takapyonaの美味的生活

美味しいもののためならエンヤコラ。
食材求めて自転車こいでる瞬間にシアワセを感じる私のブログへようこそ。

薪焼きスペイン料理 『bb9(ベベック)』 《 元町 in 神戸 》

2015年07月18日 | 関西・広島のレストラン

大阪から神戸に行って来ました

夕食前に、神戸旧居留地を散策。
素敵なお花屋さんや洋館が立ち並ぶ、お洒落な場所です
歩いているだけで楽しかった〜
すれ違う人も、美人でお洒落な人が多かった〜〜

 

 

 

夕食は『bb9(ベベック)』に行きました。
「薪の火を使った調理法で食するスペイン料理」という、ちょっと珍しいレストランです。
完全予約制のお店です。
薪焼きだから「bb9=バーベキュー」かと、気付いた時には嬉しかったです。
お店のHPはコチラ
食べログはコチラ

お料理は、お任せメニュー1種類ですが、お値段は「¥8,500(¥10,098)〜¥12,000(¥14,256)*( )内は税・サービス料込」と、当日の食材によって幅があります。
予約時に、「当日、天然の鮎が届くか届かないかで、お値段が変わります」と言われました。

ワインペアリングセットもありました。
一杯の量は75mlと少な目です。

4種 ¥3,300(¥3,920) 6種 ¥5,000(¥5,940)
5種 ¥4,200(¥4,989) 7種 ¥5,800(¥6,890)

この日は5種をチョイスしました。

最初は、バスクの地酒、チャコリ。
注ぎ方に特徴がある微発泡ワインです。
手を伸ばして、高い位置から注がれるのが上手ですごくて、見る度に「おお!」と、なぜか笑ってしまいます。(こんな感じ

軽い味なので、一品目が来る前に、ぐびぐび飲んでしまいました。 

 

 お料理一品目は、バゲットの上に、自家製バターとサマートリュフがどっさりのったものです。
燻製バターもサマートリュフも香りが最高。
この日食べたものの中で、私の一番のお気に入りでした。 

 

 2杯目の白ワイン。

 水茄子のすり流し。トマト入り。
爽やかなスープでした。夏にぴったり。
 

 立派な三重尾張の岩牡蠣。
ひと肌に温められていてクリーミー。

 3杯目は赤ワイン。
 

 お料理は、自家製河内鴨のチストーラ 薪焼き。
下はとうもろこしのポレンタ。
塩分がしっかり目に利かせてあるように感じました。
 

 4杯目の白ワイン。
今回のペアリングワインは、それほど好みのものはなかったのですが、この白ワインは好きでした。
 

 次は、お魚料理。淡路の天然ヒラメの薪焼きにパクチーのお花。
 

写真はないのですが、1時間炭火焼した賀茂茄子の上にフレッシュポルチーニ茸と、ふわとろスクランブルエッグがのっていたお料理もありました。

この日の朝に届いたばかりの、岐阜 和良川の天然鮎の薪焼き。
これぞ薪で焼く調理法の真骨頂。
美味しく頂きました。 

 5杯目は赤ワイン。 

 お野菜のグリルと、
 

 メインのお肉は、エイジングビーフ(熟成肉)。
和牛のLボーンのサーロイン側のさしの少ない部分を40日間ドライエイジングしたものだそうです。
お肉の味がしっかり感じられて美味しかったのですが、つけあわせのお野菜と共に、塩が強く感じました。 

 デザートは、パインの無添加無糖加シャーベットと、燻製アイス。
パインのシャーベットは、お砂糖を加えずにシャーベット状にするのは難しいのだそうですが、なめらかでさっぱりしました。
燻製味は、口の中が、燻製味でいっぱいになりました。どうやって作るんだろう!?

レモンバーベナのハーブティーでほっと一息。

どれも美味しかったのですが、私達には、全体的に少ししょっぱく感じました。
調味料と調理法がシンプルだから、そう感じたのかな?

お店は、とてもお洒落な大人の雰囲気で、 「いい食材を、いいお塩でシンプルに味付けし、薪で素材にあった調理法で焼き上げられた」お料理を食べられて、贅沢な時間を過ごさせてもらいました

『グルメ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« また食べたい♪『かん袋』の「氷... | トップ | 【灘で酒蔵巡り 1】 福寿『さか... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。