老兵は死なず

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ
老兵は死なず・・・余生を楽しく愉快に参りましょう!!!

100 本件の告発経過報告書(16)

2016-10-17 20:56:46 | 日記


〇 練馬署の捜査がガタガタに崩壊し始める

 前回のブログでは練馬署の本件担当警部が前触れも無く突然のように人事異動で配属替えとなり本件の担当者も新しく代わって、練馬署の本件捜査が「迷走状態」を始めることになったという残念な経過を綴りました。
 今回はそうした捜査の迷走がどのようになされたかということについて具体的に綴って参ります。

平成27年3月9日
  鵜澤が公安委員会へ電話し、このところ練馬署の地検への送致が遅れ気味で本件担当の警部も突如として転属され不安 で一杯であると告げると担当者から下記のような回答がありました。
  〇本件は、警視庁の本庁を通じ練馬署への指導が既に始まっています。いずれ、練馬署から本庁へ文書で回答が来るの   で、その文書が公安委員会に届き次第、告発人に通達する予定でおります。

  なお、先月2月27日に練馬署の警部から3月1日付けの人事異動で急遽転属することになったと連絡があった後、直 ちに後任の警部に早急に面題したいと2度ほど電話しましたが結局のところ後任警部との連絡は取れずに終わっていまし た。
  ところが、前述しましたように鵜澤が公安委員会へ電話連絡をした直後に、後任の練馬署警部から初めて電話をもらい ました。同警部からは本件は今後自分が責任を持って担当するとの話はありましたが、その際、送検が遅れている理由、 送検できる日時については一言も具体的な説明がありませんでした。
  同警部には早い時期に一度面談をしたいが、と伝えましたが、警部からは多忙を理由に面談予定については当方間と具 体的な日時等の約束が出来ませんでした。

平成27年3月19日
  鵜澤が公安委員会へ電話連絡しましたが、前述しました練馬暑からの回答文書は未だ同委員会へ届いていないとのこと でした。

  同日、練馬署の本件後任警部へ電話しましたが不在でしたので、同警部が常駐する同署の刑事組織犯罪対策課・知能犯捜査係に電話を繋いで貰い、本件捜査の後任警部とは未だ面談が出来ていないので早急にお会いしたいと依頼した上で、一日中電話を待ちましたが結局連絡はありませんでした。
その後も相変わらず同様に連絡は無く練馬署に連絡すると警部は只今会議中、又は現場に居るなどという回答だけで何回電話をしても音信不通状態が継続しました。

平成27年3月31日
  練馬署の後任警部から突然鵜澤に電話が入り、文字通り唐突のようにして同警部が4月1日付けで人事異動により転属 することになったとの話を聞きました。この話は本年3月初めに本件の後任となった警部が1ケ月で又もや異動という余 りにも突然すぎて俄に信じられないようなもので当方は返事のしようも無い有様でした。
  そして、同警部は当たり前のように前回同様に後任の者は既に決定していますと云いました。こうした短期間の間に担 当責任者が次々に交替するという前代未聞の話は到底信じられないものであり、正に常軌を逸したとも云える人事に対し 当方としては唯々面食らうのみでありました。

  なお、本件担当の後任者の氏名を聞きましたので早速電話しましたが外出中だとのことで協議をすることは適いません でした。
  さらに、この新しく代わったという警部には、その後再三に亘って電話しましたが全く連絡が取れず何らの協議も出来 ませんでした。当方から練馬署に電話しますと、電話口に出た人は何時も同じように前回同様に「只今会議中、又は現場 に出ている」などという回答だけで何回電話をしても音信不通状態が継続しました。

  このように練馬署が捜査責任担当者を次々と交替させ、そして後任者が明らかに当方との接触を忌避するような素振り を示し続けますと、これは後任者が単に責任逃れをしているとは考えにくく、警視庁自体が本件を徹底的に隠蔽せざるを 得ないという筋書きに従ってそうした異常人事を繰り返すのであり単なる恒常的な人事異動ではないと考えざるを得ない という結論に達しました。
  こうした経過から、当方は練馬署が本件について明らかに検察送致の先延ばしを諮っているという判断をするに至りま した。
 
  こうした混乱した練馬署の捜査活動に遭遇した学内関係者は本稿のタイトル通り「練馬署の捜査がガタガタに崩壊し始 める」との空しい思いを抱きはじめました。

  次回のブログでは、このような残酷な仕打ちともいえる逆境に瀕した学内関係者が次に選択肢として選んだいくつかの 方策について綴りたいと考えています。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 99 本件の告発経過報告書... | トップ | 101 本件の告発経過報告... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。