1109話)ヒメウコギの怪(4)

多くの日本の図鑑などに中国原産と記されているヒメウコギ(Acanthopanax sieboldianus)ですが、その原産地はどこか、調べようとしたのです。 中国高等植物図鑑(科学出版社)は中国の代表的な図鑑だと思います。その第二冊(1972年)にウコギ属は7種が載っていますが、ヒメウコギに対応するものはありません。 まったく期待しないで、その横にあった「園林景観植物識別与応用「灌木・藤本」 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

1108話)ヒメウコギの怪(3)

学名(拉丁名)を介して、和名と中国名を翻訳でき、刺五加がエゾウコギであることがわかりました。分布する地域も双方の図鑑その他でわかるんですね。インターネットをつかえば、図鑑も不要です。 その延長で私が考えたのは、ヒメウコギは中国のどの地方の産か、ということです。それがわかれば、その道の専門家には、渡来ルートや時代の見当もつくかもしれません。 で、まずは中国の検索サイトに、ヒメウコギの学名Acan . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

1107話)ヒメウコギの怪(2)

大阪の事務所で引っ越しの最中、薬用植物の図鑑『中草葯図譜(五)』(広東科技出版社、2007)がでてきたので、何気なく開いたら、そのページにでていたのが刺五加(Acanthopanax senticosus Rupr.et Maxim.)でした。つい読みたくなるんですけど、作業の最中にそんなことをしたら、東川事務局長に叱られます。でも、こんな偶然が重なるために、私は深みにはまってしまうのです。 中 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

1106話)ヒメウコギの怪(1)

なにがきっかけだったか記憶にないのですが、ウコギにとりつかれています。山歩きをするときも、ウコギがないか、いつもキョロキョロ。つれあいには「いつも熱中できるものがあっていいね!」とからかわれます。熱しやすく冷めやすい。 ウコギ科ウコギ属の灌木で、日本にも何種類かあります。ところがなぜか代表的な種がヒメウコギ(Acanthopanax sieboldianus)のようで、図鑑(たとえば牧野植物図鑑 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

1105話)ブロッコリーの育苗

苗を買えばすむ話なんですけど、種から育てるのがすきで、今年もキャベツとブロッコリーの育苗をしています。盛夏のうえに、私が8月22日から3週間、ルスをしますので、けっこうやりにくいのです。 以前は、これらについても、胚軸切断挿し芽をおこない、けっこうおもしろい結果がでていました。本葉が2~3枚のころに地際で茎を切り、それを挿し芽するのです。根がたくさんでて、ふつうに育てたものより強くて、育ちもいい . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

1104話)菜園の虫(クモ)

どちらかというと、いい印象は少ないのです。巣が顔にかかったりするのはいい気持ちではありません。必要もないのに、木の枝をひろって巣を壊したりしています。でも、クモは肉食系ですから、私たちにとっては善玉=益虫なんですね。チョウ、ガ、カ、その他もろもろの虫を獲って食べていることでしょう。 ちっちゃたかったころ、ですからもう60年以上まえです。セミをはじめ、虫をつかまえるのがすきでした。というより、農村 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

1103話)菜園の虫(アシナガバチ)

虫の話がしばらくとんでしまいました。これはアシナガバチで、黄花菜(金針菜)のつぼみに止まっていますので、かなり前のものです。黄花菜は3週間ほど毎日花を咲かせましたが、今年はすでに終わりました。 このハチは肉食系です。チョウの幼虫のアオムシなどを団子にまるめ、幼虫のところに運んでいくようすを昨日もみました。ところが、完全な肉食かというとそうでもないようで、この黄花菜のつぼみのところによく止まってい . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

1102話)菜園の水やり

梅雨があけ、わが家の菜園も乾燥するようになりました。そこで登場するのが自動灌水です。最初は散水チューブを使っていましたが、いくらかでも光を通すためか、なかで藻が発生し、小さな穴をふさいでしまい、役に立ちませんでした。塩ビパイプを買ってきて、直径1㎜の穴をたくさんあけました。これは好調です。 2011年に自分で掘った井戸をつかっています。深さ150。ちゃんと水はでます。なかに水中ポンプをいれていま . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

1101話)ナスの収穫

小さな菜園ですが、種類だけは一人前につくっていますので、ちょっとずつ。そのなかでもっとも苦手なものがナスです。20年以上もつくっていなかったのですが、土もできてきていることだし、やってみるかと思って、2014年に久しぶりに挑戦しました。その年はなんとか及第点だったんですね。それで2015年もつくったんですけど、接ぎ木苗を植えたにもかかわらず、土壌感染の病気にかかってさんざんでした。 今年も接ぎ木 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

1100話)うどん粉病の初期に

農薬を勧めたいわけではありません。使わないなら、それがいいに決まっています。でも、ベテランの週末ファーマーが、今年はうどん粉病にやられて、収穫がのぞめない、ということを書いておられるんですね。 梅雨も終盤に差しかかっており、果菜のなかには疲れてくるものもありますから、たしかに心配です。注意してみると、うどん粉病に強いはずの中国キュウリの古い葉にそれらしきものがうっすらと出ています。まずは枯れた葉 . . . 本文を読む
コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )

1099話)菜園の虫(イラガの幼虫)

正しくは菜園ではなく、家の北がわに生えているカキノキです。数か所に緑色が脱色され、白くなった葉がみえます。さては!  そこで、高枝切りをもちだして、その小枝を切り取ってみました。想像したとおり、イラガの幼虫です。きちんと整列して、おとなしそうにみえますし、もうちょっと大きくなると、黄色と黄緑色のバランスがとてもきれいに感じられるのです。そういった外観と、実際の姿はおおちがい。この虫に触ると、いや . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

1098話)菜園のトマト

虫の話をつづけても飽きてきちゃうので、今回はべつの話。トマトです。 果菜のなかでキュウリは種から育てますけど、トマト、ナス、ピーマンなどは苗を購入して植えます。なるべく連作を避けるんですど、それでも輪作の間隔が短いので、最近は接ぎ木苗を買うようにしています。高いですねえ。ちゃんともとがとれるか、不安になるくらい。今年のトマトはサカタの「りんか409」という品種でした。店先で苗の状態がいちばんよか . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

1097話)菜園の虫(ウリバエ)

キュウリは中国天津の種子を買って帰って植えています。イボの多い長い品種で、歯触り、食味ともよく、暑さと乾燥、うどん粉病強いので、重宝しています。露地で種から育てるので、スタートが遅いこともありますが、日本のキュウリがなくなってからも、つぎつぎに実をつけるのです。 小苗のあいだは注意が必要です。まずはナメクジの食害です。ナメクジはなぜかキュウリの芽生えが大好きで、これに集中的に集まります。 その . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

1096話)菜園の虫(ニジュウヤホシテントウ)

菜園の虫たちのなかで最悪の招かざる客がこれ。開くまぎわのナスの新芽をかじって、穴だらけにしてしまう。ニジュウヤホシテントウです。かたちはテントウムシに似ていますが、星の数がずっと多い。そして最大のちがいは、テントウムシが肉食であるのにたいし、ニジュウヤホシテントウはベジタリアン。一般的に虫についていえば、肉食系が善玉(益虫)で、菜食系が悪玉(害虫)です。あくまで人間の目からみてですが。 この虫に . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

1095話)菜園の虫(カマキリ)

すみません、またまたわが家の狭い菜園の話で。いろんな虫がやってきます。葉などを食害するだけでなく、ウィルス病などを媒介することもあるので、油断はできません。下手をすると、一作が全滅することになりかねません。 何回かつづけて書こうと思うので、シリーズの最初は善玉からいこうと思います。 ご承知のカマキリの幼児です。以前からここにカマキリがやってきましたが、害虫どもにとっては天敵となる英雄ですから、 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ