老兵は死なず

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ
老兵は死なず・・・余生を楽しく愉快に参りましょう!!!

新しい大学作りがスタートしました!

2017-01-04 21:45:02 | 日記


 
理事長の辞任を受けて学内では瞬時に新しい大学作りに向けた活動が様々な形で始まりました。
まず、前回のブログで紹介いたしましたとおりに、辞任した理事長の後任として理事会で選任された理事長
代理が全学の教職員に対して新しい大学作りに関して、その決意を次の様な声明として公にしました。

 その決意の一端は教職員の面前で下記の通り説明されましたので紹介します。
最初に大学がこれまでに抱えてきた問題点として具体的に次の点を明らかにし、そうした問題点は早急
に改善すると確約しました。

(1)大学全体に長期的な展望がかけている。
(2)イベントが多い、レセプションなども贅沢である。こうしたものを少し解消し教職員の努力でよりよい大学
   を目指したい。
(3)理事長代理として新しい学校法人城西大学、生まれ変わった城西大学を作っていきたい。

次に、これまで大学が抱えてきた問題点を改善したいとして下記の事項を明確に指摘しました。

(イ) 無駄な会議、無駄なイベント、贅沢な会食や接待を無くして経営の合理化を徹底したい。
(ロ) 学生の授業を第一に考え、教職員が一体となって城西大学の発展を目指していく。そのような
     体系を組みたい。教育の城西大学に舵をきって行きたい。優秀な教職員を多く採用したい。
(ハ) 教職員組合の充実に努めたい。法人本部が非常に力を持っていたことで大学の学長が振り回され
    ていた弊害を改善して法人本部が大学の学長が大学で教育研究の面で存分に力を発揮できるよう
    サポートして行きたい。
(ニ) 法人本部における経営の秘密主義で本部が決めたことを説明もなく大学に実施を求めることが
    多かったが、情報を出来るだけオープンにして、教職員の共通理解を深め理事会と教職員が
    一体となって大学発展に努力 できる体制を作っていきたい。
(ホ)私は単に理事長代理であるので独裁でやるのではなく理事会の意見に十分に耳を傾けながら
   運営していきたい、また、皆様方のご協力をいただきたいと思う

 上述した理事長代理の言葉から同代理が城西大学の不適切な大学運営の実態を客観的に冷静に
判断して正しく把握していることが理解できて学内関係者は安堵の色を浮かべています。

 しかしながら、同代理が言うように大学が一瞬にして変わるなどとは誰もが予想していませんし、今後の
理事会の動きに要注意といったところです。

 次回からのブログでは城西大学が果たして見事に変貌を遂げることが出来るのか、という視点で大学の
実状を綴ってまいります。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 113 城西大学理事長が突... | トップ | 115 大学再生は日が暮れ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。