takapyonaの美味的生活

美味しいもののためならエンヤコラ。
食材求めて自転車こいでる瞬間にシアワセを感じる私のブログへようこそ。

大満足だったランチ♪ 『ル・ジュー・ドゥ・ラシエット』 《 代官山 or 恵比寿 in 東京 》

2008年06月01日 | 渋谷・恵比寿・新宿周辺のレストラン

にほんブログ村 グルメブログへ  人気blogランキングへ

6/1(日)は「2008年度春季第30回ハングル能力検定試験」の3級を受けてきました。4級の時は結構強気でしたが、3級は覚え切れていない単語(特に動詞)も多々あり「今回は多分無理だー。心を入れ替えてもう一度しっかり勉強しよう。」と受験前からかなり弱気でした。実際の試験は、筆記は全然見たことのない(というか覚えていない)単語がちらほら出てきて勘で答えたら間違っていたものを既にいくつか発見。ヒアリングは筆記より簡単だったように思いました。
正式な解答速報は6月中旬頃にハングル能力検定協会のHPで公表されますが、それより早い6/4(水)から盛岡ハングル学館作成の解答速報が盛岡ハングル学館のHPで掲載されています。
次は準2級に挑戦できるかな?

   

テストの後のお楽しみということで、代官山駅でTH(夫)と待ち合わせて『ル・ジュー・ドゥ・ラシエット(Le jeu de l’assiette) 』にランチを食べに行きました。ミシュラン1つ星獲得のお店です。
同系列のお店では、麹町『オーグードゥジュール』丸の内『オーグードゥジュール ヌーヴェルエール』に行ったことがあります。

ランチメニューは4種類。
プリフィックス2種類とあらかじめ内容が決まっているものが2種類です。
2人別々のコースを注文しても大丈夫とのことだったので
◆『Menu de champagne(ムニュー ドゥ シャンパーニュ) 3,500円 :食前のお飲み物 + 前菜 + 魚 or 肉 + デザート + 食後のお飲み物』に + 1,000円で前菜1品を追加
◆『Menu de specialites(ムニュー ドゥ スペシャリテ) 6,000円 : 全7皿』

の2種類のコースをお願いしました。

◆『Menu de champagne(ムニュー ドゥ シャンパーニュ) 3,500円 :食前のお飲み物 + 前菜 + 魚 or 肉 + デザート + 食後のお飲み物』
+ 1,000円で前菜1品を追加
*プリフィックススタイルのコース。食前の飲み物、前菜、魚 or 肉、デザート全て数種類から好きなものを1品選べます。
* + 1,000円で前菜、+ 500円でデザートを1品ずつ追加できます。

●食前のお飲み物
シャンパーニュ、赤・白のグラスワイン、ソフトドリンクの中から1種類選べます。赤・白のグラスワインは各2種類ずつありました。まずは赤のブルゴーニュを選択。

●アミューズ
「桜海老のクロスティヨンとキャビアのサンド」。桜海老のチュイルにキャビア、サワークリーム、ハーブがはさんであります。午前中のテストで久々に集中力を使い果たし放心状態だったのですが、あまりの美味しさに目が覚めました。
桜海老の濃厚な香りのチュイルにサワークリームの酸味とまろやかさ、キャビアの塩気、ハーブの柔らかさが一体となっていました。今まで食べたフレンチのアミューズの中で一番好きでした。

●前菜(水ナスと桜海老のサラダ 桜海老のチュイルを添えて)
前菜は5種類の中から1種類選べます。
底の部分が不揃いな気泡になっている冷たいガラスの器が印象的でした。



アミューズで出てきた桜海老のチュイルのお皿の上にお野菜、

それを崩すと中には桜海老、水ナス、竹の子のサラダが入っていました。
桜海老も水ナスもみずみずしくてジューシー。そこにこりっとした竹の子やパリッとした桜海老のチュイルも加わり、「こんなサラダもあるのか~。」と目で見て食べてみてびっくりのサラダでした。


●追加の前菜(初鰹のエピスマリネ 季節の野菜添え)
フレンチのお皿の中では前菜に食べたいものが入っていることが多いので、追加で前菜を頼めるのは嬉しいです。前菜の選択肢の中にクレソンのスープやアスパラとベーコンのクルートとか、他にも食べたい前菜がありましたが、初鰹に惹かれてこちらにしました。
私には初鰹のマリネの香草の香りが少し強く感じましたが、力強い味の野菜達は美味しく頂きました。

●青梅のグラニテ
メニューを見る限り、グラニテは『Menu de specialites(ムニュー ドゥ スペシャリテ)』には載っていましたがこちらのコースには載っていなかったので、サービスで出して下ったのかもしれません。青梅でお口の中もさっぱり。さあ、お肉を食べるぞー。

●メイン(熟成牛 イチボのロティ 新じゃがいものソース)
メインは「本日のお魚」か、肉料理5種類の中から1種類選べます。
「和牛のイチボ」と言われてどこか分からなかったのですが、イチボってもも肉のことなんですね。ぎゅっと身のしまったお肉は噛みごたえがあり、噛み締めるごとにいいお味でした。横のお醤油味のごぼうの煮物風のソテーとの相性も良かったです。どろっとしたソースが何なのか分からなかったのですが、新じゃがいものソースだったとは。

●デザート(空豆のモンブラン)
デザートは6種類の中から1種類選べました。
空豆の風味が感じられるとても甘さ控えめなデザートでした。

●食後のお飲み物
食後のお飲み物は、カフェ、紅茶、ハーブティーがあるのですが、それだけでメニュー1枚分。各何種類かずつあり、1つずつに味の説明が書かれていて何を飲もうか選ぶ楽しみがありました。紅茶やハーブティーで何種類かあるのは珍しくありませんが、カフェもこんなに種類があるのは嬉しかったです。
TH(夫)はレモンの風味がするという「COSI」というカフェをダブルで、私は「●●農園のファーストフラッシュのダージリン」にしました。

 

◆『Menu de specialites(ムニュー ドゥ スペシャリテ) 6,000円 : 全7皿』
*シェフのスペシャリテを食べられるこちらのコースは前菜からデザートまで全ておまかせです。

●アミューズ
上記のコースと同じく、「桜海老のクロスティヨンとキャビアのサンド」。

●柚子の香りのラパンで包んだフォアグラ 3種の林檎の食感と共に
食わず嫌いの食材が多い私はラパン(うさぎ)だったのでどうしようか迷っていたところ、「別のお料理に替えましょうか?」と言って頂けたのですが、せっかくなのでチャレンジしました。
まず、不揃いな気泡が入ったガラスのお皿(桜海老のサラダと同じ作家さんの一点ものだそう)の上に、盛り付けられたお料理の美しさに目を奪われました。
柚子風味のラパンの中に包まれたフォアグラ以外に、生りんご・揚げりんご・パウダー状になったりんごの3種類、セロリのみじん切りに葉、黒コショウに岩塩と何種類もの味と食感の組み合わせを自分で楽しむことができました。ラパンも食べる前から癖のある匂いが苦手だと思い込んでいたのですが、柚子の香りで美味しく食べられました。

●本日の鮮魚 カラスミのソース 春野菜のエチュヴェ
帰るまで魚の名前を覚えていたのにど忘れしてしまいました。山口の萩直送のお魚ということだけは確かです。お魚は外の皮がカリッと香ばしくレア状の中側はむっちりしていました。カプチーノ状のカラスミのソースの塩辛さがいいアクセントでした。

●オマールメイプル とうもろこしのフリット添え
プリプリのオマール海老はメイプルソースでほのかに甘いのですが、どこかバーベキュー味のような懐かしい味もしました。添えられたとうもろこしのフリットは咳き込んでしまうほど黒コショウが利いていました。甘めのオマールにパンチのきいたフリット、名コンビでした。
TH(夫)は「これはうまい。」と絶賛していました。確かにうまい!

●青梅のグラニテ

●イベリア種75% イベリコ豚のロティ エピスのソース
私は最初気づかなかったのですが、「これ、六角じゃない?」とTH(夫)に言われ「八角」が入っていることに気づきました。最近読んでいた歴史の本に「六角氏」が出てきて、「八角」と言いたかったのに「六角」になってしまったそうです。
サクサクした食感で旨みがあり脂身まで美味しいイベリコ豚でした。

●デザート(ショコラのクーリーを閉じ込めた南瓜のクロメスキ 3種の南瓜を使って)
「クーリー」も「クロメスキ」も初めて聞く言葉でしたが、3種類のカボチャのコロッケの中にショコラのソースが入ったデザートでした。

割ると中からカボチャのペーストととろとろのショコラが流れ出ました。

●食後のお飲み物

出てきたバゲットは皮はサクッと軽く、これまた美味しかったです。
追加でボルドーの赤(1,050円)とSaumurの白(1,260円)のグラスを頼み、本日のお会計はサービス料10%込で14,091円でした。

こちらはTH(夫)と2人ですっかり気に入って遊んでしまった透明と紺のおはじき。
先に帰られたお隣のテーブルを見たら、やっぱり最初と形が変わっていました。

 

次々と出てくるお皿の盛り付けの美しさに感嘆したり驚きながら、最後まで美味しいお料理を堪能しました。
ワインのお替りや冷たいお水も絶妙のタイミングで供されたり、シェア用のお皿をさりげなく出して下さったり、とても心地良かったです。HPを見ると私達にサーブして下さったのは支配人の中村さんで、有名な方みたいです。
帰り際、シェフと支配人がわざわざ2階から1階までお見送りに来て下さって、私たちが恵比寿方向に歩き出してしばらくたって何となく後ろを振り向いたら、まだお見送りして下さっていて恐縮してしまいました。
お料理もサービスも大満足なお店でした。また是非伺いたいお店です。
お店のHPはコチラ
 

ブログのランキングに参加しています。クリックしていって頂けると励みになります。
ありがとうございます!


↓        ↓
にほんブログ村 グルメブログへ  人気blogランキングへ 

『グルメ』 ジャンルのランキング
コメント (6)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今週の神保町ランチ『いもや... | トップ | パン教室で『かぼちゃパン』... »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
私も行きたい♪ (マコ大好き)
2008-06-04 20:13:59
いろんなお料理食べたいから違うメニュー選べるっていいですね。
アミューズも見た目もよくて味もいいってステキ!
今度エビセンで作ってみようっと。かなり違う???
シェフのスペシャリテはさすが~って感じですね。
お隣さんが食べていたら私もあれにしとけばよかったぁって絶対思いそう。
デザートにコロッケって初めて見ました。カボチャとショコラって以外な組み合わせもスゴイ。
旦那さまの作品、ナイフやおはじきに映る写真シリーズもステキ
Super Coréenne!!! (morion)
2008-06-05 12:54:44
안녕하십니까?
takapyonaさんはハングルもお勉強してたんですね。フランス語もたいへんお上手なのに、すごいね。

J'admire ta passion pour la nourriture et les langues!!!
紹介されている仏料理店、なかなかよさそうですね。
是非いつか行ってみたいと思っています。
これからも楽しいブログを期待していますよ~!

morion @ tokyo
>マコ大好きさん (takapyona)
2008-06-05 15:11:31
マコ大好きさんのおっしゃる通り、アミューズ、何かの味に似ていると思ったらエビセンでした。
エビセンの香りを濃くしてもっと薄く口どけよくしたような感じ!?
でもやっぱりエビセンで作ると、何かが違ってくるような。

違うメニューを頼んでいいのは嬉しいですよね。
違うコースでもタイミングよくサーブして頂けました。

おはじきに映る風景に気付いて下さって有難う。
毎回マコ大好きさんはTH(夫)の写真の意図に気付いて下さるのでTH(夫)も本望だと思います。
>morionさん (takapyona)
2008-06-05 15:21:59
語学力のセンスやお料理の腕はmorionさんには到底及びませ~ん。
韓国語は韓国ドラマ好きの大阪の伯母に影響され1年半前から勉強し始めました。
最近韓国語しか勉強していないので、フランス語は今ではすっかり忘れてそうな予感。。
語学はやっぱり継続してやらないと駄目ですね。

先日奥様が作って下さったナスの揚げびたしがすごく美味しかったので家でも3回作りました。でも毎回、奥様の作品のようにナスの色がきれいに出ずに色が抜けてしまいます。味も何かが違います。今度是非コツを教えて頂きたいです。
しょっちゅる+柚子酢のドレッシングもすごく気に入って、最近ドレッシングと言えばこの組み合わせばかりです。
また美味しいお料理食べさせて下さいね
Unknown (ランチの王様)
2008-07-21 21:24:07
ハングル検定受けたんですね。
自分も韓国人の彼女がいたので勉強してました。

振られてから少し体が拒否気味ですが(笑)
これからも応援したいので、よかったら相互リンクお願いできますか??

よろしくお願いします。


>ランチの王様 (takapyona)
2008-07-22 14:55:27
ランチの王様もハングル勉強されていたのですね。
振られたのはとても残念ですが・・・。。

相互リンクの件、よろしくお願いします♪

コメントを投稿

トラックバック

くちこみブログ集(タウン): ル・ジュー・ドゥ・ラシエット(フレンチ) by Good↑or Bad↓ (くちこみブログ集(タウン)(投稿募集中)by Good↑or Bad↓)
「ル・ジュー・ドゥ・ラシエット(フレンチ)」に関するブログのくちこみ情報で、みんなの参考になりそうな記事を集めています。自薦による登録も受け付けているので、オリジナルくちこみ情報のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。