takapyonaの美味的生活

美味しいもののためならエンヤコラ。
食材求めて自転車こいでる瞬間にシアワセを感じる私のブログへようこそ。

地元の人に大人気♪安くて美味しい 『 炭火焼とり 鶏颯(Tori Sou)』 《 松虫 in 大阪 》

2015年07月31日 | 関西・広島のレストラン

大阪に短期で引っ越す時に、従姉Kちゃんのママ友Tさんにご紹介頂き、叔母様(大家さん)のアパートに住めることになりました。
そのママ友Tさんと、大家さんに教えて頂いた『炭火焼とり 鶏颯(Tori Sou)』に行って来ました。
いつも混んでいるため予約は必須だそうで、一週間以上前に予約して伺いました。

食べログはコチラ

こちらは、Tさんと大家さんが「お刺身が好きなら食べるべき」と絶賛されていた「お刺身の盛り合わせ 1,000円」です。
予約時にお願いしておいた方がいいとのことだったので、先にお願いしておきました。
新鮮な肝が入るかどうか当日まで分からないので、あれば出します、とのことでしたが、この日は入荷があったので食べられました
Tさんによると、黄色の肝がなかなか入らない日もあるようです。
黄色の肝も入ってた!ラッキーでした。

さて、実は私はレバー(肝)や羊、ジビエなど、ちょっと癖があったり臭いのあるものが苦手です
でも、新鮮なものは美味しいらしいので、今回思い切ってチャレンジしてみたところ、
むむむ、こ、これは、、美味しい~~~

全然臭みがなく、苦手なねっちょりした食感でもなく、黄色いレバーはとろりとしていて、砂肝もさくさくしていて、なんかめちゃくちゃ美味しいんですけど

つけあわせは、梅肉、にんにくと生姜のすりおろし、わさびにおネギ。
醤油と胡麻油の甘ダレの2種類。
ささみも胸肉も美味しかったのですが、さらにレバーがそれを上回る旨さです。
レバー嫌い克服できた~
と嬉しくなり、「生ビール(380円)」と「いいちこ(300円)」と「杜氏の里(400円)」をちゃんぽんで飲みながら、色々なお刺身を美味しく頂きました。
こんなに量が入って、しかもこんなに美味しくて、1,000円とは驚きです。
今度来ても絶対頼みます。

 次は焼き鳥(タレ)。

 ささみ(塩)は生で食べられるささみなのでレア状態で柔らか、紫蘇巻き。

皮(塩)は香ばしく、つくねチーズもうまし。

 ぼんじり(塩)もぷりぷり。

 ママ友Tさんおススメの「合鴨(塩)」。これも美味しかった~。
「ハーフ&ハーフ(380円)」と一緒に。

 「焼きおにぎり(200円)」が出てきた瞬間、TH(夫)と「でかっ」と顔を見合わせました。
周りが焦げ目がついていて、すごく香ばしくてカリカリで美味しい。こういう焼きおにぎりが食べたかった!!
大家さんによると、数種類ある〆のごはんものも、ボリューム満点でとても美味しいとのこと。
次回、試さねば。と、決意を新たにするのでした。

 「鶏スープ(100円!)」も、すごくいいお出汁で熱々の二乗でとても美味しかったです。
近くに住む祖母にも飲んでもらいたいなと思い、お持ち帰りをお願いしたら、ケースに入れて下さいました。お忙しい中、ありがたや。

お刺身から、焼き鳥、焼きおにぎり、鶏スープに至るまで、全部美味しかったです
そして、安かった~
2人でいっぱい食べて飲んで、4,130円でした。

お店は、地元の常連さんらしき人で満席でした。
さすが大阪の人は、安くて美味しい、いいお店を知ってはるなあ、と思いました。

Tさんに教えて頂いた『ムスビメ』も今回の『鶏颯』も、どちらもすごく気に入ったので、東京に帰る前にまた行きます~。

『グルメ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【灘で酒蔵巡り 3】 『櫻正宗... | トップ | 目で見て食べて♪を味わえる割... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。