Chimney角屋のClimbing log

基本的にはクライミングの日記ですが、ハイキング、マウンテンバイク、スキー、スノーボードなども登場するかも・・・。

「クライマー パタゴニアの彼方へ」を見に行った

2014-09-03 00:52:35 | 山とクライミングの話

昨日9月1日。月曜日で、いつもなら山かクライミングに出かけているはずだが、天気も悪いし、会の集会日でもあるので、映画を見に行った。

「クライマー パタゴニアの彼方へ」と言うドキュメンタリー映画だ。アルパインクライマーなら、この映画が公開されていることくらいは知っているだろう。実際映画館に行ってみると、月曜日の真昼間にも関わらず、ほぼ満席。見渡してみると、まあクライミングには関係なさそうな人も半数以上いるけれど、クライマー注目の映画には違いない。何せ舞台が彼の有名な「マエストリ」の「コンプレッサールート」で、それをトライする「デイビット ラマ」自身も、撮影クルーがボルトを打ち足したことで批難を受け、ずいぶんと話題になった。その記録が映画となって公開されるのだから、クライミング界では注目されるはずではある。

登場する「ジム ブリッドウェル」の言葉だったか、「夢を持つな。信念を持て」と言っていたが、私なんか「信念」はなかったが「セロ・トーレ」は「夢」の山頂だった。本気でアルパインクライミングをやろうと思ったものなら、きっと「セロ・トーレ」を登ってみたいと思ったことがあるのではないだろうか。でもこの映画を見て、「ああ、自分には無理だったなあ」と諦めがついた。まあ時間的にも無理だが、チャンスを待つ忍耐が無理だ。本当に信念が無ければチャンスを待つことが出来ないだろう。

もちろんルート自体の難しさは伝わってきたが、映画で知ったのは、「コンプレッサールート」のボルトが一部撤去された直後にフリーで登ったのだと言うこと。ボルトが撤去されたのを知らされたラマの平然とした態度は演出なのか本心なのかと、穿った見方をしてはいけないのだろうけど、普通のクライマーならその時点で諦めるか、ボルトを打ち直すことを考えるのかもしれない。そしてボルトを撤去したチームも世間から猛烈に批難されていたのだと言うこと。これは私は分からない。彼らのしたことは「ラマ」のチームにとっては妨害だったかもしれないが、それを除外すれば全く間違ったことはしていないと、私は思う。

「ラマ」のすごさがテーマだったのだろうか。「セロ・トーレ」の厳しさがテーマだったのだろうか。それとも「アルパインクライミング」の魅力なのか。しかし私の関心ごとはアルパインクライミングのモラルだった。そして自信満々だった「ジム ブリッドウェル」が背中を向けて去っていく姿が一番印象的だった。

見に行って良かった。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 岳友の墓の前で | トップ | この子たちこそ「世界文化遺産」 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL