takapyonaの美味的生活

美味しいもののためならエンヤコラ。
食材求めて自転車こいでる瞬間にシアワセを感じる私のブログへようこそ。

パノラマ・ライトスタンド1で観覧♪感動の『第27回 なにわ淀川花火大会』 《 in 大阪 》

2015年08月08日 | つれづれ日記

大阪に引っ越す前も引っ越してからも、色んな面白いイベントに誘ってくれたり、ずっと私の面倒を見てくれている従姉のKちゃんに誘ってもらい、『第27回 なにわ淀川花火大会』に行って来ました。

Kちゃんと、Kちゃんの旦那さんOさんは、花火大会に今までもよく行っていたそうですが、混むのが苦手で夏のイベントにも消極的な私とTH(夫)は、近くを通りかかった時や、家のベランダから遠くに見える花火大会を見たことはあるけれど、わざわざ行く花火大会は今回が初めてでした。

せっかく4人で行くなら!と、Kちゃんが座って見られる有料席を探してくれました。
観覧有料席一覧はコチラ
有料席にもピンからきりまでありますが、Kちゃんが調べて購入してくれた『パノラマ・ライトスタンド1(収容人数4,000名)』は、ローソンでの購入で、1人3,108円也。

花火大会は8月8日でしたが、Kちゃんがチケットを購入してくれた7/20には、一番人気の『パノラマ・レフトスタンド1(収容人数3,300名)』は、既に完売だったそうです。

でも、結果的には、『パノラマ・ライトスタンド1』は、それ程スペースも混んでいなかったし、上の花火も下の花火も大きく綺麗に見えて、とても良かったです


花火大会はPM7:50~ PM8:40でしたが、開場はPM4:00からでした。
『パノラマ・ライトスタンド1』を含むパノラマ席は、全席指定ではなく、決まった土手のスペースに、来た人から順に席を確保していきます。
なので、見やすい土手の上から席はどんどん埋まり、土手の下の方だと仮設トイレが邪魔で下から上がる花火が見えにくいそうなので、土手の上の席を確保すべく、PM4:00前に最寄り駅に到着しました。

が、電車に乗っている途中に大きな雷がどーんと落ち、最寄り駅についても、ぽつぽつ→ザーッとゲリラ豪雨になりました
傘も持たずに来たので、途中で見つけたマンションの駐車場にて30分位雨宿りさせてもらいました。 
いい場所に雨宿りできる場所があってヨカッタ。

大ぶりの雨が大分小雨になったので、ぼちぼち会場に歩き出してみると、「雷警報が出ていて、会場に落ちる可能性があるので、会場にはまだ入らないで下さい」というアナウンスが流れていました。

一体どうなるんだろうと思いましたが、まあ大丈夫だろうと思いながら待っていた所、途中ポツポツふったりやんだりでしたが、しばらくたつと止みました。
良かった~


こちらは、淀川の向こう岸の景色です。
梅田のビル群。あちらのビルからも花火大会がきれいに見えるんだろうなあ。

 

無料席はこんな感じです↓。

『パノラマ・ライトスタンド1』は、この程度↓の人の入りでした。
大雨が降ったから、人が少なかったのかな?
入場の時、お尻がちょこんとのっかる位の小さな敷物を1人1枚ずつもらい、本来はその上に座って詰めて観覧、というイメージだと思いますが、この日は思っていた程は混んでいなかったので、その敷物のスペース以上にゆったり座れました。 

会場入りしたのは、多分PM4:30過ぎだったので、花火が始まるまでの3時間半近く、持ち込んだビールや食べ物を飲み食いしつつ、おしゃべりしつつ、花火が始まるのを待ちました。
4人でいたので楽しく時間は過ぎていきました(が、やっぱり4時間近く地べたに座ったままは長かった)。
ネットもつながりにくい環境なので、つきあい始めのカップルとか、気まずい人と一緒に行ったら(行かないか笑)、かなり時間を持て余すだろうなと思いました。蒸し暑いし。

仮設のトイレもいくつもありましたが、手を洗う場所がなかったので、ウェットティッシュや除菌ティッシュがあった方がいいかもしれません。
その他、持って行った方がいいかもと思った持ち物は、うちわ、折り畳み傘、食べ物、飲み物、蚊よけスプレー、タオルです。

この日は雨が降った後なので比較的涼しくなりましたが、それなりに蒸し暑かったので、雨の降っていない夏の日は、夜と言えども熱中症になりそうな暑さかも、と思いました。


橋下市長他の挨拶が終わり、ようやく花火の打ち上げが始まりました。
上からだけでなく、下からも、大きな花火が次々に広がって、大迫力!!!

頭の上から降ってくるような大きな花火でした
花火の音も近くなので、ドーンドーンと迫力があります。音楽もとてもイイ!
すごい~~~。キレイすぎーーー。この花火好き~
と、花火が打ちあがる度に叫んでしまい、私が大人しいと思っていたKちゃんの旦那さんOさんに、「○○ちゃんも叫ぶんや」と、驚かれた模様。驚かせてすんません。
因みに、TH(夫)も「すげー。きれー」と横で言っており、従姉のKちゃんが、「○○君(THのこと)も小さな声で叫んではったで」と驚いていました。
どんなけ私達夫婦は静かな人達だと思われているのでしょう

東京の花火大会だと、何十発か打ちあがった後に、煙がおさまるまで間があくのですが、淀川花火大会はお休みナシです。
連続で大迫力の花火が打ちあがります。
油断している暇はありません!!
(最初は、途中でお休みがあるものだとばかり思って、油断してました)

前後のスペースに余裕があったので、Kちゃんと私は、花火が佳境に入ると敷物の上に横たわり、 上から降ってくる花火を、パノラマスクリーンで見るような感じで見ました。
はあ、、、綺麗。
こんなに短い時間で、ここまで感動したことは、かつてアッタダロウカ…。
あまりのすごさに、息をするのを忘れそう。
という程の、感動を有難うです。

最後のフィナーレまで、一度もお休みがなく打ち上げは続きました。

それでは、あまり画像は綺麗ではありませんが、こんな感じの雰囲気だということでお楽しみ下さい。

 

 

 

パノラマビューで、大感動
花火大会って、ものすごくいいもんだね、と、生まれてこのかた〇十年、初めて知りました。

終わって帰る道は、このような混みっぷりです。

最寄り駅から電車に乗るには、1時間か2時間待ちくらいだったので、御幣島駅まで歩きました
最寄り駅でお茶して、家に帰ったのは夜中の12時半。
長い一日だったけど、最高に感動した淀川花火大会の夜だったのでした。

大阪に来て、毎日が楽しいことだらけだったけど、淀川花火大会は最も感動的で印象に残ったイベントでした。
Kちゃん、Oさん、誘ってくれて本当に有難う

『国内旅行』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 熟成肉と本格炭火焼肉のお店『又... | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。