タカニシの徒然ブログ

最近、気になった話題を自分なりに書いていきます。

初めて知った「塩化ナトリウム中毒」乳児にたいしての食塩に注意

2017-07-12 13:36:35 | 日記

1歳児、食塩小さじ1杯程度で致死的の恐れ 中毒死事件

「その日何があったのか」 食塩中毒死、両親がコメント

 

2015年8月18日 岩手県の盛岡市の保育園で悲しい出来事がありました。

それは、1歳になったばかりの乳児が亡くなったという悲しい事件でした。


そして、約2年経った2017年 7月やっとその事実が判明され、
乳児の死因は「塩化ナトリウム中毒」です。


1歳児の乳児であれば、食塩の摂取は気を付けないといけません。
致死量としては、5~6g の小さじ1杯程度摂取すると、死に至ってもおかしくありません。

ましてや、それが食塩を水に溶かした塩水だったら、なおさら危険です。

なぜなら、塩水だと一気に小腸に吸収されるからです。


なにも注意が必要なのが、乳児だけではありません。
大人もある程度の食塩は必要ですが、摂りすぎは危険です。

 

少し前に問題になった、「塩水ダイエット」は覚えているでしょうか?

【ソルト・ウォーター・バッシング(塩水洗浄)】
として、気軽にできるダイエットとして話題になりました。


作り方は簡単です。

「空腹時に1%の食塩水を1リットル短時間(10~20分以内)で飲み切る」

だけです。
その後、便意を感じたら、デトックスできるという手軽なものでした。

確かに、用意するものは

・水 1リットル
・食塩 10ミリリット (10 cc) (11g [塩のかさ比重は1.1])

だけでなので手軽にできるところが売りでした。


しかし、これは医者の間からも危険と言われ、絶対にしないようにと注意されていました。

 

確かに、夏場は汗をかくので、塩分が必要といわれます

しかし、500ミリリットルの汗をかいたとしても約1.5グラムです。
よほどの汗をかかない限り、食事で摂取する塩分で十分です。

ちなみに、市販されているスポーツドリンクには約0.1~0.2%です。

『社会』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« トランス男性? トランス 女... | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL