鷹泊 昭和30年代

いまは超過疎地になった北海道深川市鷹泊 自然にめぐまれたその地で昭和30年代を過ごした自分がその当時を思い出してみた

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

大ヌップ川は竜水とヌップとの境界だろうか。

2016年09月30日 | Weblog

写真は大ヌップ橋から少し上流にあたる大ヌップ川。砂金採取ではなく、砂利採取現場が見える。

鷹泊という名前は別にして、ペンケ、ヌップと明らかにアイヌ語由来の地域名がある中で、竜水だけは違っている。名前とは別に、数年前のブログでヌップと竜水の境界はここ大ヌップ川であろうと思う記事を書いた。
昭和31年版の国土地理院の地図を見ると、川の向こうの地域はすべてヌップホロマップと記載されていて竜水という表示はない。しかし、最近の国土地理院Web地図では竜水とヌップに分けられた記載になっている。地図上の地名は、国土地理院ですべて把握しているわけでなく、地図を改訂する時に市役所とか町役場に問い合わせるらしい。ということは、役所で把握している地域名が国土地理院の記載よりも正しいといえる。

多度志町史では、昭和28年は鷹泊の川向かいの地域をまとめてヌップとしているが、昭和36年はその地域を竜水とヌップに分けている。どうやら昭和30年代に入る前後に両地域を分けたように思える。
また、幌成の対岸ウッカヤオマナイ地区に竜山小学校があった。そして、鷹泊の対岸ヌップホロマップ地区に竜水小学校があった(明治43年に特別授業場として開設、大正8年に竜水尋常小学校となっている。)との記載もある。
いうなれば、竜水はヌップホロマップ地区にあった町内会名で雨竜川の意味をおきかえた名称とのことらしい。
もう一つの疑問点、ヌップと竜水の境界に関しては大ヌップ川あたりでないかと以前から推測していたが結局正解はいまだわからない。しかし戸数が激減した今はどうでもいいというか、地域を分ける必要がないともいえる。


図は国土地理院の最近のWeb地図。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大ヌップ川での砂金掘り体験... | トップ | 鷹泊ダムの景観は放流に関係... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL