たかにPTA・活動記録ノート

高井戸第二小学校PTAの活動記録。
※パスワード付きのページは"カテゴリー⇒一般非公開記事(パスワードが必要)"から。

広報委員会・1年を振り返って

2015-03-31 16:39:11 | 2014(H26)年度

6人全員が会社員で平日なかなか時間を割けない、さらに「パソコンでの誌面デザイン」のスキルを誰も持たない、まさに「ないないづくし」の、2014年度の広報委員会。無理なく、そして楽しく活動を続けるためにはどうすればいいか?決起集会の焼き肉パーティーで、委員会の進め方について皆が自由に意見を出し合ったのが活動のスタートでした。

まず行ったのがデザイン業務のアウトソーシングです。委員の1人が抜群の情報収集力を発揮し、安くデザインを引き受けてくれる業者を見つけてきてくれました。写真をとり、記事を書き、デザインのイメージを伝えれば、業者の方が綺麗な誌面にまとめてくれます。これまで広報委員は、パソコンのスキルがないと務まらないのでは!?という先入観から敬遠されがちだったようですが、アウトソーシングの導入によって、広報委員のハードルを随分下げることができたと実感しています。

もうひとつ力を入れたのが、このPTAブログの新規立ち上げです。これも、PTA活動の「敷居の高さ」「とっつきにくさ」を少しでも解消したいという思いから取り組んだことです。7月から始まったブログには、30人以上の保護者のみなさまから、50本近くの記事が寄せられました。最近ではありがたいことに認知度も上がってきたようで、記事の更新をメールなどでお知らせすると、200人近くが見に来てくれるようになりました。様々な書き手が多角的な視点からPTAの取り組みを伝えることで、活動を身近に感じて頂ける、そんなメディアに育ってきたと自負しています。 

今年度のPTA役員のみなさまは、こうした広報委員の前例のない活動にも理解を示してくださり、要所で適切なアドバイスも寄せてくださいました。本当に感謝しています。筆者は男性ですが、おりからのイクメンブームもあり、若い世代のパパたちがおしなべて地域活動に積極的であることを実感しています。働く女性も増える中、いまPTAがこの男性パワーを取り込まない理由はないと思います。いま以上に、男性も、働く女性も参加しやすい、多様な関わり方が許されるPTAになっていってほしい…そう願っています。1年間、みなさま本当にお世話になりました。そしてそこのあなた、来年度の広報委員を、ぜひやってみませんか!?責任もってサポートさせていただきます!

(写真は2月に開いた最後の広報委員会の様子。外部デザイナーへのお礼を兼ね、居酒屋で行いました!)

(広報委員長 勝間田智之)


この記事をはてなブックマークに追加

「スーホの白い馬」 朗読コンサート・ついに開催!

2015-03-01 12:19:45 | 2014(H26)年度

二年生の国語の授業で学習した、「スーホの白い馬」その朗読コンサートが2月27日に開かれました。
フルートと重厚で深みのある音色の馬頭琴と臨場感溢れる朗読。
晴天のその日、クリーム色のカーテンのランチルームはさながら、「ゲル」の中にいるようでモンゴルの世界に引き込まれました。
子ども達が掛け声をかけながら踊る曲では、どの子どももニコニコ笑顔で可愛らしかったです。
素敵な時間を過ごせたこと、その素敵な学年行事を恒例として頂けたことに感謝いたします。


一人一人が粘土で作った馬です。

 

二年生皆と担任の先生、図工の先生とで描いた馬の絵。よーく見ると葉っぱが手の形です。

 

モンゴルの衣装で、素敵な演奏して下さった橋本さん、長谷川さん、渡辺さん。


馬頭琴はその名の通り、ヘッド部分が馬の頭の形。弓も弦も馬のしっぽの毛から作られている楽器です。

一年生の保護者の方、来年のコンサートで、馬頭琴の形と音色を楽しみにしていて下さい。


50人近くの保護者の方が集まってくれました。お忙しい中、ご参加頂きありがとうございました。

(2年生クラス委員・一同)


この記事をはてなブックマークに追加

行事委員会・1年間の活動紹介

2015-02-24 18:40:28 | 2014(H26)年度


平成26年度 行事委員会について、今年度1年間の活動内容をご紹介します。

4月:第1回PTA運営会にてドキドキの初顔合わせ。

メンバーは各クラスから1人ずつの合計20人。ここで委員長・副委員長・会計・書記(2名)が決まりました。


5月:第1回行事委員会

まずは自己紹介。そして、子ども向けイベントの持ち寄りアイデアを各自発表、保護者向け講演会について意見を出し合いました。


6月:第2回行事委員会

月森久江先生講演会の役割分担、子ども向けイベントの候補をいくつかに絞り、交渉内容などについて話し合いました。


7月:第3回行事委員会

月森先生講演会のタイムスケジュール確認、子ども向けイベントについて各担当者が報告。

話し合いと多数決によりコブリナサーカスに決定!


7月26日:月森久江先生講演会「全ての子が輝く特別支援教育とは」開催

(「特別支援教育の講演会開催!」をご参照ください!)

 

9月:第4回行事委員会

月森先生講演会の振り返りと、コブリナサーカスの打ち合わせ進捗状況の確認、役割分担について話し合いました。


10月:第5回行事委員会

コブリナサーカス公演の役割分担について、また当日の流れについて打ち合わせしました。


11月:第6回行事委員会

コブリナサーカス公演について、タイムスケジュールを確認、役割ごとにグループに分かれて話し合いました。


12月3日:コブリナサーカス公演

(「『コブリナサーカス』が開催されました!」をご参照ください)


12月:第7回行事委員会

コブリナサーカス公演についての振り返りを行い、来年度への引継ぎ事項など確認しました。


2月:第8回行事委員会

長いようで短かったこの1年、来年度に向けて行事委員会の予算や、今年度の行事委員活動の感想などを話し合いました。

「行事委員をやって良かった点」をメンバーに聞いたところ、こんなに素敵な意見がたくさん!

 

・みんなで作り上げる喜びを感じられた
・子ども達の喜びを直接受けることができた
・イベントの時期が決まっていて、それに向けて会議が月に1回で負担が少なかった
・やりたいことをみんなで話し合って決めるのでオススメ
・親の委員会活動が子どもの積極性にいい影響を与えた
・企画からイベント当日へとワクワク感を持ちながら、前向きに活動ができた
・子ども達に親の活躍を直接見せることができる
・親の委員会活動を子どもも喜んでくれた
・仕事があっても出来ることを担当して、負担がかからず楽しく活動できた

 

専業主婦、パートタイムやフルタイムで働くママ、乳児・幼児がいる人、高校生や成人の子どもがいる人など、メンバーの背景は様々。

「これなら自分に出来るかな?」ということを積極的に引き受け、役割分担をしつつもお互いが協力しあって2つのイベントを成功させることができました。

和気あいあいとした雰囲気ながらも委員会では毎回いろんな意見が飛び交い、その都度考えたり迷ったり笑ったりしながら、あっという間に1年が過ぎていきました。

(行事委員長 加藤弓子)


この記事をはてなブックマークに追加

地域班活動について~世話人会と地域班全校集会~

2015-02-23 13:23:44 | 2014(H26)年度

地域安全委員会(校内)では、子どもたちが、安全・安心な学校生活を送れるようにするためのさまざまな活動を行っています。そのうちの地域班活動について紹介します。

高ニ小では学区を18に区分けした地域班と呼ばれる班活動を行っています。地域班は、防犯・防災の観点から地域のつながりを大切にし、近隣のご家族同士が協力し合うことを目的として組織されています。その地域班のとりまとめを世話人・副世話人さんにお願いし、地域安全委員も協力して活動しています。

 (1) 2月3日 「平成27年度 第1回世話人会」が開催されました。

来年度の世話人・副世話人さんにお集まりいただき、世話人・副世話人の役割について説明しました。みなさん真剣に聞いて下さっていました。

当日は、新1年生保護者の方との顔合わせもあり、さっそく世話人さんとしての活動を開始していただきました。

 


(2) 2月14日 「第二回地域班全校集会」が開催されました。

子どもたちも、学級、学年の枠を超えた地域班のつながりを持つことによって、災害時や緊急時にお互いに助け合えるようになることを目的に活動しています。

地域班では、子どもたちのリーダーとして上級生の中から班長・副班長さんが選ばれています。今回の全校集会では、一年間お世話になった班長・副班長さんから来年度の班長・副班長さんへ交代しました。

今回も、地域班全校集会の後、集団下校を行いました。

今年度から始めた集団下校です。まだ子どもたちも、保護者も慣れないことが多いですが、世話人・副世話人さん、先生がた、地域安全委員が協力してよりよい方法へ見直ししていきます。

(地域安全委員(校内)餅原)


この記事をはてなブックマークに追加

選挙委員会の活動

2015-01-30 18:07:43 | 2014(H26)年度

タカニPTAの活動を支える6つの委員会の中でも、仕事の内容があまり知られていないのが「選挙委員」。活動におじゃましました。


1月下旬、ここは体育館横にあるミーティングルーム。


選挙委員の皆さんが集まり、一心不乱に作業中。信任投票の集計を行っているところでした。けっこう和気あいあいとした雰囲気です。
選挙委員長に、委員会活動の実態を伺いました。

【広報委員・以下「広」】どういったペースで活動しているのですか?

【選挙委員長・以下「選」】およそ毎月1回、平日に集まっています。ただし、選挙を控えた2学期は多少忙しくて、月2回ほど集まります。

【広】なぜ2学期は忙しいのですか?

【選】みなさんから寄せられた「この方こそが来期のPTA役員にふさわしい」という推薦の声などを参考に、多くの保護者のみなさんに役員選挙への立候補を直接オススメしていくのが2学期なのです。それでやや忙しくなりますね。

【広】活動のどんな面が楽しいですか?



【選】選挙委員をやってよかったと思う瞬間は、多くのすてきな保護者のみなさんに知り合えることです。私たちが選挙について相談すると、ほとんどの方が真剣にPTAについて考え、誠実に話し合ってくれます。そんな経験を重ねるたび、たくさんのいい親御さんに恵まれた、いい小学校だな、タカニは!と思えてきます。

なるほどー。活動を通じ、学年を超えて多くの保護者と知り合いになれる、というのが、選挙委員ならではの魅力なのですね。


【選】選挙委員は出来ることをそれぞれがやり、無理はせず、楽しい雰囲気の中で一致団結してやってまいりました。このようにできましたのも、皆様のご協力あってのことだと思っております。会員の皆様、1年間本当にありがとうございました。



選挙委員会のみなさま、ご協力ありがとうございました!

(広報委員会)


この記事をはてなブックマークに追加

「スーホの白い馬」 朗読コンサート ~準備編~

2015-01-30 14:07:46 | 2014(H26)年度

毎年恒例の2年生学年行事が2月27日にあります。
国語の教科書に載っているモンゴルのお話し「スーホの白い馬」。そのお話しの中に出てくる楽器が「馬頭琴」です。
三年生以上の保護者の方はご存じで懐かしいのではないでしょうか。

まだ見ぬ馬頭琴と音色に思いを馳せながら、2年クラス委員一同は準備を進めています。

これは当日に配布する、作成途中の資料。気合いを入れて作っています!

※学年行事なので2年生の保護者のみがコンサートに参加出来ます。

多くの皆さまの参観をお待ちしています!

(2年生クラス委員・一同)


この記事をはてなブックマークに追加

みんなできるよ やってみよう!

2015-01-30 13:57:59 | 2014(H26)年度

「西宮中学校区子ども地域活動促進事業・みんなできるよやってみよう」のご紹介です!

久我山小・松庵小・高四小・高二小など地域の子どもたちが西宮中学生と交流できる活動が、2014年12月1日に開かれました。タイトルは「西宮冒険記2014」。今年から中学生が主体となり、とっても頑張りました。

ブースの紹介をしたいと思います。

★スポチャン

スポチャンの正式名称は「スポーツチャンバラ」。優しくスポチャンのやり方を教えてくれました。

戦って楽しいことがいっぱいでした。

★バルーンアート

バレー部のお姉さんたちが自分の好きな形を一緒に作ってくれました。

★将棋

お兄さんたちやプロに習い楽しい時間でした。

プロと将棋が出来てとても面白かったようです。

★チャレンジ防災

防災で必要な食事(防災食)履物(新聞紙で作るスリッパ)などを体験できるブースになっています。

お湯又は水でできるカレーピラフです。おいしかったです。

作ったスリッパで砂利の上を歩いてみました。

★ホッたて小屋マンション

初のブースです。ちょっぴり怖いお化け屋敷?

びっくりもしたけど楽しかったです。

★楽器体験

トロンボーン


ホルン


トランペット

お姉さんお兄さんたちが、優しく教えてくれてとっても面白かったです。

★どろだんご

つやつや光る☆どろだんごを教えてくれました。

時間がかかったけどかわいくできました。

★西宮cafe

休憩できるcafeがあります。

初めての図書のリサイクル(英検・漢検・参考書など)、
式服リサイクル(式服・ジャージなど)も。サイズが合えばラッキーですよ!

★西宮ベーカリー

一押しのブースです。西宮中で実際に出されている給食のパン販売!!

給食室で出来立てほやほやの給食パン、即日完売でした。

とってもおいしかったですよ!

★ソースせんべい

ソースせんべいなのですが、ソースはイチゴジャムとブルーベリージャム。
二種類とも、とっても好評でした。

そのほか、

リアル野球盤

ミニサッカー

ジャスティスパーク

ベイブレード

ストラックアウト

くつべらゴルフ

シューティング物語

楽しいブースがたくさんありました。

吹奏楽部の演奏・英語漫才など中学生ならではの姿も見られ、
子どもも大人も楽しめる「西宮冒険記2014」になったのではないでしょうか。

また、5,6年生からも、こんな西宮中生のようになりたいとの声も聞こえてきました。

小学生225名・中学生210名の参加で、大盛況のイベントでした!

地域安全委員会校外 記 和田

 


この記事をはてなブックマークに追加

浴風園で花壇づくり!

2015-01-30 13:42:35 | 2014(H26)年度

地域安全委員会(校外)による、養護老人ホーム「浴風園」での活動を、このブログでもお伝えしてきましたが、今回は、2014年11月1日土曜日に開かれた、浴風園活動第4弾「花壇づくり」についてリポートします。

行ったのは、パンジーの苗植えです。
多くの小中学生が集まってくれました。

愛らしいたくさんのパンジーを見ると心が和みます。
さぁ、みんなの力を合わせて素敵な花壇を作りましょう!

まず、お花を植える位置を決めます。
苗を置いていると、おじいさんもおばあさんも立ち止まり、花壇を見ていました。

いよいよ子ども達の出番です!
苗をやさしく持って、素敵なお花がいっぱい咲きますように。
一つ一つ、子ども達が心を込めて植えました。

あっという間に25メートルの花壇がお花畑になりました。
白・黄色・オレンジ・紫色・ボルドー色の500鉢のパンジーが花壇を華やかにします。
今年の冬は、花壇いっぱいに綺麗なお花が咲き続けることでしょうね。

(地域安全委員会 校外 記 佐野)


この記事をはてなブックマークに追加

おやじ主催・もちつき大会挙行!

2015-01-17 00:00:00 | 2014(H26)年度

2015年1月11日。校舎の3階にある、ランチルーム横の芝生エリアに、たくさんの親子が集結していました。

繰り広げられていたのは、もちつき!
ここ数年、「親児の会」が主催してきた恒例行事です。去年までは体育館などで行われてきましたが、今年は趣向を変え、新校舎の最上階が会場となりました。

青空とぽかぽか陽気のもと、大人もこどもも気持ちよく杵をふるいます。

芝生エリアでは、“月心会”(タカニの子どもや保護者も多数在籍する空手団体です)による、迫力満点のパフォーマンスも行われました。蹴りや突きで板をたたき割る、圧巻のステージ!

つきあがったもちは、ランチルームの隣の家庭科室に運ばれます。
ここでPTAの有志のみなさまが、瞬く間にもちを切り分け、お雑煮やおしるこを作ってくれました。

つきたてのおもち、うーん、最高!!

ところでこのもちつきには、地域で昔ながらの遊びを伝承する“昔遊びの会”の方々に毎年参加頂いています。

“南京玉すだれ”を実演していただき、あやとり・お手玉、コマ回しなど、親の世代も昔なつかしい遊びの数々を、丁寧に教えてくださいました。

なかなか他では経験できない「校舎最上階でのもちつき」。ご参加頂けなかった方は、来年ぜひ!

(広報委員長・勝間田智之)

 


この記事をはてなブックマークに追加

『コブリナサーカス』が開催されました!

2014-12-04 15:59:29 | 2014(H26)年度

12月3日、高井戸第二小学校体育館にて、行事委員会が主催する児童向けイベント『コブリナサーカス』が開催されました。

この度、行事委員では、予算、日程、会場等様々な条件の中で、子どもたちの沢山の『感動』と『笑顔』が見られるよう熟考をかさね、学校にサーカスを呼ぶという企画をたてました。

「体育館にサーカスが?」

「そんなことができるの?」

企画を立案する立場の行事委員自身も想像つかないワクワクするような企画。

 

今回お願いしたコブリナサーカスは、逆立ち芸「ハンドバランスアクロバット」オリジナリティ溢れるローラーバランスやジャグリング等を日本だけでなく海外17カ国で公演した経験も豊富で、2009年~2010年NHK教育テレビ「天才てれびくん」での「サーカス部」指導をきっかけに子どもたち向けのプログラムにも積極的に取り組んでいます。

  

子ども、先生、保護者と約450名の皆様に参加頂いた会場では、人間技とは思えない、迫力満点の技が繰り広げられる度に、歓声が!

会場の皆が一緒にコブリナサーカスの動きにあわせて動き、コブリナサーカスの団員となりました。

 

最後は圧巻のガッツ&ようこさんのハンドバランスアクロバットでフィナーレを迎え、コブリナサーカスの世界に魅了されたあっという間の時間でした。

 

しかも・・・、感動冷めやらぬ子ども達の退場の時に、まさかのサプライズ!

メンバーの皆様が出口にて子ども達に直接声をかけてお別れまでしてくださったのです。

 

素晴らしいショーだけでなく、最後の最後まで、エンターテイナーとしてのサービス精神に子どもも大人も大感激でした。

コブリナサーカスの皆様ありがとうございました。


 

また、今回の企画では、沢山のサポートの皆様、諸先生方のご協力も頂きました。

この場をかりて改めてお礼をいわせてください。

「大変ありがとうございました!」

(行事委員 綿貫美和)


この記事をはてなブックマークに追加

運動会特集・裏話 「セピア色の写真のヒミツ」

2014-11-25 00:00:00 | 2014(H26)年度

 

「もちの木」第2号、もうご覧いただけましたか?どんなふうに広報誌を作るのかしら?と興味をお持ちの方に、ちょっとした裏話をご紹介します。

 今回の「もちの木」では、運動会とサポーター制度の検証という2つの特集をすることになりました。運動会特集の担当となった私は、表紙にどんな写真を並べようかと試行錯誤。そのとき、白組応援団長となった6年生のエピソードを思い出したのです。

応援団長は立候補した人の中からスピーチで決定したそうですが、彼女はこんなふうに語ったそうです。

「去年、団長になったチアダンス部の先輩が格好良かったので、先輩みたいになりたいと思って立候補しました。」

先輩みたいになりたいって、凄く素敵ですよね!尊敬する先生や先輩に憧れて、子供たちは成長していきます。それがリレーのバトンみたいに受け継がれていって、高2という素晴らしいキズナが生まれていく。この感動を誌面に盛り込みたい!そして私はバトンパスの写真を表紙の真ん中に持ってこよう、と決めたのです。

写真を撮ったのは手前味噌で申し訳ないのですが、私のダンナさん。超望遠レンズを業者からわざわざ借りて撮影しました。高学年リレーのバトンパスの場所は来賓席の真ん前。その前に立つわけにいかなかったので、夫はお客様の後ろから、遠くに見えるバトンパスを望遠レンズで狙いました。あまりにも遠かったので、実はあの写真、オリジナルはピントが少々甘いのです。

この写真をより目立たせるため、そしてピントの甘さを誤魔化すため(!)に、あえて色をセピアにしました。少しノスタルジックにして保護者の方にもご自分の幼少時代を思い出していただきたい、という狙いもあります。

今回、夫と私で1700枚、写真を撮影しました。アイドルオタクみたいでちょっと怖いですね・・・(笑)。ほかにも、広報委員全員の写真を集めるとなんと2000枚以上!委員みんなの想いがこもった誌面になっています。また、委員以外の保護者の方からも素敵な写真をお借りしました。改めて御礼申し上げます。 

そんな傑作!を集めて作った運動会特集。是非、写真を1枚、1枚、じっくりご覧になって、あの感動を思い出してくださいね。

(広報委員 北島有子)


この記事をはてなブックマークに追加

震災がおきたらどうする?ゲームで楽しく学ぶ方法!

2014-11-24 23:00:00 | 2014(H26)年度

11月の運営会にて。

PTA役員たちが、ホワイトボードに学校の地図を描き始めました。何かな…!?と見ていると

「これから避難所運営ゲームを行います!」

避難所(H)運営(U)ゲーム(G)の三文字をとってHUG(ハグ)とも呼ばれるこのゲーム。
震災などの大災害が起きたとき、避難所をどう切り盛りするかをシミュレーションするものです。
2007年に静岡県で開発され、いまでは商品化されて全国の自治体やPTAなどの避難所運営の組織で活用されているとのこと。


ゲームのやり方はシンプル。遠藤校長が、避難者の情報をまとめたカードを一つ一つ読み上げます。

カードには家族の人数や性別などが書かれています。参加者は避難所運営者となり、集まってくる家族の条件に応じ、誰をどの居場所に振り分けるかを瞬時に決めなければいけません。

被災者が避難する体育館。住む地域や年齢の近い人たちがなるべく固まるよう、配置していくのですが…。

寄せられるのは避難者の情報だけではありません。救援物資搬入、取材対応、喫煙所の設置…。運営者が解決すべき、さまざまなイベントが、次々に降りかかってきます…。


大混乱のうちに終了!避難所の運営ってこんなに大変なのか!ということが、身を持って実感できます。

高齢者や障害者をどうケアする?子供連れは?ペットは?病人は?いずれも避難所運営の難題で、一歩間違えると人間関係やモラルが崩壊するきっかけになるとか。大切なのは事前にさまざまなケースに対する備えを想定し、かつ、運営するメンバーでそれを共有しておくことだということです。

大災害時、タカニは地域の避難所となります。そしてPTAは、避難所運営の担い手の一員として位置づけられているそうです。平時から、楽しみながら、被災した時のケーススタディができるこのゲームは、事前の備えを進める上で非常に有効なツールだと実感しました。
関心のある方は、ぜひPTA役員、そして遠藤校長にお問い合わせを!喜んでHUGについて教えてくれます!

(広報委員長 勝間田智之)


この記事をはてなブックマークに追加

浴風園・さんじゅ久我山へメッセージカードを送りました

2014-11-23 10:00:00 | 2014(H26)年度


地域安全委員会が毎年、敬老の日に行っている、メッセージカード活動の報告です。

養護老人ホーム・浴風園には、20枚のメッセージカードを送りました。

富士見中学校の方にお渡しし、中学生がレイアウトをして浴風園の方にお渡しする形になっています。


 

特別養護老人ホーム・さんじゅ久我山では、入居者さん全員に心のこもったメッセージカードを、

9月17日の敬老イベントの時に一人づつにお渡しし、とても喜ばれたそうです。

高二の子の温かい気持ちに感動されたとのことでした。

色々な形で地域の方々と交流が出来ることは素晴らしいことですね!

 

(地域安全委員会・校外 和田 記)


この記事をはてなブックマークに追加

校長賞:One for all, All for one あの空へ!(多田直美さん)

2014-11-01 00:00:14 | 2014(H26)年度

81人全員の思いが一つになった感動の組体操。曲に合わせて指さしたまなざしの先には、みんなの未来があるような気がしました。


この記事をはてなブックマークに追加

PTA会長賞:ゴールイン!(一色眞誠さん)

2014-11-01 00:00:13 | 2014(H26)年度


この記事をはてなブックマークに追加