Chimney角屋のClimbing log

基本的にはクライミングの日記ですが、ハイキング、マウンテンバイク、スキー、スノーボードなども登場するかも・・・。

アウトバックのクルーズコントロールがらくちん

2017-07-18 22:05:13 | SUBARU AUTOBACK

 

 

 

よく山に行きます。出発はだいたい夜中。早くついて仮眠をとりたい。そして山を楽しんでからの帰り道の運転を考えると、できるだけ車の運転は楽なほうがいい。

XVのクルーズコントロールには助けれましたが、今度のアウトバックC型はさらに楽になりました。単一車線中央維持機能というのは、同じ車線を走っている限り、半自動運転といえるでしょう。スバルはあくまでもドライブアシストであり、「自動運転」という言葉は使っていませんが、先行者と車間を保ちながらステアリングも操作してくれるので、とても精神的にらくちんです。でも、全く人間が操作にかかわらなくなると警告してくるので、寝ててもいいわけではありません。

渋滞にはまった時のクルーズコントロールには助かります。XVのコントロールは完全に停止してしまうとフットブレーキを踏まなければならなかったのですが、アウトバックC型では、停止すると自動的にサイドブレーキが利いて「ホールドモード」になるので、足を使う必要がありません。再スタートは親指でスイッチを操作数るだけです。これはとても楽。

 

遠くまで遊びに行く人には、とても頼りになる車です。

ジャンル:
運転・道路
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アウトバックで実家に行って... | トップ | 五葉山(北上山地) »
最近の画像もっと見る

SUBARU AUTOBACK」カテゴリの最新記事