麻績(おみ)村長ブログ ~ 麻績暮し万歳! ~ 美しい麻績村の風景や行事、公務などを、写真と共につづります。

皆様とのくつろいだ会話から、村政が身近になって欲しいと願っております。どうぞ、お気軽にご訪問下さい。

コメントの取扱いについて(お願い)

 ご意見などのコメントは、管理人から承認されてから公開されます。  良識と節度ある投稿をお願いします。  また、公開を希望されない場合には、その旨を明記して下さい。  貴重なご提言などには、お名前とメールアドレスを明記して下さい。

地方創生シンポジウム開催

2017-06-11 18:24:15 | 日々の公務
▲テレワークの環境整備と仕事創出を討議

 6月10日、村地域交流センターで麻績村主催(後援;内閣府地方創生推進事務局、総務省、長野県、松本大学)による地方創生シンポジウムが開催されました。
 “今こそ地方創生!『戦略策定から実践へ』”と題して内閣府内閣官房地方創生総括官唐澤剛氏の基調講演が行われ、引き続きパネラーに唐沢剛氏のほか長野県松本地域振興局長吉川篤明氏、松本大学学長住吉廣行氏、麻績村長を加え、総務省テレワークマネージャー森本登志男をモデレーターに、「新たなワークスタイル『テレワーク』の環境整備と新たな仕事創出を狙って」のテーマでパネルディスカッションが行われました。
 会場には村民のほか近隣市村から総勢約170名の方が訪れ、真剣に聴き入っていました。
 村では昨年度から地方創生事業の一環としてテレワーク環境の整備を進めており、それに合わせてのシンポジウム開催となりました。

▼来賓として臨席された前内閣府大臣政務官務台俊介衆議院議員


▼内閣府内閣官房地方創生総括官唐澤剛氏の基調講演




▼真剣に聴き入る参加者


▼テレワークによる新たな可能性など討議




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

竹前先生が日伊芸術祭で大賞受賞

2017-06-08 18:30:02 | 日々の公務
▲受賞作品が貼られたワインを手にされる竹前先生

 竹前碩齋先生(書家、麻績村横辻在住)が日伊芸術文化教育実行委員会主催によるローマ建国2770年・大政奉還150周年記念日伊王朝ワインラベル古都藝術祭で最高位の大賞を受賞され、その報告に6月7日村長室を訪れて下さいました。
 今年4月にイタリアのローマ ギャラリー「makemake」で、5月に日本の京都市勧業館「みやこめっせ」で開催された藝術祭で、力強い草書体の「古代遺跡」とカタカナの「ローマコロッセオ」と揮毫されたワインラベルの作品が高く評価され、この度の受賞となりました。
 ヨーロッパでは、ワインが長い歴史の中で「平和」と「豊かさ」の象徴となり、その瓶に貼られるラベルがアートラベルという分野の芸術ジャンルが誕生したとのことです。

▼作品が貼られたワイン、額装されたラベル作品、表彰状


▼村長室を訪れられた竹前先生

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

市野川地区の大運動会

2017-06-05 18:33:30 | 日々の公務
▲老いも若きもみんなで楽しむ

 6月4日、麻績村北部の市野川地区で第37回農休日大運動会が区公民館運動場で開催されました。
 戸数56戸のこの地区も過疎化・高齢化が進んでいますが、みなさん陽気で元気。小さな子どもからお年寄りまで区民総出の楽しい運動会が行われました。
 趣向を凝らした14種目の競技を区内4町会対抗で競われ、3位入賞者まで豪華賞品がもらえるという本格的な運動会。そして、運動会終了後は大広間で全員揃っての大宴会、私も楽しく参加させて頂きました。

▼国旗と区旗の掲揚とラジオ体操で始まる




▼子どもたちの競技には大きな声援が




▼4町会対抗の種目は真剣に








▼地元の民謡踊り「番場節」



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

雹の被害が甚大

2017-06-01 18:39:43 | 日々の公務
▲被害を受けたリンゴ

 5月31日、午後8時ころから発生した時間降雨量50mmの豪雨と、そして耳を突き刺す雷鳴と共に地面が白くなるほどの降雹があり、農作物に大きな被害がありました。
 果樹、野菜、葉タバコなどに被害があり、特にリンゴは雹に打たれ傷がつき被害は甚大となりました。

▼摘果前のリンゴ 全ての実に傷がつく


▼原型を留めないほどの茄子の葉


▼ブドウも被害


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第68回全国植樹祭

2017-05-29 21:44:55 | 日々の公務
▲天皇皇后両陛下御臨席

 5月28日、富山県魚津市桃山運動公園で天皇皇后両陛下の御臨席のもと、公益社団法人国土緑化推進機構及び富山県主催による第68回全国植樹祭式典が開催されました。
 この植樹祭は森林や緑化に対する国民の理解を深めるため毎年行われているもので、今回は『かがやいて 水・空・緑のハーモニー』をテーマに、富山県の魅力が大きく表現された素晴らしい式典でした。
 天皇皇后両陛下の御手植え樹種は、タテヤマスギ、コシノヒガン、ヒメコマツ、コシノフユザクラ、キタコブシ、ホウノキの6種、また御手播きは樹種は、エドヒガン、タブノキ、ヤマザクラ、マルバマンサクの4種で行われました。
 
▼プロローグアトラクション Tomomiさんの歌唱


▼創作舞踊 「立山の精」


▼「輝く森」




▼「輝く川」


▼「輝く海」


▼天皇皇后両陛下御臨席


▼主催者挨拶


▼石井隆一富山県知事挨拶


▼天皇皇后両陛下のお手植え・お手播き










▼越中万葉の歌唱


▼リレーセレモニー 福島県へ


▼天皇皇后両陛下御退席
.



▼エピローグアトラクション 麦屋節


▼森づくりボランティアの紹介


▼グランドフィナーレ




▼大会オリジナル弁当


▼記念植樹(長野県関係者)



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

LD等通級指導教室が麻績小に開設

2017-05-18 21:05:15 | 日々の公務
▲関係者で看板の序幕を行う

 塩筑北部(麻績村・筑北村・生坂村)の小学校児童が利用できるLD等通級指導教室「北部まなびの教室」が麻績小学校に開設し、その看板の序幕式が5月18日行われました。
 この教室は、様々な事情で一部に特別な教育的支援が必要になる児童が利用でき、個々に応じた内容で学習する教室です。また、この教室の先生が当該校へ出向いて指導もできます。
 『全ての子供たちが健やかに育って欲しい』そんな願いで開設された教室です。

▼担当されるお二人の先生


▼教室を視察する関係者


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

松本大学との連携協定

2017-05-10 22:53:42 | 日々の公務
▲住吉学長と協定書に署名

 6年ほど前から観光や教育関係でご支援を頂いてきた松本大学(住吉廣行学長)と、改めて今後幅広い分野で相互連携をして行こうと、去る5月9日麻績村役場で協定書の調印式が行われました。
 住民の行政ニーズが多様化・高度化・複雑化する中で、これらへの対処や将来へ向けてのあり方など探るために、また、過疎化、少子高齢化が急速に進む中で地域の特性を生かした新たな地域づくりを進めるために、大学に集積する知識や情報、若い学生さんの新鮮・斬新な考えなど多くを活用させて頂けることが期待できます。
 大学側でも地域に密着した実践学習により、将来地域を担う優秀な人材が育ことを期待しています。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

おみっこ元気くらぶが今年も開校

2017-05-07 23:19:46 | 日々の公務
▲「サザエさん一家」が登場しての開校式

 5月7日、人気の『おみっこ元気クラブ』が今年もオープンしました。
 楽しい一年がスタートしました。

▼全員で記念撮影

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

麻績川の夜桜まつり

2017-05-06 22:45:56 | 日々の公務
▲ソメイヨシノが散って八重桜が満開に

 5月6日、麻績インター横の麻績川沿いの桜並木を楽しもうと、夜桜まつりが行われました。
 300mぐらい続くこの並木は、地元明治町地区の皆さんが麻績川の美化運動の一環として植栽したもので、ソメイヨシノと八重を交互に植えてあるため、毎年2回のお花見ができる場所になっています。
 毎年、一般の花見が過ぎたこの時期に行われており、訪れた人たちは色鮮やかな八重桜を楽しんでいました。

▼JR聖高原駅付近からも見えます


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

天王社の春祭り

2017-05-05 21:33:02 | 日々の公務
▲神社へ進むお練りの行列

 5月5日、下井堀区の天王社の春祭りが行われました。
 氏子たちが各自手作りした葵の花をつけた小竹の縁起物を持ち寄り、これを束ねて飾り物を完成させ、12時半いよいよ公民館から高台にある天王社に向かって、役員・来賓を先頭にお練りが出発します。
 神社に着いた一行は、合祀したそれぞれの社前で笛や太鼓のお囃子を奉納し、それに続いて牛頭天王を祀った本殿で神主さんによって神事が催行され、その後は舞台の演芸を見ながら広場で大宴会が始まります。
 地元の青年団組織が取り仕切るということで、格別に威勢の良い楽しいお祭りです。
 村内各所のお祭りが若い担い手が少なくなり昔のような元気がなくなる中で、実に羨ましい姿です。
 豊作を祈って田んぼの水口に立てる御幣やスルメ、などを全戸に配るという昔からの貴重な伝統行事も大切に伝えられています。

▼社前で笛や太鼓のお囃子を奉納


▼本殿での神事


▼全戸に御幣とスルメが配られる


▼ゆっくりと頂戴致しました


コメント
この記事をはてなブックマークに追加