Chimney角屋のClimbing log

基本的にはクライミングの日記ですが、ハイキング、マウンテンバイク、スキー、スノーボードなども登場するかも・・・。

友達のスバルアウトバックで山へ

2015-09-23 01:04:39 | SUBARU XV

シルバーウィーク真っただ中の深夜。アウトバックを購入したばかりの友人と山(ロッククライミング)に出かけた。

今までは彼と一緒に山に行くと時は、私のXVで出かけていたのですが、今回は彼が新車を購入したので、そのアウトバックで出かけることにしたのです。行きは私が運転。深夜10時に品川の我が家を出発。首都高の入り口は我が家の近くで、中央道の「須玉」を目指す。

「でかすぎる」というスバルファンの声が多いけど、運転してみると、私のXVと比べても違和感は全くない。

でも質感ははっきりいってアウトバックの方が上質なのは当然。それだけでもこの車を選ぶ価値がある。

私はスバルの車は「レオーネ」「アルシオーネ」「フォレスター1」「フォレスター2」と乗り継いできたので、分かることなのだが、進化していることはもちろん、どの車種に乗り継いでも、スバルの車は違和感がない。他にも父親のレガシーも運転したし、友達の最新フォレスターも運転した。

私はレンタカーで他のメーカーの車を運転することも多いが、やっぱりスバルの車は安心感がある。慣れていると言うだけのことではなく、ハンドリングや車の挙動に安定感があるし、4輪の制御がきわめて緻密な感覚だ。そこに来て、最近はアイサイト搭載車の安心感もある。

「挙動」に関してだが、まずコーナリングの安定感。ただサスが固いだけではなく、粘り強く抑え込むようなロールはフォレスター以降、共通した感覚だし、ブレーキのフィールも今まで乗った車に共通している。それがSUVで実現されていることが素晴らしい。他社の車(国産車)は車種ごとに運転感覚が全然違う。でもスバルの車はどの車に乗っても、良い意味でドライビングフィールが共通している。もちろんその車が得意とするフィールドが違うので、それなりの味付けは違うのだろうが、一般的なドライバーにはありがたいことだし、「次もスバルにしよう」と思わせるファクターだと思う。現在私はスバルXVと日産セレナの2台を運転しているが、2台持ちならばアウトバックとインプレッサ、またはフォレスターとBRZというのは楽しそうだ。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« シルバーウィーク小川山 「... | トップ | 登らない甲府幕岩の1日 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL