タカ長のタカの渡り観察

タカが好き、山が好き、花が好き、心はいつも旅もよう。日々移ろいゆく心もようを綴るナチュラリストのつぶやきです。

こんな写真が、、、

2016年10月13日 | 今日の一枚
毎日同じような生活をしているとブログのネタに困りますね。

本当は、このようは平凡な、波風のない生活が続くことはとても幸せなことですが、、

そしてそこに素晴らしいブログのネタを見つけるのが本当のブロガーでしょうが、、、

万事に平凡なタカ長はいつもネタに困っています。

    

困った挙句とりだしたのがこのような写真です。

山口県の角島で写した、、、、と言いたいのですが、、、本当のところは、、、

偶然に撮れてしまったハイタカの写真です。

タカ長のウデと例のキャノンで、何かのはずみにこのようなものが撮れることもあるのです。

    

ハイタカを撮るのなら角島、と宣伝したいところですが、、、、

そうそう軽々に宣伝できない事情もあります。

佐世保でお近づきになったホークウォッチャーのブログを見ると、撮影場所は紹介されていません。

諸般の事情を考えたら彼の考え方が正解だと思われるので、、、

タカ長が撮るようなピンボケ写真でも撮影場所は公開しないのが正しいのでしょう。

悲しい現実ですね。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今朝の夢 | トップ | 秋になったから »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おはようございます (imaipo)
2016-10-14 08:04:24
そうですね心無い人が多いですから
千葉県の我孫子市ではフクロウの営巣場所は
全く秘密です子供を育ててる最中ではなおさらでしょう
我が家の近所の大イチョウの天辺に鷹が?きたようで
カメラマンがイチョウの木の下へ20名ほどがやがやと
これでは鳥も落ち着きませんね、逃げ出したようです。
imaipoさんへ (タカ長)
2016-10-14 19:19:33
カメラマンのマナーの問題は全国どこにでもあるようですね。
鳥のことを少しでも勉強すれば、その対応法は分かるはずですが、何も勉強しないでカメラを持ち出す人は多いですね。
広島でもかつて話題になりましたが、アカショウビンの巣の前にカメラを構えて、アカショウビンが帰ってこないと不満を言っている人がいました。
そのレベルの人が多すぎるのが問題ですね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。