わんわんらっぱー

DIYやオーディオから社会問題までいろいろ書きます。

4月24日(月)のつぶやき

2017-04-25 02:19:47 | つぶやき
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

総人民はアベ政権打倒に総力を注ぐべし。敵は外ではなく内にいる。

2017-04-24 20:29:38 | 戦争
北朝鮮核実験
1回目 2006/10/09 10:35 安倍政権
2回目 2009/05/25 09:54 麻生政権
3回目 2013/02/12 11:57 安倍政権
4回目 2016/01/06 10:30 安倍政権
5回目 2016/09/09 09:30 安倍政権
6回目 2017/ ??/?? ?? :?? 安倍政権

偶然とは思えない動きである。
北朝鮮が恐れているのは、米軍に対して対北朝鮮攻撃を許可する日本の政権である。
韓国が戦争を惹起する大統領を選出する訳がない。開戦と同時に擲弾の雨あられでソウルが火の海なるのは確実だからである。

 ところが、アベ首相は4月13日の参院外交防衛委員会で、北朝鮮のミサイル問題について「北朝鮮はサリンを(ミサイルの)弾頭に付けて着弾させる能力を保有している可能性がある」と、根拠を示さずに答弁している。
 トランプ政権による国際法違反のシリア軍攻撃に関しても、「東アジアでも大量破壊兵器の驚異は深刻さを増しています。そのなかで、国際秩序の維持と、同盟国と世界の平和と安全に対するトランプ大統領の強いコミットメントを、日本は高く評価します」と発言している。
参考http://lite-ra.com/2017/04/post-3104_4.html

 東芝の崩壊はアベ総理政務秘書官である今井尚哉などが仕組んだのだが、今度は東芝出身者の西室泰三日本郵政社長がオーストラリア企業買収で巨額損失を計上しつつ、日本郵政の外債運用も増やしている。アベ政権による国富の献上=みかじめ料の米帝への提供が権力の源泉であり、それらの行為によって生まれる負債は人民に負わされる。
 一方で「我田引銭」が横行しており、腹心の友が理事長を務める加計学園グループが各地での学校新設で得た総額は440億円とも言われている。
 アベ政権はそういった不明瞭な資金の流れについて責任追及されると、今度は戦争を煽って、人民の関心を外へ向けさせる算段を行っている。一度開戦となれば、終わりが見えない総力戦になる可能性もある。注意するのはミサイルだけではない、非対称戦争と言われる現代では、日本国内のおいてテロが横行する事になる。
 治安維持のためと称してあらゆる統制がかけられ、物資移動の制限や預金封鎖なども行われるだろう。そうなれば、生活水準が極端に低下する事態になりかねない。
 それもアベにとっては、人民の生活が破壊されることもよりも、自身の政権運営の方が優先されるのである。人民はどこに敵がいるのかよく考えなくてはならない。平和を破壊する真の敵は首相官邸にいるのである。総人民はアベ政権打倒に総力を注ぐべきだ。
戦争と平和〈1〉 (新潮文庫)
新潮社
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

西洋治療から東洋治療への回帰が必要。

2017-04-24 19:48:30 | 医療
 94歳の祖母が先日亡くなった。「人の死」に接した事は衝撃的であるが、現代医療とやらにトントン拍子に追い込まれていく様を見て、困惑し経緯を詳述する必要性を感じた。しかし、根っからのぐうたらで小心者の私は、自身に降り掛かった災いを正視し考察する事を放棄してしまった。それでも最低限の事は述べたい。少なくとも「CTスキャン」は絶対に避けなくてはならない。照射する機器や部位によって線量は変わるが、CTスキャンの元技師によると100mSvにも及ぶとされる。まさに殺人マシンである。祖母が直接的に死に至るきっかけとなったのはCTスキャンであり、今現在の実母の病状悪化の引鉄を引いたのもCTスキャンである。
 祖母は見舞客と普通に会話する事が出来ており、生命維持や生存に関わるような病気はしていなかった。頭脳は明晰であり、私と姉に遺言とも訓誡ともとれる言葉を述べた。その夜にベットからの転落に端を発したCTスキャン検査を引き金に心臓停止に追い込まれ、蘇生したが、2週間後、免疫力低下に伴う肺炎を発症して死亡した。

 実母は調子が悪いと言いながら昨年末ころまで仕事をしていたが、人間ドックで頭部CTスキャンなどを行った直後に、寝たり起きたりの状態になってしまった。明らかにCTスキャンによる被曝が原因による病状悪化だと思われる。
 このCTスキャンという名前の殺人機を避けるには大病院を避けなくてはならない。極端な話し、現代医療・西洋医療では診察して貰い、病状について所見を貰い、保険の適用されるような現代医療を避けて、ビタミンCの投与などの一部の自費診療に留めるべきである。
 後は食事療法や「鍼灸やテーピングなどの東洋治療」で自己治癒力逓増による回復を狙ったほうが良い。

 祖母の遺品整理で気がついたのは、「クスリは一錠も飲んでいなかった(全部そのまま残っていた)」という事である。クスリは毒物であり、免疫を下げて寿命を縮める。長命な人=現代医療に関わらない人と言っても過言ではない。現代医療で決定的に優れているのは緊急事態における外科処置である。それ以外は極力関与を避けるべきである。検査もしないほうが良い。

 一方で、東洋医療は積極的に取り入れるべきである。東洋医学は現在も研究が進められており、日本と中国と韓国で知見を共有し、一部では統一的な規格化が行われている。米国では兵士のペインクリニックとして使われている。
 私自身も鍼治療を受けている。局所的に痛い箇所がある場合はテーピングによる治療を受ける。テーピングはツボを持続的に刺激することより、ある程度効果が維持される。
 痛みを取るだけでなくて、精神的な作用も大きく、活力を回復する作用がある。特段副作用はないようだ。
 漠然とした言い方ではあるが、「西洋治療から東洋治療への回帰が必要」である。

内海聡の内海塾シーズン2 「代替医療2」〜東洋医学と波動医学療法
メーカー情報なし
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

4月23日(日)のつぶやき

2017-04-24 02:22:02 | つぶやき
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

4月22日(土)のつぶやき

2017-04-23 02:21:46 | つぶやき
コメント
この記事をはてなブックマークに追加