もちろん、私だけが忙しいのではなく、兄弟子方もみなさん四役五役を勤めていらっしゃり、みんなで忙しく働いていた記憶がございます。
新参者ですから、衣裳を着せたり後見をしたりということはございませんでしたが、楽屋作りから始まって、師匠のお迎え、お見送り、<おか持ち>を持って師匠について回ったり。初めて立ち会う<こしらえ場>の緊張感にドキドキしたり、なにもかもが初体験でしたから、慌てたりまごついたりときに失敗してしまったり、周りの方々にはご迷惑をおかけしてしまいましたが、皆さんが親切に一から教えてくださいましたし、師匠もいろいろと話しかけて下さり、そんなおかげでなんとかくじけずに働くことができました。
ところが、やはり気がつかないところで疲れが溜まっていたのでしょう。後半でひどい風邪をひいてしまい、忙しい仕事がさらにしんどくなってしまったり、水が合わなかったのか、女形の化粧で肌がひどく荒れてしまったり。大変なこともありました。一日が終わっても、今のように夜の街に繰り出す力もなく、コンビニ弁当ばっかりでした。
ともあれひと月なんとか無事に終わったときは、安堵感と、東京に帰れる嬉しさでいっぱいでしたが、翌十二月の歌舞伎座でも、今度はインフルエンザにかかってしまったのですから、今思えば、あのころは相当<無理に>頑張っていたのかな、と思います。
…それから七年! 早いものです。歌舞伎役者として生きてきて、本当にいろんなこと、いろんな出会いがありました。それらを糧に、少しずつでも成長していければと常々思っておりますが、まだまだ未熟ですね…。
コメント (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 歌舞伎座のお祭り | トップ | 京都での生活は »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
11月は (梅ごよみ)
2005-11-16 15:29:26
江戸歌舞伎では芝居国の正月。

いろいろ感慨深いものがありますね。

一月は梅玉さんの八汐、楽しみにしておりますが、梅玉さんの女の拵えは、上記の「花桐いろは」と「扇屋熊谷」ぐらいでしたか?

ちなみに国立の研修所を三月(?)に出て、四月から十月まではフリーで十一月から個々の幹部さんに弟子入りするシステムなんですか?

梅ごよみ様 (梅之)
2005-11-16 23:50:03
師匠の女形姿は、最近ではおっしゃられた二つと、あと青山学院のイベントで一日だけ演じた『三人吉三?大川端』のお嬢吉三くらいですね。

研修生の弟子入りの時期についてですが、基本的には、夏の勉強会が終わるまではフリーで、その後徐々に決まって参ります。私も、本来なら十月の国立劇場からつくこともできたのですが、先に名古屋御園座に研修生全員で出演することが決まってしまったので、十一月からとなりました。また、本文に書き忘れてしまいましたが、このときはまだ<近藤太郎>のままでした。正式入門を一月の歌舞伎座で行うことになっておりましたので。<中村梅之>の芸名を名乗るようになったのは、平成十一年一月からということになります。…研修生の入門の流れは、期によって変更があったりしますので、ここでの話はあくまで十四期での場合だということも、お断りしておきます。
初… (はなみずき)
2005-11-17 09:02:22
梅之様の「新人」生活時代、大変興味深いお話でした。読み進めるにつれて、ドキドキしたり、安心したり…。今更ながら、「がんばれーっ」と叫んでしまいました。

思い出の「初台詞」、「初黒子」などありましたら、いずれお聞かせくださいませ(以前の記事にありましたらゴメンナサイ…。)

あわせて読む

関連するみんなの記事