Wunder Kammer

なに、ただの日記帳だよ 

合縁奇縁 一期一会 袖すり合うも多生の縁

2017-03-29 23:55:39 | アニメ
時が経つのは早いもので、別れの季節が顔を出しました。
要するに番組改編期、'16年秋開始~'17年1月開始アニメの終了の時期。


個人的にはこの2クールは
ドリフターズ、ジョジョの奇妙な冒険~ダイヤモンドは砕けない~
機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ・シーズン2、刀剣乱舞花丸
けものフレンズ、ハンドシェイカー、闇芝居4期

この辺だったかな、見てたのは。(見逃しまくりなのもあったけど)

まずドリフは原作は1巻しか読んでないけど、とてもおもしろかったと思う。
TBS版ベルセルクがショボく見えるほどにアクションや血しぶきはガッツリ描いてて、妥協がなかった。
原作が現在5巻までで、どうやら4巻の内容まではやったらしいので、当分は続きのアニメはできないだろうけど、やるならば見逃せないと思う。

春から放送していたジョジョは当然の面白さだった。けど…
秋から勇者ヨシヒコと導かれし七人が始まってしまい被ったのが辛かった…!
だから正確には秋からはヨシヒコの方を重視していた感じなんだ…
(ヨシヒコはアニメじゃないだろ)
お陰で最終決戦で吉良吉影の「勃起しちゃいましてね」が見られなかった…
さて5部はいつやるかなー。少なくとも6部までは絶対やるって。

オルフェンズは…実は殆ど見てなかったんだ…
いや、つまらないとかじゃないんだけど。
でも途中から嫌な感じになったんだよね…アニメがじゃなく視聴者の感想が。
シーズン1の頃と打って変わって、酷評が増えた。シナリオとかキャラとかの。
実際脚本家がアレで有名なナニなので仕方ないっぽいけども…
そういうのもあって素直に見られないのもあった。
(過去に個人的な似たような事件として『おおかみこども大批判事件』がある)
終盤に来て連続して見てるけど…この調子だと次の最終回が怖い…
物語が、ではなく評判が。
俺は俺で楽しみたいのだ。
俺の好きなよう感じればいいだけだけど、やはり外野の声は気になる…

刀剣乱舞花丸は…まぁ「無難なアニメ化だったな」くらいかな…
おふねのアニメもこうすればよかったのにね、というのはおふねのアニメ見てない人間でも評判から思った。

けものフレンズは「奇跡起こす最高のケミストリー」ってくらいすごい。
もともとアプリ版から好きで、昨年初夏のアニメ化発表から期待しまくってたアニメ。
でも、突然年明けにアニメ放送を控えた12/14を以て、終了…
アニメ開始直後にアプリ運営のネクソンが言うには
「アプリ運営中は残念な結果だったから、やめるしかなかった。再開や新作も無い」
ということでガックリした…
しかも、アニメ放送当日は
「一話で切るわ」
「5分アニメ?え?30分なの…?本気かよ…」
「ハンドシェイカーと合わせてクソアニメ」
「ハンドシェイカーと合わせて苦行アニメ」
「ハンドシェイカーと合わせて魂の修練」
「ハンドシェイカーと合わせて時間の無駄」

などと何故かハンドシェイカーと合わせてクソアニメ認定。酷評の嵐。
ええ、ツイッターでの俺のTLでも「なにこれ…」という感想だらけで、ありがたがって興奮してる俺が変人みたいな状態でした。
…まぁいつもの「俺がドハマリする・大注目しているアニメは世間ではクズ扱い」のパターンだった…
が、3話から突然のものすごい手のひら返し。
もう手のひら返しどころか神砂嵐か何かかと思ったね。
あれだけバカにしておいてよくもまぁ…!俺はあの1話の夜のことを生涯忘れんぞ…!
で、終わったのがこの火曜深夜というか本日水曜なわけだけど…

最高だった。

これは…俺としてはスタドラ以来のパーフェクトっぷりだ…!
最初から最後まで文句のつけようもなく完璧だった…
オルフェンズ1期もそうだったんだけど、2期でやらかしてしまったからな…
でもけものフレンズは「低予算」「少人数」「低人気」「ほぼ無名」って状態からものすごい爆発力でやり遂げた!
「この間サービス終わったゲームのアニメ化なんだぜw」とか間違った情報でバカにされたりしてたのに。
(もともと1つの「けものフレンズ」という作品を作るプロジェクトがあり、順番的にアプリリリースが最初になり、それからコミック連載、最後にアニメということになった)
なのでアプリがほぼ無名な状態からのアニメ放送当日の酷評とかとてつもなく苦しい状況だったのに…
やってくれたぜ、けものフレンズは!
コレばかり語っちゃうくらいなので、語るなら別に枠を作って語るとして…とにかく最高だった。
ありがとう、たつきちゃん、みねちゃん、たなべちゃん…みんなすごいフレンズだね…!

ハンドシェイカーは…さすがの俺も「爆死なのかオイ!?」ってなった…
これもけものフレンズアニメ化くらい早く知ってて期待してたんだけど…
第1話が始まったら前述のけもフレとセットで酷評よ!
個人的には面白かったんだけどなぁ。そう、「面白かった」なんだ…
いつも大体俺は好きなものができると盲目的・狂信的に愛するので疑いなくドハマリし、逆らうもの(批判する人)とかいたらちょっと何やらかすかわかんないよ、ってくらいになるんだけど…
その俺でも終盤は頭を抱えた…!
コダマ&ヒビキというアイドルコンビが登場してからかな…ここからさすがの俺も構成や脚本がおかしい、雑だ、って気になって仕方なかった…
いろいろあって11話でヒロインと姉の出生や、その親がやっていたこと、主人公のサポート役の学者の過去とか説明されたんだけど…
それが最終回の前に語られる内容じゃなかった。
徐々に風呂敷を広げてたためなくなったんじゃなくて「いきなりマジックのように目の前で広げられた感じ」だった…
当然、最終回ではまっっったく今までの、そして11話の伏線というか色々な謎は回収されないまま終わり…
「え?あの、これ、二期あるんですよね?だからこんな終わらせ方なんですよね?」
ってなったけど、今のところ公式ツイッターからそういう匂いは感じられない。
すべての放送枠での放送が終わってから発表、と期待したいんだけど…なんかこれで終わりっぽさも出してるんだよな…
最終回のラストカットで全く知らない新しいキャラが顔出してるのに。
これで二期無かったら、さすがの俺も「この…クソアニメがぁぁぁぁ!」ってなるわ…
大丈夫なのか、このアニメイト30周年記念応援作品…
(他にも応援作品あるらしいから「これはハズレ」扱いの可能性あるけど…)

闇芝居は…もうやらなくていいよ、もう…
去年の1月からやってた3期よりはマシ(なにせアレが最低なのでそうそう最低は塗り替えられないだろう…)だと思うけど、やはりダメであった。
内容はね…面白い回とかあったんだけど…なんか5分枠のホラーのくせに変に凝って作ろうとして、情報不足で「ハァ?」ってなる話ばっかりで。
(情報不足による不穏さを残すのはホラーの常套テクニックだけども)
あと毎回語り手を変えるって手法も失敗だったかなって…
今までは作中の人物が普通にアニメとして動いて喋って物語を見せてたけど、4期はなぜか突然本当の紙芝居みたいに語り手による語りで進行するようになった。
結果、キャラたちが喋ってるのが聞こえにくかったり、目に見える演出と語りが噛み合わず面白くないということに…
ああ、それと一番ふざけんなって思ってたことは放送時間が1クール12話のうち9話くらいは3時~4時以降だったこと。
…これさ、3期もそうだったんだよ…?26:05始まりのアニメなのに…
「絶対に放送休止前じゃなきゃダメ」ってこだわりか、契約でもあったのだろうか…?
3期も4期も(というか1期からずっと)25:35からのアニメがあって、その後が闇芝居の時間だったんだけど…
3期も4期も何故かそのアニメ(今期は銀魂)の後に他の番組が2つ3つ4つ…と毎週のようにねじ込まれて、結果的に闇芝居が28:05から…
とかもうそれ深夜じゃなくて早朝アニメだろって時間に…
あのね、流石に録画設備もない俺も好きなアニメシリーズだからってここまで起きてられんよ…毎週…
ああ、先日最終回だったけど最終回もコレだったから、結局見なかった。
1期2期を担当した監督、どうか闇芝居に帰ってきてくれませんかね、影鰐やってない間に…
(多分今は影鰐3期作ってるんだろうな…)
でも、まぁ、闇芝居5期は…もういいや…影鰐に移動した監督が帰ってきてくれない限り…
そりゃ影鰐が「面白い闇芝居」って言われるわな…


とりあえずこんなもんか。この春までのお気に入りだったものは。
ランクでいうなら…

ミラクル:けものフレンズ(スタドラに匹敵するお気に入り)
SSS:ドリフ、ジョジョ4部(流石のマンガ原作モノ)
SS:該当なし
S:該当なし
A:オルフェンズ、花丸(普通)
B:ハンドシェイカー(惜しい…)
E:闇芝居4期(もうダメか…)


って感じかな。
いやホント「けものフレンズ」は最高だわ…奇跡としか言いようがない。
いや俺は信じてたけど、ここまでの不評から大逆転劇を見せて完璧な最終回までの12話をやりきったってのはすごいよ。
とりあえずけものフレンズはアプリ、コミック、アニメとひとまずのメディア展開は落ち着いたけど、アニメのお陰でグッズとかこれからたくさん出るから、まだ楽しみいっぱいだ。
ありがとう、たつき監督、吉崎先生、しんざきおにいさん…

さて、この春は…どんなアニメがあって、俺が選べて俺が楽しむことができるのかねぇ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今年もやってきました、FF:U打ち切り記念日(嬉しくない)

2017-03-26 01:16:56 | アニメ
3月26日。
「FF:U~ファイナルファンタジー:アンリミテッド~」の打ち切り最終回の日です。


…mixiのFF:Uコミュを覗いてみたら、「放送開始14周年ですね」っていう俺の書き込みが最新のまんま。
それが2015年の10/2。
なぜ2016年の10/2に15周年の書き込みをしなかったかって?
1年経っても俺だけとか悲しすぎるだろ、いくらなんでも…
(ちなみに管理人のmixi最終ログインは半年以上となっていた。つまりはもうmixiやってないと十分断定できるレベル…)
なんかコミュにもつぶやきを書き込めるタイムラインが実装されてたから、そこに
「打ち切り15周年ですね…」
と書いといたよ、一応…
ツイッターだとこの打ち切り記念日(嬉しくない記念日!)に色々絵とか想いを投稿してる人は結構見られるので、少しだけ救われる。少しだけな…


ところでさ、誰かこの記事修正してくれない?
Pixiv百科事典のコレ、「ソイル」の説明なんだけど…



まずコレの見出し。




さらに説明の締めくくりの3行。




実在するわきゃねーだろ!


そりゃ「バーントシェンナ」とか馴染みのない色も出てくるさ。
(バーントシェンナはこのまんま実在する色、染料)
それとブラック、イエロー、レッド、クリムゾン、ブルー、グレーとか基本的な名前も実在するさ。
だけど他の色、どう考えてもスマホとか電化製品の色名みたいなオリジナル名だろ…
マザーブラックとかヒートクリムゾンとか実在するかよ…
それとも何かお前?ティアレインボーとかソウルガンメタルとかエンドレスホワイトとか実在すんの?
ソードビリジアンとかキングダムブルーとかウォーリアプラチナムとか実在すんの?

だったらその色名と色見本持ってこいよコラァァァァァ!!

おおかた記事を書いたやつぁ、放送当時にFF:U見てないだろ…
そういうのに限ってニコ動なんかのソイル発射集とかの動画見たくらいだったりするんだよ!
(mixiのコミュでも「動画サイトで全話見ました!」みたいなの平気でいたからな…)
俺含めて15年思い続けてるファンを舐めるなよ!





簡素とは言えソイルをマネたものを自作するほどハマってたからな…

東急ハンズで色砂と試験管とゴム栓勝ってきて作ったんだ!俺にしてはよくやったよ!
試験管のフタ取って、砂詰めて、ゴム栓しただけだけど!
コレ作ってから15年かぁ…早いもんだな…
今となってはこうしてフィギュアでブンドドするときに
「お前にふさわしいソイルは決まった!」
が再現できるのでいい思い出であるとともにいい小物でもある。

けものフレンズが最終回寸前で盛り上がっているのでアプリから追いかけていたものとしてはハラハラが止まらんが、今日だけはFF:Uのために祈らせてくれ。
1クール目の時点で4クール予定が2クールに短縮打ち切りされることは決まってしまった、FF:Uのことを…
そしてかばんちゃん、サーバル、たつき監督、吉崎観音先生…
みんなはどうか、この1クールをFF:Uの分まで全力で走り抜いてくれ…


それから…

打ち切られたアニメのこと…

時々でいいから…

思い出してください…

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

意外と当たるもんだ

2017-03-15 22:48:20 | 日記
そうそう、先週の話。

6日月曜日だったかなぁ、ツイッターのDMで当選DMきたの。
変なやつじゃなくてちゃんとしたものね。
「IRロイド~恋の有効フロンティア~」っていう株の擬人化少女と親愛を深めたりしつつその株少女を売ったり勝ったりして稼ぐゲームアプリがありましてね?
(よくよく考えるとすごい設定だな、少女を安く買って高く売るシステム…)
それがサービス始まったのが去年の秋くらいだったかな。
開始時から「出演声優サイン色紙プレゼント」っていうのが3回に分けてやってたのさ。
個人的には喜多村英梨、M・A・O、井澤詩織と好きな声優が複数人いたんだけど
一部の声優が1度のキャンペーンで被っていたため、1人分しか応募できなくて断腸の思いで選んで応募したりもしたさ。
それで1~3回目まで応募してて、1回も2回も外れてたらしくて、3回のことも完全に忘れてたんだけど…
忘れてたら当選したと連絡が来たのさ。
これに送り先を返して「中旬くらいに送ります」って言うんで待ってたら9日にはもう来た。
意外と早かったな…
そんなわけで届いたブツがコレさ!




アートネイチャーの株のIRロイド「増上風紗(ますがみ ふさ)」役の新井里美のサイン。
いや驚いたな…まさか本当に当たるとは…こういうのって忘れてたりするとよく当たるんだよな…
(昔ノイタミナのアニメのCDプレゼントに応募して忘れてたら最終回寸前に送られてきて驚いたし)
声優のサイン色紙なんて人生初だし、最後かもしれないぜ…
そんなわけで大事にしていこうと思います。

しかし…昨年大晦日から妙に運がいいんだよな…
(といっても普段から運が激悪だからやっと普通くらいと思う)
大晦日の夜に「ゴシックは魔法乙女」のエスプシリーズコラボガチャ(ステップアップ式)を引いてみたら、10連1発で大目玉の最高レア「美作いろり」が引けたし。
あ、はい、いろりは大好物です、おとぎ奉りのも。
そんないろりが一発ツモ、しかも手元に無かった念願のDDPレーザー持ち。
それから年が明けてからのやはりゴ魔乙のガチャで☆5が当たったり、最近もサラッと☆5が当たった。
さらにただでさえガチャがあまりよろしくないFate/GrandOrderとグラブルでもそこそこに良い当たりが続いた。
(特にグラブルは3周年記念で毎日10連無料とかご祝儀の3000石とかあったので色々と当たってくれた)
2月から始まったファイアーエムブレムヒーローズと、以前から遊んでるユバのしるしとメタルサーガ荒野の方舟はあんまりいい結果出てなかったけどね…

ともかく、俺にしては珍しく当たりが妙に続いてるのさ。気持ち悪いほどに。
…思うに、正月の明け方に死んだウサギが幸運を運んで来てるんだろうか?
そんなことを考えたりもした。
昔から様々な地域ではウサギを魔除けや幸運のお守りとして使うと聞く…
アイツも死に際に俺に何かそういうのを置いてってくれたんじゃないかと珍しく思ってしまうのだった。



とりあえず、ありがたく受け取っておくぞ。

あとは自分の力で色々と頑張らなくちゃな。まだ色々と大変だから。
ホントに色々あるからな…
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

レトロゲームも立派な遺産だ

2017-03-11 23:54:18 | 日記
埼玉県は川口市のSIKPシティで開催されている
「あそぶゲーム展ステージ2~ゲームセンターVSファミコン~」
に行ってきたヨ。


前々から行きたかったけど、うかうかしてたら最終週になってしまったので大急ぎで行ってきた。
平日だというに、偶然にも俺の休みと同時にウチの弟ら全員まで休みだったので、兄弟が揃ってイベント事に顔を出すということに。
そんなわけでいざレトロゲームの博物館へ。


期間限定で先着順で遊べたというデラックス筐体のスペースハリアー。



コイツで遊んでみたかったが、気付いたのはここにくる数日前だったので仕方なし。
まぁ貴重な筐体だからね。迂闊に動かしまくるわけにはいかん。現役でコレが動いてるゲーセンもあるようだけど…



普通のアストロ筐体で遊べるのは特に制限なく遊べた。
ただやはり修理パーツの都合やメンテ状態もあって、操作感覚がだいぶ違った。
このスペハリに限ったことじゃないんだけど、コックピット風のレバーはだいたいレスポンスが悪かった気がする。仕方ないか、動くだけスゴイ。
レバーのトリガーで撃たず、右のボタンで連打して攻撃してた。


小学生低学年くらいのリリースだったかな、アフターバーナー2



当時は小さな身体で必死こいてプレイしたもんだ…
でも今見ると、意外と筐体が小さい…これが時の移り変わりか…昔はあんなに大きく感じたのに。
昔よりヘタになってた気がする…3面入ってゲームオーバーになってばかりだった。
ミサイル撃ち惜しみしてたからかな…給油シーンに到達したかしないか辺りで終わってた…
思い出しながら360度回転とかやってヒャッホウ!とか思ってた。
あと残念ながら筐体の動きは都合で止まってた。
もともとコレとアウトランは筐体の維持の都合、土日は2時間しか開放されない決まりだったので、それを避けて平日に来たんだ。

アウトランは普通にガチャコンガチャコン動いてたんだけど。







ゼビウスと、その同人攻略本「1000万点の解法」と「ゲームフリークス」

やっぱりゼビウスはスゴイな…STG会の風雲児、いや革命児…とにかく凄い。
今回はちゃんと最初のアンドアジェネシスくらいは倒せたぞ。黒玉とそいつの出す弾に焦らず!的確に弱点を落とした!
あとウワサの伝説的同人誌をレプリカの展示のみとはいえ見ることができるとは思わなかった…
ゲームフリークは名前から分かる通り、あの田尻智の同人サークルのゲーム攻略同人誌ですぜ?
クインティよりも前だよ、クインティよりも。まだこの頃は杉森建は参加してなかったのかな。
あ、それとドルアーガの塔も出展されてて、そこで全てのフロアの宝箱の出し方を覚えて楽々クリアしてる人もいたりしたので、「さすがこういうイベントだな」って思った。



そんなドルアーガの設定資料
これも雑誌の写真でしか見たこと無いようなものなので、レプリカといえど目の前で見られるのは嬉しい。
ワルキューレの資料とか見てみたかったな。




アタリとあの伝説の「E.T. The Extra-Terrestrial」

これも展示のみだったけど、まさかあの「アタリショックの際、荒野に投棄されていた数百万本のソフトの一部であり、僅かな数が流通していたが伝説となっていた」というクソゲーが目の前に…
ある意味一番テンションあがった展示だったかもしれない。弟の一人もここにやたら食いついていた。
ホント、イベントの趣旨と別の意味ですごいものを見られた…コイツも砂漠の下に埋まっていたひとつだったのだろうか。




カルノフ、ツインビー、マーブルマッドネス

カルノフは何故か少し前にスコアカンストクリア動画を見ていたので
「AC版もかなり久々だけどFC版もやってたし、動画も見たから大丈夫だろ」
と挑んだところ、2面の最初の柱にやられておしまい。おかしいな…?
FCとは勝手も違うしな…アーケードの方が敵の攻撃早い!
久々にAC版を遊んでみたら「FCではFCの良さと短所が、ACではACの良さと短所があるなー」と思った。

またツインビーもFC版のあとにAC版をACで遊んだけど、難しかったのだけは覚えていた。
実際、この時遊んだときも最初は1面で終わった…1面ボス周囲のザコ機体の数とそいつの弾の数が多すぎて、裸になっちゃうと手も足も出ない!
2度目はなんとか分身・ツインショット・スピード3ほどで進み、苦労せず3面まで行くも…そこで落ちて、復活ままならずゲームオーバー…
確か昔ACで遊んだときも3面が辛かった…FC版は頑張れば裸でも1周クリアできたから優しい作りだったんだなぁ…

マーブルマッドネスはすっごく久々のトラックボール操作だった。
これも補修の結果か、昔ながらの、本来のトラックボールではないようなので、少し小さく軽めだった気がする。
本来は結構大きくて思い、ビリヤードの球みたいなものだった気がする。
ボールが小柄なせいか、ゲーム内のガラス玉を転がすのに結構猛回転が必要だったので必要以上に疲れた…
他のゲームで疲れていたのもあったから、あまり精密な動作ができず落下しまくり、敵にやられまくりだったぜ…




これはけっこう色々なゲーセンにレトロゲーとして置かれているので見る機会は多いと思う、R-TYPE。
これもクリア動画とか最近見てたから楽勝だぜ!今の俺は昔と違う!と挑んでみるも
2面のゴマンダーの安全地帯に入り損ねて死亡、が数回あった。
スピード早すぎて激突、位置が上すぎてニョロニョロに当って死、安全地帯に入ったつもりが敵弾が飛んでくる位置で死、など…
3面の巨大戦艦も久々にやったら苦労した…上の隙間が空いた瞬間にフォースを打ち込むと、フォースが勝手に上の砲台を壊しながら弱点まで進んでくれる技があるので
それを真似しようとしたけど全然成功しなかった。けっこうコツがいるんだなアレ…あと戦艦の後ろでうかうかしてると砲台復活するのな…
結局普通に倒して4面。人生で初めて4面ボスに到達したところでゲームオーバー。ボスの攻撃パターンとかわからんかったし…
どこかのゲーセンで見かけたらリベンジだ…!




少年期、遊んでみたかったけど難しそうなのと筐体の大きさもあって遊べなかったナイトストライカー。
今でこそやりたい、やりたいと思ってたけど、まさかこんな形でチャンスが来るとは…ゲーム展さまさまだねぇ。
これもレバーがちょっと劣化してるのか、レスポンスが悪い感じ。あとトリガーが引っ込んだまま戻らなかったり。
でもスペハリ同様、横のホーミングボタンが通常ショット連打に使えたのでそちらで連打すればなんとかなる感じ。
しかし難しかった…初めてだったのもあるし、スピード感があってついていけなかったのもあるし…
あと言い訳を1つ。
スペースハリアーやアフターバーナー、ナイトストライカーのようなゲームは
「レバーの上で下降、下で上昇」という仕様だから、この仕様が苦手な俺はいざという時上下左右の移動が把握できずメチャクチャになるのだ。
切替可能なゲームだった場合、必ず「上で上へ、下で下へ」って操作に変えるくらいだ…
せっかくだからまたやりたいもんだ。とても楽しいのに。
あと無謀にも「ノーショットクリア」を試そうと思ったけど数秒で諦めた。




ナイトストライカーと一緒に「絶対遊んでおきたかった」というゲーム。ダライアス2。
コレとナイストはこの機を逃したら一生遊べないかもしれないと思ったので、どうしてもやりたかった。
で、やってみたけど…ダライアスというとマトモに遊んだのはSFCのツイン、PCEのプラス、PCのダラバーCSくらいなのでこれまた苦戦。
A→B→Dと進んでDで終わったか…ダラバーならバイオレントルーラーのステージだ…
1面からグラディウス3のプロミネンスステージみたいなんだもん!難しいよ!
ああ、直に相手になりたかったな、軍艦を背負ったヤドカリ…どこのゾーンか知らないけど…
途中何度も「設置バースト!設置バースト!振り向き!」とかダラバーの操作が欲しくなったぞ。
やはりBGMは秀逸なので、ナイストともどもじっくり聞きたいと思った。(ダラバーCSでもちょっとだけ聞けるけど)




4人プレイダンジョンアクションゲーム、ガントレット。
敵の数が多いのでガンガン無双できるのかなーと思ったら意外とそうでもない感じだった。
キャラによる性能差とかあったのかな?位置的に遊びやすそうだったから左から二番目のバルキリーで遊んでみたけど、かなり押し負けてた…
せっかくの4人プレイゲームなので弟らと4人でやりたかったが、あいつら俺がコレやってる間に、別の4人プレイゲーム「カルテット」を3人で遊んで盛り上がってやんの!
…いいよ、俺はいつもソロプレイさ…
あ、うっかりしてカルテットの写真を取るのとプレイは忘れてしまった。





セガは体感ゲーム機が多く並んでいた。
スーパーハングオンもその一つ。
これも小さい頃必死になってまたがって遊んだものだ…赤いやつ(ハングオン)の方を。
大人になってから遊ぶと小さくて簡単に曲がったりできたな…成長したから体験できる遊び方と、成長したら体験できない遊び方があると感じた…
あ、ちなみに最初の普通のコースでタイムアウトで終わりました。





100メガショック!ネオジオ!
の展示のみと、プレイ用のネオジオCDと、そのソフト「NAM-1975」

マジシャンロードも遊べると聞いてたけど、どちらかだったんだなぁ。マジシャンロード遊びたかった…
NAM-1975は操作がワケもわからず死んでいた当時だけど、今もわけもわからず死んでました…難しい…
このタイプのアクションシューティングはいくつかあるけど、コレは当時も今もあまりおもしろくは…
SFCで発売して、昨年あたりにPS4でリメイクDL販売されたサイバー西部劇のやつが面白いんだけど…
ああ、ネオジオCDだけどロードはあっさりしてました。100メガショックの格ゲーとかじゃないからかな?




メガドライブからは「ザ・スーパー忍2」、PCエンジンからは「R-TYPE 1」が展示。

…R-TYPE 1はいらないのでは?と思った。なにせアーケード版あるんだから…それに後編である2が無いとフルで遊べないじゃない…
2がないと5面に追加されたオリジナルボス「野獣」と戦えないじゃない…
ホントになんでR-TYPE 1だったの?
(PCEとファミコンは定期的にソフトをローテーションで入れ替えての展示だったらしいけど)

あ、ファミコンは「スーパーマリオブラザーズ」と「ドラゴンクエスト」が展示されてた。
なおファミコン本体はケースに閉ざされているのでリセットができないため、ドラクエは開始したらそのまんまの状態が続くので、だれかが何かしたまま置いていったのを続ける状態だった。







レトロPCのコーナー。
PC88とか、学校に工業用のプログラム動かすための古いのが置いてあったくらいしか見たこと無いぜ…!これでイースが動くのか。そしてコレが古代祐三サウンド!
あと生まれて初めてX68000を見た…これが様々なアーケードゲームやPCゲームを移植してファンを沸かせていたのか…
MSXもグラディウス2と展示。MSXも2で。ウチにはこれの前のやつがあったかな…なんかネコが魚取って進みながらヒロインネコを助けるゲームとか。
しかしMSXってカクカクしてるよなぁ…WiiのVCでMSX版パロディウス遊んだけど、カクカクすぎて遊びにくかった…ファミコンより性能劣るのかな…(あまり当時のマシンは詳しくない)
X68000は信長の野望全国版が動いてた。コレのBGMって菅野よう子が作ってたのね。ゲームサウンドのコーナーで菅野よう子が出てきたからビックリした。




ゲームボーイには魔界塔士SaGaが。
懐かしい…これも小学生の頃の大ヒットゲームだ…
思わずBボタンバグとか使って遊ぶ?とか思ったけど、やり方忘れてたしソフトのバージョンで可不可があるからやってられなかった。
とりあえず人間女で始めて、サーベルを売って、キックを買うのだ。




ファミコン周辺機器いろいろ。
俺もこの中のいくつを持ってたかねぇ。光線銃とか大好きだったよ、ワイルドガンマンとホーガンズアレイとダックハント。
ロボットは…当時でも何なのかサッパリ意味がわからなかったからほしいとは思わなかったっけ…
ベーシックをもしも持っていたら、今頃プログラムについて学んで人生に変化があったかも知れんが、まぁあったとしても無駄にしただろう。ばぼーん!




メジャーハボック。
シンプルな線画が美しく、挙動も結構ヌルヌルしていた。
初めて触れるゲームだったので左右に回るローラーの操作に困惑したが、慣れると面白い。
STGステージをクリアして敵の母艦に着陸し、敵母艦のコアに爆破スイッチをセットして戦闘機に戻り脱出、またSTGへ。という繰り返しみたい。
そういやこれの宇宙船内での動き、これがカイの冒険の元になったのかな?カイの冒険が海外のゲームのキャラ替えってのは聞いてたけど。
このゲームもカイの冒険のように「ジャンプ押しっぱなしで浮上していくが、天井に頭をぶつけると痛がって落ちる」とか「ダッシュしすぎて壁に当たると転ぶ」とかがある。
カイの冒険ほどじゃないのでストレスは少なかった。STGもアクションも当たり判定は結構厳しかったけど。
あと些細なことだけど、ステージ間デモのコンソールの右下にブロック崩しが表示されてて、ちょっと遊ぶことができたのが面白いと思った。



まぁこんな感じですかね。
とりあえず目的は果たせてよかった。
他にもリブルラブル、パンチアウト、ビックプロレスリングなどいろいろあった。写真は収めきれなかったけど。
ナイトストライイカーとダライアス2を遊べたのはとても良かった。本当にこれを逃したら一生遊べないかもしれないと思ってたので。
後半にあったゲームサウンドクリエイターのコーナーも面白かった。
PCM音源とかFM音源とかについてわかった気がする!気がしただけだった!よくわからないけどいい音!

この3月12日で終了だけど、また機会があったらぜひ3回目も開催して欲しい。
その時は今度は90年から先のスト2ブームやSSやPSにも触れるかな?










コメント
この記事をはてなブックマークに追加

年度末の最終月

2017-03-01 00:17:18 | 日記
平成28年度、2016年度の年度末最終月になりましたね。3月、弥生、マーチ。

…振り返ると…日記とかいろいろサボりっぱなしな1年だった…
やるべきことは溜まっているのだが…フィギュアネタとか…
しかしツイッターは恐ろしい…簡単に呟いて満足してしまう…
以前は「毎日更新しなきゃ…毎日…毎日…!」とか強迫観念があったくらいなのに。
アリすぎるのも困るけど、なさすぎるのも困りものだ。何のために有料会員やってんだ…
うっかりちょコムeマネーの残高が足りなくてアドバンスから無料会員になってしまってたが、それでもいいんじゃないかな…
(一応また入り直した)

しかし早いな…1月と2月がそそくさと逃げ去っていった…すごい逃げ足の早さだ。
お前ら。そんなに早く過ぎ去るな。もう誕生日まで4ヶ月になってしまったぞ。
…嫌だ…老いたくない…もう老いたくないんだ…大人になりたくない…
よし、'17年度、平成29年度の目標は「女子中学生になる」でいこう。

それにしてもホント苦し紛れな日記だな…書くこと無いのか…(無いのよ)
とりあえず、詰んでるプラモ組んだり、マトモにいじってないフィギュアとかいじろうよ俺…
もうすぐ来ちゃうんだよな、SHFiguartsのおとめちゃんと、figmaのフェムト。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加