1085話)人民網(中文)の記事

ことしの4月、サントリー労働組合のツアーが大同を訪れ、私もそれに同行しました。そのさいに、人民日報と人民網、それから新華社のクルーの取材を受けました。人民日報と人民網は4月18日の1日だけだったんですけど、新華社は3日間にわたってビデオ取材をしました。 その記事が人民日報に掲載されたそうで、人民網に転載されています。ただし中文です。どなたか、かんたんに日本語訳していただけるとありがたいです。 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

1084話)人民網の記事

先月、東京の中国大使館で、程永華大使による表彰を緑の地球ネットワークが受けたんですけど、その記事が人民網のサイトに掲載されました。人民網は人民日報系のネット版だそうです。 http://j.people.com.cn/n3/2016/0406/c94473-9040648.html 緑の地球ネットワークの大同における協力事業はことしで25周年を迎えるんですけど、ひじょうに大きな成果を残したと自分 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

1083話)中国からの環境考察団

 きょう5月10日の午後、大阪の事務所に中国からの環境考察団がやってきました。扶貧基金会と中国企業のCSR活動が中国のゴミ対策のアイディア募集をおこない、入賞した3人の学生と、基金会、そしてメディア関係者の3人と、日本の通訳さんの7人。  主にゴミ問題について知りたいという事前の連絡がありましたので、緑の地球ネットワークの川島和義副代表に参加してもらいました。川島さんは現役時代の大半を自治体のご . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

1082話)環境への取り組み

もう一回、飛行機からの風景をみていただきます。 大同でも県と県との境界はたいてい高い山で、その(県境以外の山もですが)稜線にはたくさんの風力発電が並ぶようになりました。あのような山の上で、人家や村から離れてますので、低周波問題は避けられるでしょう。それはよくても、建設も保守もたいへんだろうね、と山の下からみては考えていました。 4月22日の朝、大同から北京に飛ぶとき、天気もよかったし、空気も澄 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

1081話)機上からの官庁ダム

大同から北京にでる飛行機の窓からの景色です。突然、水面がみえてきたんですけど、みえるのは岸に近い一部だけです。それでも、あっ、官庁ダムだ、と思ったんですね。で、何枚かシャッターを切りました。そこが堰堤の近くで、だいたいの位置関係はこうだ、ということが頭のなかに浮かんだんですね。 それはでたらめではありませんでした。北京の宿について、GoogleEarthで官庁ダムをさがし、そこのイメージを保存し . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

1080話)大同火山群

4月22日の朝、空路で大同から北京へ帰ってきました。窓際の席になり、しかも快晴だったので、地上のようすがよく見えました。大同のあたりは雨も雲も少ないので、景色はよく見えるはずなのに、こんなにきれいにみえたのは記憶にありません。 バッグを荷物の棚にいれないで、前席の下においていたので、あわててカメラをとりだしました。大同火山群のなかのいくつかが見えてきたからです。この一帯にそう大きくはない火山が3 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

1079話)香椿(チャンチン)

泊まっているのはホテルの4階の部屋です。窓の外に木が見えました。あれっ? まちがいありません。香椿(チャンチン)です。この新芽を玉子とじにしたものが、前中久行代表も私も大好物です。種を買って帰って、借りている山に植えているくらい。 4階の窓の高さですので、かなり大きな木です。1mくらい離して2本ならんで植わっています。下のほうの芽が採種されているのはもちろん、梢のほうまで新芽がとられ、折られてい . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

1078話)北京に滞在

大同の日程を終えて、昨日、北京にでてきました。何人かの人に会ったんですけど、そのうちの一人の親しい友人から「ブログを更新しないの?」と言われました。そういえば、facebookにかまけて、ブログのほうをほったらかしにしています。そして、facebookは中国ではアクセスがむずかしい。 1077話で昨年12月に書いたのと同じホテルに泊まっています。王府井から103系のトロリーバスに乗ると、ホテルの . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

1077話)北京で迷子に

ここ数年、少なくとも1人のときは北京でタクシーをつかいません。地下鉄とバスに頼ります。でも、バスは路線がわかっているところは少ないので、基本的には最寄りの地下鉄駅から歩きます。スマホの記録でみると、きょうは33000歩を歩いています。 今回の北京は245元の値段にひかれて、初めてのホテルをネットで予約しました。地図でみると景山公園のすぐ東ですから中心部と言っていいでしょう。そして周囲は胡同(横町 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

1076話)なんという一日

北京から大同への朝の飛行機は出発時刻がどんどん早まり、いまは06:15です。2時間前に空港に着け、と言われると、ちょっと辛いですね。その機材をつかう大同→北京便も、出発が08:05になりました。ホテルを7時にはでないと行けませんので、朝食は見送り。 大同空港に着いたら、前庭のマツにみごとに霧氷が着いているんですよ。霧が濃いんですね。写真を撮ってよろこんでいました。ここまではよかったのです。 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

1075話)冬の緑の地球環境センター

この時期としては、気温のうえでは大同は暖かいようです。最低気温は零下15度近くになりますが、最高気温は零度を超える日が多いのです。それでも外にでると寒いですよ。というのは、何度も雪が降っており、そのために湿度が高いせいでしょうか。私もヒートテックのズボン下の上に、毛糸のマオクーをはいています。 緑の地球環境センターもこの時期は完全にお休みで、ただ門番さん2人がときおり外を見回っているだけ。慣れて . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

1074話)霧氷

朝から緑の地球環境センターにでかけることにしていたんですけど、運転手の郭さんが私の顔をみるなり、「昨晩はものすごい濃霧で、5m先も見えませんでした」といいました。それほどではないけど、きょうも霧で霞んでいます。 緑の地球環境センターに着くと、おもしろい光景がみられました。霧氷です。中国では(少なくとも大同では)霧松というのだそうです。上の写真は杜松(ネズミサシのなかま)です。葉や枝に霧が凍りつい . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

1073話)雪

12月6日の夜、夕飯を食べに外にでたら、雪が降ってきました。そのあと、ホテルに帰ってくると、上の写真のようなようすでした。ことしは11月から何度も雪が降っているそうで、おかげでカササギの森や南天門自然植物園には行けそうにありません。 ホテルの玄関前が駐車スペースですが、まだ雪がチラついているのに、従業員たちが雪かきをしていました。そういえば以前の市長が、「雪が降り出したらただちに除雪をはじめ、降 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

1972話)北京の青空

一昨日の夕刻、北京空港に着き、北京で一泊して、昨日の夕刻に大同に着きました。寒いんですけど、それについてはまた書きます。 北京のPM2.5が日本でもよく報じられますし、12月になってからもありましたね。私の友人は1日、外にでられなかったと話していました。そういうとき私が「一度体験してみたい」というと、怪訝な顔をされます。しょっちゅう北京を通過しますけど、本格的な大気汚染を体験したことがないのです . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

1971話)花(5)

表題を「花」としてしまったのですが、ほんとうは「実」です。上に載せた写真は「欧李」(Prumus humilis Bge.)といい、それから山西農業大学で育成された品種を「鈣果」(Prumus humilis'Gaiguo')というようです。「鈣」はカルシウムのことで、カルシウムの含有量がとても多いのだそうです。食用になり、甘酸っぱくて、けっこうおいしいのです。 上の . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ