わんわんらっぱー

DIYやオーディオから社会問題までいろいろ書きます。

二〇二〇年東京五輪・パラリンピックの大会予算は、最大一兆八千億円。

2016-12-24 14:11:15 | 政治
オリンピック経済幻想論 ~2020年東京五輪で日本が失うもの~
ブックマン社


 東京オリンピック大会組織委員会が公表した試算では、二〇二〇年東京五輪・パラリンピックの大会予算は、最大一兆八千億円程度になる。
 東京五輪招致は石原慎太郎が東京都がプールしてある5000億円を使って、東京で開催しようという事で始まった話である。招致時の予算は、7300億円だったが、膨らみに膨らんで3兆円超という話まで出ていた。
 大きく膨らましておいて、減らしてみました~と喧伝するのが常套手段である。単なる大運動会をダシにして、政治とかゼネコンがカネを抜いて大儲けする。石原伸晃は鹿島建設から別荘やクルーザーを貰ったという話である。
 東京五輪招致決定をめぐり、日本側がコンサルタント料の名目で国際オリンピック委員会(IOC)委員で、国際陸上競技連盟前会長のラミン・ディアク氏の息子の関連会社に、約2億2000万円を振り込んでいた問題に関して暴露された。フランス検察が捜査に入ったとの報道も出たが、その後音沙汰がない。
 国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長はホテルのスイートに住んでいる。その一方で、オリンピックの開催では、膨大なボランティアを動員して行われる。ボランティアには交通費すら払われない。

 東京新聞の試算では東京都民の東京五輪負担費用は1人10万円である。4人家族なら40万円である。単なる大運動会のお祭りに巨額の費用と膨大な人員を費やして、一部の上級国民は掴み金で潤うが、一方では膨大な人民が負担で苦しむ。
 奈良の大仏みたいなもので、実利はないが、国家の象徴的なイベントに強制的に動員をかけて、中央集権収奪体制の強化のためにオリンピックは存在している。


反東京オリンピック宣言
航思社
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ジョン・レノン、20本を超え... | トップ | 米国を金融支援している日本... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

政治」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。