Chimney角屋のClimbing log

基本的にはクライミングの日記ですが、ハイキング、マウンテンバイク、スキー、スノーボードなども登場するかも・・・。

スポルティバ ボルダーX Midの試し履き評論

2014-07-11 22:43:54 | 山とクライミングの話

買ったばかりのアプローチシューズ「スポルティバ ボルダーX Mid」をはいて10kmほどのお散歩に出掛けました。台風一過の猛暑と夕立。強烈な湿気でおお汗をかいての散歩でした。

 このアプローチシューズ、今まで履いていた5.10のアプローチシューズの後継として手に入れたのですが、この靴を選ぶときの条件は、登山靴より軽快に歩けて防水性能が良いということでした。つまり、今まで履いていた5.10のアプローチシューズのように、岩場の多い山を2~3日かけて縦走出来る靴と言う条件でした。

これが履きつぶしてしまった5.10のシューズ。アプローチシューズではありますが、フリークライミングのアプローチにはオーバースペック。むしろ岩稜歩きや夏場の山岳クライミングルートでのアプローチに活躍しました。それと雨の日の犬の散歩。何しろ濡れた岩に強く、ゴアテックスも使ってあるので、本当に重宝するシューズでした。しかしミッドソールのウレタンがボロボロになってしまい、もう使用不可能でした。ご苦労様でした。

さて、「スポルティバ ボルダーⅩ Mid」はどんな感じでしょうか。

まず、靴に足を入れた時に感じるのは、かなりしっかりした靴だと言うこと。足形にもよりますが、私の足には隙まなくフィットします。靴ひもを締めあげると足全体がよく締まり、5.10のルーズ感とは対照的です。

歩き始めてみると、登山靴を履いた時のように、足ががっちりと守られているような感じ。しかし、登山靴のようなぎくしゃくとした歩きにはならない。拇指球から先の反り具合によって、スムーズに体が前に出る感じです。平坦な道を長く歩くには疲れなくて済みます。この点は、5.10も良かったのですが、5.10はソールの反りというより、ソールの柔らかさによって歩きやすさが生じていたように思います。「ボルダーⅩ」は、5.10に比べて、足の左右へのぶれが少なく、足がまっすぐ出ます。ですから足の自由度は5.10のほうが高く、ボルダーⅩは悪い道でも足を守ってくれそうな感じです。

今日は雨上がりだったので、濡れた鉄板の上や木の上でも試してみました。

お店でボルダーⅩのソールを触ってみた感じでは、他のビブラムよりゴムが柔らかく、「これは5.10に匹敵するフリクションかも」と思いましたが、流石に5.10のソールにはかないませんでした。でも、今までの登山靴に使われていた一般的なビブラムより、ウェット性能は上がっていることは確かなので、山になれた人には十分でしょう。

総じて言えば、ボルダーⅩはより足の保護を重視したアプローチシューズであり、より平坦な道を長く歩きやすくした登山靴であると感じました。使い方とすれば、無雪期の岩場の多い縦走や、足場の悪いクライミングのアプローチ、そしてやさしい山岳クライミングルートに適したシューズとして良くできた靴だと思います。

 

フィット感  ボルダーⅩ 5点   5.10 4点

サポート性         5点         3点

安定感            5点        4点

軽快感            4点         5点

剛性             5点         3点

フリクション         3.5点        5点

エッヂング性能       3点         4点

軽さ              4点         5点

オシャレ           4点          3点

 

以上、私の評価ですが、実際山で遣ってみたらちょっと変わるかも知れません。

 

 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 我が登山史10(私を導いて... | トップ | 我が登山史11(登れたグレ... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL