たからひかり薔薇が咲く

極寒の薔薇と柴犬爺ちゃん

JR 釧網線 茅沼駅~さようなら五十石駅

2017年06月18日 08時50分55秒 | 駅・鉄道
釧路から網走方面の道すがら立ち寄った茅沼駅

広大な釧路湿原の東端に位置します






車輪のオブジェを駅舎左に





案内板を駅舎すぐ脇に







駅舎入り口には鶴が対になり





有人駅の頃に駅員が餌付けした丹頂が来る駅
として知られます










ホーム側の駅舎





釧路方面






網走方面














何度か乗車した事がある釧網線
次の駅は五十石(ごじっこく)駅と記憶して寄ってみました


五十石駅は古い車両にペインティングして
駅舎として利用していました




そこにはもう「五十石」の名前は無かったのです


クレーンの付いた車両や工事関係の車両が
狭い駐車場に立ち並び、古い駅舎を撤去しようと
作業に掛かるその時でした





JR釧網線 五十石駅は2017年3月に廃駅に
なっていました



そんな日に立ち寄ってシャッターを切れずに
戻って来ました
とてもそのような雰囲気ではありませんでした





地元の方はお寂しいでしょう



1927年(昭和2年)から90年間大変お疲れ様でした



さようなら五十石駅



(五十石駅写真は引用)



ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日陰の軍団 | トップ | ダブルノックアウト開花 今年... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは✨ (なおちゃん)
2017-06-19 17:28:58
やはり、無くなるのは寂しいですね!
利用者が少ないと、廃線になったりとこれが現実なんでしょうか

釧路~斜里までは、時間はどれくらいかかるのですか?
金額はかなりですね..
こんばんは! (なおちゃん)
2017-06-19 18:22:25
まさか、駅舎撤去の場所に遭遇するとは思わなくて絶句しました

五十石駅の利用者は1人になっていたそうです…


暫く汽車に乗っていないけど確か2時間半くらいだったと…遠いのです(><)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL