呪いの正体は

 先日、母が腰椎と大腿骨の骨密度検査を受けた。
 パンツ1枚になり、頭からすっぽり被る検査衣に着替えて検査台(ベッド)に横たわるというのは、なかなか大掛かりだ。
 私は1年前の時にも母の着替えを手伝ったはずなのに、健忘なのか、そのことを忘れていた。
 検査技師から着替えるように言われた時には、一瞬、戸惑ってしまった。
 ちなみに、近所のかかりつけの医院では、前腕部だけの撮影で、それは、検査技師の言葉を借りると「なんちゃって検査」であるらしい。
 確かにそうだな、と思う。
 骨密度は部位によって違うので、足腰に不安があるなら、そこを撮影しなければ意味がないだろう。

 検査の結果、腰椎は、若い人(骨密度が最も多い29.1歳)の90%、同年代の128%で、前回よりも3ポイント高くなっていたものの、大腿骨は、若い人(同26.1歳)の61%、同年代の90%で、こちらは6ポイント下がっていた。
 つまり、現在、週1回服用している薬には、期待したほどの効果が見られないということだ。

 主治医の説明では、皮下注射のほうが効果があるというので、検討することにした。
 注射の頻度はいろいろあるようで、母の場合、半年または1年に1回というのが負担が少なくてよさそうだ。
 注射にした場合、今の薬が不要になる代わりに、ビタミンDの服用が必要になる。
 というわけで、先取りというわけではないけれど、2週間分が処方された。
 もっと早くにそうすべきだったかも。
 カルシウムを摂っても、ビタミンDが少なければどうしようもない。

 そして、先月のMRI検査の結果を聞くと、なんと、腰にヘルニアが見つかった(検査してよかった)
 どうやら、これが痛みの原因だったらしい。
 その状態だと、足にしびれを感じていても不思議はないそうだけど、母はいたって好調だ。
 主治医によれば、神経痛というものは、そういうものらしい。
 結局、今は日常生活に支障がないので、ヘルニアは放置し、今後、何かあったら対処することになった。

 これで、母の健康問題は一段落したかな。


コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )
« なごり雪2017 「モーニング... »
 
コメント
 
 
 
よかった (とほ)
2017-06-16 06:05:39
呪いの正体が判明して、一息つけましたね。
治ったわけではないけど、それでも良かったです。
母の骨密度は、いつも医師から称賛されますが、部位別に測ったことなかったです。
なんちゃって検査だぁ。
 
 
 
Re:よかった (燈子)
2017-06-16 16:47:14
 ありがとうございます!
 いつからヘルニアだったのかまではわかりませんでしたが、何度か転倒しているし、加齢もあるので、そこは気にしません。
 「意味がないだろう」と書いてしまいましたが、なんちゃって検査でもそれなりの目安にはなると思いますよ。
 母は最初にそれを受けて骨粗しょう症とわかったので。
 本格的な検査は、着替えが必要ですし、10分から15分程度じっとしていないといけないので、ハードルが高めな気はします。
 
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。