爆弾とジャール平原と僕

青年海外協力隊JOVC ラオスシェンクワン県 好きな事書いてます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

残り半年

2017-06-12 19:52:39 | 日記
サバイディー

やっと書き終えれた。文章書くのがこんなにしんどいとは。。。
そんなんだったら書かなきゃいいじゃんて思ったそこのあなた!!!それが正論です!!!w


さてさて、任期が残り6か月になりました。

もう1年半もラオスに住んでいます。協力隊に興味を持つ前の自分からするとありえないです。
応募当時27歳 ○海外渡航経験なし ○海外への興味なし ○日本に住んでいたら日本語以外いらんやろ!!!って本気で思ってた。。


それが今、ラオス語で生活して、ラオス語で子ども達にサッカーを教えてる。
そして、今さらながら英語が必要だってことで英語を必死に勉強して毎日を過ごすとは。。。

もっと学生時代に「やっておけばよかったーーー」って毎日心の中で叫んでる。。。


ラオスに来て1年半色々な事がありました。今までもたまーにブログでアウトプットしていこうと思いながら、ついついサボっていたので、そろそろちゃんと感じたことや変化をアウトプットもしていこーかと。。。

とは言うものの。。。。自分が目で見て感じたことを好き勝手に書くだけなので、、



あしからず。。。。







今朝は7時に生徒を集合させて7時半で練習をしました。
この時期ラオスは昼間は暑い、、、、というか太陽の日差しが強い(うちの任地は冬は日本並みに寒い)
ラオス人はめったなことがない限り昼間は運動しません。
そのため、練習はだいたい朝か夕方に行います。


ラオスに来た当初、やる気満々で来た自分は練習日程表を渡せば、日程通り日本の部活のように生徒ちは全員来て当然だと思っていました。
(多少は例外も予想していましたが)

しかし、自分の予想以上に来たり、来なかったりする子どもや大幅に遅刻をしてくる子ども、、草履や裸足、ジーパンで練習をしたりしようとする子どもが多く(全員裸足ならOKいいんだけど。。。。結局キーパーで参加させることにしたり)自由すぎる子どもたちにイライラしっぱなし。
ラオス人指導者もあまりその辺を強く言ったりしない。。


せっかく練習するんだからこの状況を改善したいなって思い、サッカーの靴じゃなくても靴を履きなさいと伝えて、持ってこなかったら練習参加させなかったり、、遅刻した子どもへの罰を作ってみたり、練習前日にリマインドしたりして練習参加を促して、それでも来ない時は練習前に電話して、「来い!!!」って怒ってみたり。。
とりあえず、なんとかして練習をしていました。

この時の自分は継続した練習をしたことがない子どもたち(ラオスの地方都市では基本的に大会の前だけチームを作り練習をします:理由は様々ですが・・・)に継続して練習することを指導するために半ば無理やりでも子どもを集めて練習を継続することが大切だと思っていました。
その後、半年くらいはそんな感じで。。。。練習してました。



・・・・がある時期になると、こちら側(職場)の都合でグランドが当日使えなくなることが多くなってきました。
ラオスでは元々予定していても、大人の都合で変更になることは多くあります。
練習を予定していて、いきなり変更になってもこちらまで伝わってこずに当日に知るということなんかも当たり前です。


その時に子どもたちに「ごめんな」って伝えると、残念そうな顔をしながら、「ボーペンニャン=問題ないよ」と言うものの、違う所にサッカーをしに行くと言います。

そこにはコーチがいるのか?聞くとコーチはいない。という返事。
集まってサッカーをするだけだと。。
そして、子どもからは「コーチになってよ」とか「一緒に行く?」とか言われます。

こんな風にこちら都合で練習ができない時期が続いて、、、、なんだか今まで自分の作った予定通りに進めたくて、「時間を守れ」とか「予定表をを見てちゃんと練習に来なさい」とか、、、、こっちの都合で話していたのかなーーって。。。
実際、練習をする、子どもたちの意見とか聞いてなかったなーって感じるようになりました。。


それからちょっと考え方を変えることに。。。。
今まで自分は、「俺はサッカーを日本から教えに来てやったんだぞ」ってどこからか上から目線で子どもに接していたのかもしれない。
だから、自分が過去にやってきたやり方に彼らが合わすことを無意識に求めていたのかもしれません。

当たり前なんだけど、自分が過去に指導した子どもとラオスの子どもは違うんですよね。
こんな誰でもわかることに気が付かなかったなと。。。




それから、練習には運動ができる格好と靴を履くことは安全上の理由で変えられないので、子どもたちによく伝えて。。
練習の日程や時間についてはその都度、子ども達と相談して決めるようになりました。
なんか、雑談を含めて以前より子どもたちと話す時間がながくなった気がします。

多くの子ども達が集まる時間に練習時間を設定することによって多い時は30人近くも集まるようになり、子ども同士でも「遅刻すんなよ」って言葉が出だして、遅刻も段々と減ってきています。
大体来る人数が把握できるようになったことや、継続して練習に来る生徒が増えたことから、練習内容も自体もどんどん良くなっていってると感じられるようになりました。

継続した練習をするようになってから、最初見た時よりも格段にうまくなっている子どもばかりです!!!!!
子どものたちの成長力や吸収する力は半端ない!!!!!
積み重ねで練習するって大切ですね。

皆さん、シェンクワンににも良い選手いますよーーーー!!!
是非見に来てーーーw

振り返ってみると、なんだかんだで少しは前進してる。。。。。。。。かな!!!


ってことで!!!!











ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 文章書くのが難しくてたまらん件 | トップ | アマチュアが語るサッカー »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。