たかお治久の活動報告

高砂市議会議員/たかお治久の活動報告

日々の市民要望と安全対策

2017-06-19 22:26:56 | 広報政策

 6月19日(月)、本日は午前9時~会派にて先週開催で我が会派のメンバーが所属する各委員会の情報を共有する為の会派ミーティングよりスタート。

そして9時半~は議会運営委員会に出席。ここでは6月定例議会最終日にあたる明日(20日)の閉会後に市役所庁舎に関する変更点を勉強させて頂く全員協議会のことの説明がありました。

その後は議員控室にて7月に計画している会派での長野県(安曇野市/塩尻市)の視察先の研究や地元自治会長に同行しての危機管理室訪問等様々な要件で時間が過ぎていきました。

議員は市民の方から色々な要望を伺います。最近のお話では通勤路の枝が自転車歩行者道路に覆いかぶさっていて双方向で通行する際に非常に危険とのことでカットして欲しい旨の要望がありました。(下がその要望現場)

早速先週末に現場を確認したのですが、これはアスパ西付近。確かに双方向から来ると危ない。依頼者曰く「過去には鋏をもってきて切ったこともあるんだけど、、、。何故こんな垂れる枝にしたんだろう?」と。確かに。

他にも私の住む近くで道路側溝のグレーチング損傷で自転車走行には危険な為修理依頼があり対応するとの話が飛び込んできましたし、夕刻に町内であった方からは「竜山橋の付近は余りにも危ない。何故改善しないのか?!」と。(おっしゃるとおり!と共感も、本当に早く改善しないといけない危険場所です)

日々、人が生活をしていく上では本当に色んなことが起こりますが、インフラ不良、公共物が原因の事故は絶対に避けないといけません。

さて明日は6月定例会最終日、新庁舎建設の全員協議会もあります。しっかり閉めたいと思います。

 

 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「自分のゴミは自分で処理」 | トップ | 6月定例議会終了での総括 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む