たかお治久の活動報告

高砂市議会議員/たかお治久の活動報告

実行のバーを越えられるか?

2017-05-12 06:30:36 | 考え方

 5月11日(木)研修2日目、朝少し外出し琵琶湖湖畔へ。(↓)

海とは違う湖畔の雰囲気、波の穏やかさ、いいですよね。

 さて、昨日は研修2日目(カリキュラム↓:昨日と同じものを掲載)

午前中に講師の方々からお話を伺い、午後は4班(10人強の受講生に講師1人)に分かれて小部屋で講師との対話。最後は夕食後の午後7時~午後8時10分まで4人の講師の方々より小部屋にてお話を聞きました。

いい話を聞いた後、実行に移せるかどうか、これが最大のポイント。今回の勉強会でも多くの講師の方々が仰るポイントは「一歩を踏み出せるかどうか」「まずやってみる」と。どんなに素晴らしい講演、講義でも「感動した」「良かった」で終わるのか、目の前にある見えないバーを越えて、実行に移せるかどうか、一歩踏み出して何かを実践できるかどうか、これで自分の人生が変わるかどうかになってくると。

バーを越え実行に移し終えてしまえば大したことではなかったと思えることも、バーを越えるまでは色々とやらないことの理由を如何にも妥当であるかの様に自分に言い聞かせ「だからまだもう少し考えよう」となってしまう。

講師の一人であられた鹿児島県鹿屋市柳谷自治会長(通称やんだん:「自治体に頼らない自治会運営」で有名)の豊重哲郎講師がこのことを熱く熱く語って頂き、自分の人生をより価値あるものにするために、即実行して欲しい(バーを越えて欲しい)と。

残り半日となった研修会、しっかりと締めたいと思います。

 

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『全国地域づくり人財塾』受講中 | トップ | 成功確率は7割も。なのに、... »
最近の画像もっと見る

考え方」カテゴリの最新記事