タカ長のタカの渡り観察

タカが好き、山が好き、花が好き、心はいつも旅もよう。日々移ろいゆく心もようを綴るナチュラリストのつぶやきです。

6連チャンの3日目は

2017年05月13日 | タカの渡り
6連チャンの3日目は窓ヶ山に行きました。

今日の相棒は山メシが好きな仲間です。

山メシもいいのですが、もちろんお目当てはタカの渡りです。しかし、、、、、

    

山の上は霧の中、この霧が深くなったら薄くなったり、、、、

しかし、午前中はまったく晴れませんでした。

これだけ長時間、晴れそうで晴れないと、、、、、

花より団子ならぬ「タカより山メシ」と言うような気分になり、、、

山メシを楽しむことにしました。

  

  

ご覧のように豪華な昼食です。

この昼食を楽しんでいるとき1羽のハチクマが下から上がって来ました。

慌てて撮ろうとしたら、そのハチクマは雲の中に消えてしまい、結局1枚も撮れませんでした。

そのようなわけで、ハチクマのことなど気にすることなく昼食を楽しむことが出来ました。

    

午後になると霧も晴れ、、、、

ハチクマが飛び始めました。小さなグループが次々に、、、、と言うようなイメージです。

一番多いグループが11羽、大きな渡りとは言えませんが、この観察地の一番基本的なルートを飛んでくれて、、、

例のカメラでは撮り逃がしばかり、、、の感じになりました。

それでも気がつけば何百枚か撮っていて、、、

そのチェックは出来ないので、もう1枚貼りつけて今日の記事を終了することにします。

    

仲間のおかげで今日も楽しい一日を過ごすことが出来ました。

午後の渡りもまずまず、そのため本日は残業することになりました。

その残業を終えるころ、、、、、

    

このようなものが飛んできました。

朝鮮半島が何やら騒がしいことに関連するのかどうかわかりませんが、、、、

このようなおまけはあまりうれしくないですね。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 6連チャンの2日目は | トップ | 6連チャンの4日目は »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
タカのわたり (グランマ)
2017-05-14 07:44:24
タカ長さん

おはようございます
それにしても豪華なランチ
山で頂く食事とは思えません

タカというのは同じルートを渡るのでしょうか
それとも予想してその場所へ行くのでしょうか
学問に縁のないグランマとしては想像もできません
おはようございます (imaipo)
2017-05-14 07:48:08
お~~豪勢な昼食ですね
気の合う仲間とご馳走を良いですね。
おはようございます (ヒューマン)
2017-05-14 09:31:53
豪華な食事 いいですね~
北がまたミサイル発射 地下室を探さないと
グランマさんへ (タカ長)
2017-05-14 20:41:15
タカの渡りのルートはマクロで考えれば決まっています。
いま相手にしているハチクマは約1万キロの旅をしていますが、そのルートはほぼ決まっています。
高速道にたとえれば、それは決まっていても左車線を走るか右車線を走るかはハチクマ次第、左車線の左側か右側かの違いは風向きなどの条件で変わります。
その少しの違いで観察できなかったりできなかったり、、、、、。
もう少しいえば、鳥の世界のこと、渡りのことも分かっていないことが多いので、1+1=2と言うように歯切れのよい説明が出来ません。
そのような世界、分かっていないことが多いので面白いのです。

山メシは楽しいですよ。最高の体験でした。
imaipoさんへ (タカ長)
2017-05-14 20:44:03
昨日の相方は山メシ好き、しかし、大勢の中では遠慮があって、昨日は二人で心おきなく楽しんだ、ということです。
山では何を食べてもおいしいですが、好きなタカを見ながらの山メシは最高でした。
ヒューマンさんへ (タカ長)
2017-05-14 20:47:01
はい、豪華の山メシでした。
山の仲間にはいろいろな人がいて、彼らが色々楽しいことをしてくれます。有難いことですね。

朝鮮半島が騒がしいですが、大事ないことを願っています。
広島の近くには米軍岩国基地がありますから、有事の時は攻撃を受ける可能性があります。
そのような事態だけは避けてほしいですね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。