タカ長のタカの渡り観察

タカが好き、山が好き、花が好き、心はいつも旅もよう。日々移ろいゆく心もようを綴るナチュラリストのつぶやきです。

イカリソウの山

2017年04月19日 | 山歩きから
    

相棒と広島県安芸太田町加計の五輪山に登って来ました。

町の中の町営駐車場からの単純往復登山です。タカ長たちには初めて登る山でした。

標高は833m、高い山ではありません。コースのほとんどはむかしの生活道を利用しているためか、地図で確認するようなところはまったくありませんでした。

    

ただ単純に登るだけの山、アップダウンはまったくと言っていいくらいなくて、そのうえ登山者が嫌う階段は皆無。

その意味ではいい山ですが、コースのほとんどは杉の中でした。

しかし、初めて登る山だからでしょうか、数字以上に長く感じ、標高以上に奥深い感じがする山でした。

たまに行くのならいい山、ということでしょうか?

広島でもマイナーな山で、登る人は少ないようです。そのためネットを見ても情報は多くありません。

そのため事前にインプットされた情報がないので、、

登山道にはいると花が多いように感じました。

    

いちいちチェック出来ませんでしたが、タカ長の好きなブルー系の花もたくさんありました。

その花の数に比べたら少ないのですが、途中多くのイカリソウを見ることが出来ました。

これは想定外だったので本日のタイトルにしましたが、全山イカリソウの山と言う意味ではありません。

そのイカリソウをコメント抜きで貼り付けます。

  

  

  

  

  

  

イカリソウが咲いている環境はタカ長のイメージとは違うのですが、とにかく思わぬところでイカリソウに会えた感じで、幸せな気分を味わいました。

事前に花情報を持っていると、ついつい多くの花を想定するのですが、、、、

そのようなものを何も持たない状態で花に出遭えると嬉しくなります。

その面でも今日はハッピーな山歩きでした。

    

展望はまったくと言っていいほど期待できない山で、道々、、、、ところどころから、、、まだ雪を残している広島県の最高峰、恐羅漢山方面を見ることが出来るだけです。

この写真は五輪山の山頂から撮ったものですが、その山頂も平凡な山頂でした。

このように書くといいことは何もないように思われるかも分かりませんが、足にやさしいむかしの生活道をたどる山歩きは悪いものではありません。

次に来るときはもう少し時間を持ってきて、もっとのんびり歩くほうが面白そうです。

今日は山頂部で強風が吹いていて、そのためにのんびりできなかったのですが、、、、、

いずれにしても、、、、、どんな山でも、、、、初めての山を登るのは楽しいものです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« タダでは帰らない | トップ | 小さな山歩き »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おはようございます (imaipo)
2017-04-20 07:48:41
意外な場所で花などを見ると嬉しくなります
私も散策中へ~~~なんて気づくこともあります
特に野草の花が面白いです。
imaipoさんへ (タカ長)
2017-04-20 08:35:46
いまは情報時代で、登山でもかなり詳しい事前勉強が出来ます。
それはある面では必要なことでしょうが、あまり分かってしまうと現場に行った時の感動が薄くなるのも事実です。
その点マイナーな山は有利ですね。
昨日のイカリソウも、事前にイカリソウの山だと知っていたら、あの程度の花の数では不満にこそ思え、満足することはなかったはずです。
何も知らなかったおかげで、それほど多くないイカリソウに感動しました。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。