麻績(おみ)村長ブログ ~ 麻績暮し万歳! ~ 美しい麻績村の風景や行事、公務などを、写真と共につづります。

皆様とのくつろいだ会話から、村政が身近になって欲しいと願っております。どうぞ、お気軽にご訪問下さい。

コメントの取扱いについて(お願い)

 ご意見などのコメントは、管理人から承認されてから公開されます。  良識と節度ある投稿をお願いします。  また、公開を希望されない場合には、その旨を明記して下さい。  貴重なご提言などには、お名前とメールアドレスを明記して下さい。

筑北中学校卒業式

2017-03-16 21:29:07 | 日々の公務
▲卒業証書の授与

 3月16日麻績村筑北村学校組合立筑北中学校で卒業式が行われ、両村の生徒27名が義務教育の全課程を修了しそれぞれの道へ旅立ちました。
 厳粛な式が進み、在校生の送辞、そして卒業生の答辞になると、思いが込み上げたのか目頭を押さえる生徒が何人もいました。
 私からは、「自らの力を信じ、大きな夢に向かって欲しい。」こんな祝辞を述べさせて頂きました。

▼高坂校長先生の式辞


▼立派に成長された卒業生


▼祝辞を述べるPTA会長


▼保護者代表から謝辞


▼送辞を述べる在校生代表


▼卒業生代表から答辞


▼目頭を押さえる卒業生も

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

麻績小学校卒業式

2017-03-15 21:09:57 | 日々の公務
▲先生との別れを惜しむ

 3月15日麻績小学校で卒業式が行われ、心身共に大きく成長した18名が巣立って行きました。
 国歌「君が代」の斉唱に続き、教育委員会告辞、卒業証書授与、学校長挨拶、来賓祝辞、保護者代表謝辞、そして校歌斉唱で式を閉じました。
 続いて、転出される校長先生他8名の先生を送る離任式が行われ、別れを惜しむ多くの児童からすすり泣く声が聞こえていました。

▼卒業証書の授与


▼小沢校長先生の挨拶


▼PTA会長の祝辞


▼合唱で送る在校生


▼保護者代表の謝辞


▼卒業証書を手に退場


▼転出される校長先生他8名の先生


▼先生も別れが悲しい


▼すすり泣く児童たち


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

刈谷沢神明宮のお田植え祭り

2017-03-06 21:45:46 | 日々の公務
▲『嫌(や)でござる!』の太郎

 3月5日筑北村刈谷沢神明宮で、恒例のお田植え祭りが行われました。
 神事に続いて獅子舞の奉納、そしてお待ちかねのお田植え祭りへ。
 白い衣装と烏帽子姿の氏子たちが、黒い張り子の牛を先頭に代掻きの馬鍬(まんが)や鍬、男根を持って、ユーモラスな言葉を発しながら進む。
 周囲の観衆は彼らに向けてたくさんの雪を投げつける。雪まみれになった太郎は、『毎年、毎年、嫌(や)でござる!』と叫ぶ。観衆からは大きな笑い。
 五穀豊穣と子孫繁栄を願う、この刈谷沢神明宮のお田植え祭りは、県の無形民俗文化財に指定されており400年以上の歴史があるといわれています。
 これからも地域の貴重な文化として、いつまでも継承されて欲しいものです。

▼地区内を練り歩く神楽


▼本殿前で獅子舞の奉納


▼雪まみれになった太郎


▼男根や馬鍬(まんが)、鍬をもって続く


▼大きな役目を終えた氏子


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ウォリアーズカップ・ジュニア大会

2017-03-05 20:25:29 | 日々の公務
▲熱戦が繰り広げられた2日間

 3月4日・5日の2日間、麻績村体育館に県内外から小学生男子6チーム、同女子7チームが集い、信州ブレーブウォリアーズ主催によるバスケットボール大会『ウォリアーズカップ・ジュニア大会』が行われました。
 試合はミニバスとは異なる一般と同様のルール(ゴールやボールなど)で行われ、初日が予選リーグ戦、2日目が決勝トーナメントで日ごろの練習の成果が競われました。
 今回はイワタニ長野株式会社(林裕幸社長)様が特別協賛をされ、大会を盛り上げて頂きました。
<試合結果>
男子 ①bj JUNIOR ②スポコミ東北長沼 ③信州ブレーブウォリアーズJr.ユース
女子 ①北信濃選抜 ②佐久選抜 ③佐久平根ミニバスケットボールクラブ
≪最優秀選手賞≫ 男子 竹田光騎(bj JUNIOR) 女子 宮澤涼(豊野ミニ/北信濃選抜)

▼小学生とは思えないほどの迫力ある試合が行われました




▼男女優勝チーム


▼特別協賛イワタニ長野株式会社林裕幸社長から優勝カップ


▼主催者片貝雅彦社長から信州ブレーブウォリアーズ全選手のサイン入りボールが贈られる


▼麻績村からも記念品が贈られる


▼最優秀選手に選ばれた二人
女子 宮澤涼さん(豊野ミニ/北信濃選抜)と男子 竹田光騎君(bj JUNIOR)


▼男子優勝の bj JUNIOR


▼女子優勝の 北信濃選抜


▼男子準優勝の スポコミ東北長沼


▼女子準優勝の 佐久選抜


▼男子第3位の 信州ブレーブウォリアーズJr.ユース


▼女子第3位の 佐久平根ミニバスケットボールクラブ


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

麻績小「かたくり教室」お別れ会

2017-03-03 19:44:43 | 日々の公務
▲一人一人とお別れ

 麻績小学校の特別支援教室に通う児童二人が4月から養護学校へ進むことから、3月3日全校でお別れ会が行われました。
 二人からは合奏の披露と全校児童に手作りの記念品が贈られ、校長先生からは賞状が授与されました。そして、全児童一人一人と握手をしてお別れをしました。
 入学当時から大きく成長して、次の段階へ進む二人に惜しみない拍手が送られていました。

▼二人の気持ちが書かれた作品


▼二人の見事な合奏






▼二人から全校児童に手作りの記念品が贈られる


▼校長先生から二人へ賞状が授与される




▼校長先生と教頭先生に励まされてお別れ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

長野県広域緊急援助隊の訓練

2017-02-27 23:26:20 | 日々の公務
▲救出された要救助者をヘリに乗せる

 2月27日、聖高原で長野県広域緊急援助隊(警備部隊)の冬季救助訓練が行われました。
 この訓練は毎年聖高原で実施されており、雪崩に巻き込まれた車両と聖湖に転落した車両から要救助者を救出しヘリで病院へ搬送するという想定。
 今回は、初期の偵察にドローンが使われるなど、極めて実践的な救助訓練となりました。

▼雪崩に巻き込まれた車から救出


▼車から投げ出され雪に埋まった要救助者を救助






▼聖湖に転落した車両をドローンで偵察


▼氷を割り潜水して救助




▼ヘリで病院へ搬送


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

近隣3村の老連交流会

2017-02-21 22:23:08 | 日々の公務
▲プロ並みの特技が披露

 2月21日、麻績村で東筑摩郡北部3村の老人クラブ連合会の交流会が開催されました。
 各村の活動内容の報告や意見交換が行われ、その後は楽しい交流会へと移り、当番村麻績村の会員から手品や南京玉すだれ、三味線、舞踊、、民謡などが披露されました。

▼楽しく盛り上がった交流会



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

かたくり教室の生活単元学習参観

2017-02-21 22:21:13 | 日々の公務
▲見事な合奏を披露

 2月21日、麻績小学校特別支援教室「かたくり教室」の生活単元学習「あっちゃんとあそぼう!」を参観。
 参観者を交えて「はないちもんめ」や「椅子取りゲーム」、「かるたとり」、そして「ビリーブ」など2曲の見事な合奏を披露してくれました。
 また、一年の活動記録をスライドで紹介。児童たちの立派な成長と頑張りに感動しました。

▼かるたとり


▼驚きのドラム演奏


▼児童の作品




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

清水大選手惜しくも2位/長野国体

2017-02-15 22:41:43 | 日々の公務
▲力強い滑りでゴールへ

 2月15日白馬村で開催された長野銀嶺国体ジャイアントスラローム(成年男子B)に出場した清水大選手(麻績村)、5番スタートでトップに立ち、20人、30人を終えてもトップを維持、勝利確実と思っていましたら36番の武田竜選手(北海道)にかわされ惜しくも僅差で2位となりました。
 会場に駆け付けた応援団からは大きなため息。次回に向けて頑張ろうね。
<結果は次のとおり>
1位 武田 竜 北海道 (有)武田企画 1:16.79
2位 清水 大 長野県 スキースターズ長野 1:17.11
3位 小林 大郁 北海道 (株)北海道銀行 1:17.37
4位 大村 和哉 北海道 ブレイン(株) 1:17.43
5位 佐藤 栄一 新潟県 妙高リージョンスキークラブ 1:18.16
6位 水口 雄太 富山県 南砺市役所 1:18.23
7位 小松 恭平 岩手県 新日本設計(株) 1:18.52
8位 小船 勝巳 岩手県 荒沢運送(株) 1:18.67 

▼表彰台に立ち清水選手(左端)


▼会場に駆け付けた応援団


▼快晴のスラローム大会

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ICI石井スポーツカップ・第20回聖高原ジュニアジャイアントスラローム大会

2017-02-06 22:41:42 | 日々の公務
▲120名を超す選手が参加しての開会式

 2月5日、村観光協会主催による「ICI石井スポーツカップ第20回聖高原ジュニアジャイアントスラローム大会」が聖高原スキー場で開催されました。
 当日は長野県内外から120名の選手が参加。標高差90m、全長400m、旗門18のコースで年齢別男女別6部門、そして小学生未満1部門でタイムが競われました。

▼三峰山頂付近のスタート地点


▼標高差90m、全長400mのコース


結果は以下のとおり。(3位まで、敬称略)
第1部(小学生1~3年男子)
①川口祐太朗(長野・やぶはらJ)31″36


②小林春輝(長野・鹿島槍J)31″68


③輪湖雅治(長野・あさひJ)31″70


第2部(小学生1~3年女子)
①澤村玲奈(長野・松本市)33″77


②森理葉(長野・湯の丸J)36″28


③小林こころ(長野・鹿島槍J)36″42


第3部(小学生4~6年男子)
①清澤力優(長野・あさひJ)28″81


②上沢亜樹(長野・長野市J)29″90


③今井利信(長野・オレンジモンスターズ)30″02


第4部(小学生4~6年女子)
①喜多史央里(長野・小牧小)30″88


②横田彩(長野・鹿島槍J)32″42


③木村夕日(愛知・ペニソラ音楽団)33″20


第5部(中学生男子)
①片桐正太郎(長野・鹿島槍J)27″19


②小林泰智(長野・鹿島槍J)28″31


③輪湖知治(長野・あさひJ)30″13


第6部(中学生女子)
①荒井朔未(長野・鹿島槍J)30″45


②小出柚羽(長野・鹿島槍J)30″77


③近藤美保(長野・やぶはらJ)31″79


第7部(小学生未満)
①川口諒恭(長野・大門保育園)23″88


②田中遼介(神奈川県・川崎市)25″03


③小出幸永(長野・聖フランシスコ保育園)25″06


▼力強い前走者の滑走









コメント
この記事をはてなブックマークに追加