わんわんらっぱー

DIYやオーディオから社会問題までいろいろ書きます。

「聖の青春」が映画化された。

2016-12-31 22:16:15 | 医療
聖の青春 (角川文庫)
大崎善生
KADOKAWA/角川書店



 将棋の世界を駆け抜けて夭折した村山聖9段の生涯を描いた「聖の青春」が映画化された。過去に製作されたドキュメンタリーやドラマがYoutubeで見れる。
村山聖は幼少からネフローゼ症候群という難病を抱え、進行性膀胱癌で29歳で落命する。私は彼が広島出身ということで、原爆症ではないかと直感した。生家は地図で見ると爆心から6km程度の東方に位置する。
 Wikipediaにも書いてあるが、実母は肝臓を患っていた。小説「聖の青春」には明確に実母が入市被爆者である事が描かれている。映像作品系からは原爆に関することは一切描かれていない。映画はまだ見ていないが、避けられていると推測される。
 しかし、村山聖が被曝2世であるが故に難病と戦い命を削って将棋に臨み、やがて命を散らしていった事が、美談なのか悲劇なのかの判断は病の原因を辿るか否かが岐路となる。普通に考えれば悲劇でしかない。村山が健常者であれば、棋士になっていなかった可能性の方が高いが、少なくも現在でも生きていたはずである。限られた命を与えられ、その中で身を焼き尽くして、将棋の世界に足跡を残した事が、きれいな映像で世の中に公開されるとは幸いであるが、語られるべき事が語られていない事は日本にとっての悲劇ではある。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 原発事故の危機は永続する。 | トップ | 12月31日(土)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

医療」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。