タカ長のタカの渡り観察

タカが好き、山が好き、花が好き、心はいつも旅もよう。日々移ろいゆく心もようを綴るナチュラリストのつぶやきです。

秋になったから

2016年10月14日 | 山歩きから
仲間たちとの裏山歩き、本日の参加者は7名でした。

天気が良いのに参加者が少ないのは、わがグループの本隊が四国の剣山に行ったからです。

ということは、本日裏山を歩いたのは、、、残りもののカス???

ではありませんよ。わがグループが誇る健脚もタカ長と一緒に裏山を歩きました。

    

いつものように、、、、と言っても久しぶりですが、、、

中国自然歩道を歩いて荒谷林道に出て、そこからアスファルト道を歩いて大杉集落まで歩きました。

ここまで往復すると16,000歩を超えるので、夏のあいだは暑いので途中で引き返しているのです。

しかし、いまは秋、気温も下がって来たので久しぶりに大杉集落まで足をのばしたわけです。

    

何ヶ月のご無沙汰だったか記憶していませんが、おそらくこのアジサイがきれいだったころから来ていないはずです。

いまは、、、もちろん、アジサイの季節も終わり、この近くにある柿も色づいていました。

    

この赤い屋根の家には人が住んでいるような、いないような、、、、

ここは私たちの団地から歩いて行ける「過疎地」なのです。いや、消滅した集落と言ったほうが適切なのかもわかりません。

    

近くの田畑は荒れて、そのうえをイノシシが掘りかえし、、、

ここだけ見ると無人の集落みたいです。

    

小さな田もありますが、そこはイノシシ除けのネットや金属製の垣にかこまれています。

そこへ町から村人が通ってきて耕作しているのでしょうが、、、

    

野生動物との戦いは休みなく続いているはずです。

何年か前に、この近くでタケノコを採らせてもらったことがありますが、今はほとんどすべてイノシシが食べてしまっているようです。

もし、収穫できるとしたらイノシシの食べ残し、ということですが、、、、

そのようなことはまずないようです。

    

私たちの裏山歩きもこれから「秋冬ヴァージョン」になります。

これから〇〇茸のシーズンになるはずですから、尾根を歩くことが多くなるでしょうが、、、

わが裏山は見た目より体力的にきついので、軽めの山歩きのつもりで大杉集落を目指すこともあります。

軽めの裏山歩きと言っても1万六千歩を超えるのですから、楽とは言えないかもわかりませんね。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« こんな写真が、、、 | トップ | 久しぶりの観察地 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (野付ウシ)
2016-10-14 19:05:19
こんにちわ。涼しくなりましたね。
こちらは朝は0°前後になってきました。
日中は10°ほどですから、ようやく汗が控えめになってきたところです。
今日も仁頃山西尾根道を使い10kmほど歩いてきました。
涼しくなり洗濯物の量が減ったようで妻も喜んでいます...
野付牛さんへ (タカ長)
2016-10-14 19:23:07
当たり前のことですが、こちらとはずいぶん違うようですね。
貴兄の山歩き、関心を持って読んでいます。
仁頃山には行ってみたいと思っていますが、加齢とともに北海道を遠く感じるようになっています。
おはようございます (imaipo)
2016-10-15 07:50:37
1万6千歩凄いですね、平地とは違い登ったり下ったりの
歩数凄いですね、健脚ぞろいの皆さんですね。
imaipoさんへ (タカ長)
2016-10-15 14:31:42
このコースは歩数は増えるのですが、体力的には楽なのです。
もちろん山道ですからアップダウンはありますが、、、、。
1万歩でも稜線に上り下りするほうが足にきますね。
でも、そのようなことを続けていますから、私たちは元気なのですね。
一皮むけばあちらこちらが痛いのは皆さんも同じようですが、そのようなことに負けないで、最後ははってでも歩きまわることを考えています。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。