タカ長のタカの渡り観察

タカが好き、山が好き、花が好き、心はいつも旅もよう。日々移ろいゆく心もようを綴るナチュラリストのつぶやきです。

感動を有難う

2016年11月05日 | 日々雑感
    

今日の広島は赤一色と言っても過言ではありません。

この記事の画像はすべてNHKテレビを写したものですが、、、赤とは我らが鯉軍団のことですね。

好天に恵まれた今日、広島東洋カープのリーグ優勝パレードが行われました。その画像を順不同で紹介します。

    

    

    

    

    

    

このようなパレードをするのは選手やファンの夢だと思いますが、これまで行われたのは41年前の初優勝のときだけです。

その時はタカ長も平和大通りに出かけて、この目ではっきり見ました。そのとき近くにいた老ファンが「ワシが生きているときにもう一度優勝してほしい」と言っていたのを今でも覚えています。

その後広島カープは優勝し、日本一にもなり、今年が7回目の優勝ですが、パレードが行われたのは初優勝の時の一回だけです。

今日が41年ぶりの優勝パレードだったので、そして今日の天気は最高だったので、これだけ多くのファンが平和大通りを埋めつくしたのでしょう。

    

今年で引退することを発表した黒田投手と2000本安打を達成した荒井選手には市民栄誉賞が贈られ、、、

パレードの先頭をオープンカーに乗って笑顔を見せていました。

    

    

    

このような風景はどのチームのファンも見たいでしょうが、、、

市民球団である「広島カープファン」はより一層、他の球団のファンにはない思いで見たはずです。

外国人選手が帰国しないで、家族と一緒に車に乗っている風景が、広島カープらしさを象徴している風景かもわかりませんね。

今年の鯉軍団は最後に忘れ物をしたので、、、

来年はその忘れ物を取りに行ってほしいと願っています。

そのことを一番願っているのは選手だとは思いますが、ファンとしてもぜひ取り返してほしいですね。

   
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 読書の秋ですが、、、 | トップ | 防災講習会 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おはようございます (ヒューマン)
2016-11-06 08:52:27
カープが広島市民に愛されていることが、よくわかりますね
地元密着の球団 さすがです
ヒューマンさんへ (タカ長)
2016-11-06 20:08:47
おっしゃるようにカープは親会社を持たない市民球団です。
そのためファン心理を他球団とは違うはずです。
隣の子が可愛いのとわが子が可愛いのとの違いと言えるかも分かりません。
今年は最後に笑うことが出来なかったので、来年はその忘れ物を取りに行ってくれることを願っています。
といってもこの歳になると枯れた気持ちでカープの試合を見ています。
本当はカープが負けたらラジオを放り投げていたころのほうが面白いのかも分かりませんね。

コメントを投稿

日々雑感」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。