takapyonaの美味的生活

美味しいもののためならエンヤコラ。
食材求めて自転車こいでる瞬間にシアワセを感じる私のブログへようこそ。

モレーリアからグアナファトへは1等・2等バスで移動 《 in メキシコ 》

2007年02月10日 | メキシコのレストラン・ホテル

にほんブログ村 旅行ブログへ  人気blogランキングへ

世界遺産のコロニアル都市モレーリア(Morelia)に2泊後、中世の街並が残る世界遺産グアナファト(Guanajuato)へ移動しました。

今回の旅の移動はもっぱらバスを利用しました
グアダラハラからモレーリアに移動する時に乗ったETN社のデラックスバスが快適だったので、モレーリア~グアナファト間も同じバスに乗りたかったのですが、残念ながらETN社はこの区間を走っていません。別のバス会社でも直行便は1日4~6本しかなく、お昼前にグアナファトに到着するちょうどいい時間の直行便が無かったため、イラプアト乗換の、モレーリア→イラプアト(Irapuato)→グアナファトという経路で移動しました。

モレーリアの長距離バスターミナルも旧市街から離れているため、ホテルでタクシーを呼んでもらいました。所要時間は約10分、30peso(≒343円、1peso≒11.423円)でした。

こちらがモレーリアの長距離バスターミナルです。



メキシコのバスは、デラックス・1等・2等クラスに分かれているのが一般的です。
モレーリア~イラプアト間は、PRIMERA PLUS社の1等バスを利用しました。運賃は1人110peso(≒1,257円、1peso≒11.423円)、カードで支払いました(ほとんどの長距離バスターミナルでカードが使用できます)。

バスに乗る前に、ジュースとクッキーを渡されました。ETN社の様にサンドイッチが出ることを期待し朝食抜きで来ましたが、クッキーだけかぁ。ちぇっ。人間一度贅沢をしまうと駄目ですね。
サンドイッチ代わりに、クッキーと、日本から持って行ったおかきをぽりぽり食べました(小腹がすいた時や朝食代わりにちょっと食べられるお菓子を日本から持って行っているとこういう時に便利)。

バスの座席はデラックスバスと比べると少し狭いものの、座席の座り心地もよくクーラーはほどよくきいており快適でした。バスの中では『Wedding Crashsers(邦題:ウェディング・クラッシャーズ)』が上映されていました。

バスは定刻5分遅れの8:35にモレーリアを出発、途中、白鷺がいた湖や小さな町を通り、15分遅れの10:45にイラプアトへ到着しました。





イラプアト~グアナファト間は30分おきにバスが出たので、15分待ちで乗れた11:00発のPRIMERA PLUS社の2等バス(Servicio Economico)を利用しました。運賃は1人30peso(≒343円、1peso≒11.423円)でした。



2等はクーラーがついていないことが多いようなのですが、このバスはクーラー付でした。ただ、やはり座席は狭く、タイヤが良くないせいか車体がよく揺れます。また、しょっちゅう停留所で止まるので時間がかかります。「夜、長距離の2等バスに乗ると強盗にあうことがあって危険」と本に書いてありましたが、これだけ頻繁に止まるなら誰が乗り込んできてもおかしくなさそうです。

グアナファトへは55分かかって到着しました。車の向こう側に見えるのがグアナファトの街です。

グアナファトの長距離バスターミナルも郊外にあるため、タクシー利用です。タクシー運転手のお兄ちゃんが、サービス精神満点でスペイン語でたくさん話しかけてきてくれました。私達がスペイン語がほとんど分からないにも関わらず、簡単な単語で分かるように何通りも言い方を変え、身振り手振りを交えて話してくれるので、なんとなく分かった気になり、15分ほどの距離でしたが楽しく過ごせました。ありがとう、お兄ちゃん
タクシー代は40peso(≒457円、1peso≒11.423円)でした。

こちらは、グアナファト旧市街に入る時にタクシーやバスが通る、グアナファト名物の地下道です。かつて地下水路や銀の坑道として利用されていたものが現在は道路として利用されています。しばらく暗闇の中を走ります。
「おおーっ」「すげー」という言葉をTH(夫)と2人で連発していました。



ブログのランキングに参加しています。
1クリックしていって頂けると嬉しいです。
ありがとうございます


↓        ↓


にほんブログ村 旅行ブログへ  人気blogランキングへ

<参考図書>

地球の歩き方 トラベル会話5 スペイン語/英語

ダイヤモンド社

このアイテムの詳細を見る

 

『海外旅行』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 明るい部屋のホテル 『Hotel ... | トップ | 安くてとても流行っている店 ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
旅行関連新着ブログ紹介 (高級旅館・高級ホテル宿泊予約)
TB失礼します。当ブログで旅行関連おすすめ新着ブログとして紹介させて頂きました。