大和から爆音をなくそう!国際交流の平和都市大和を!

日本共産党 たかく良美(大和市議)です。

せみの羽化(厳粛な時間)を体験

2016年08月12日 07時00分53秒 | 日記
 泉の森でセミの羽化の現場を見ることが出来た。午後7時すぎ暗くなった森、初めはなかなか見つけることが出来なかったが、一つ見つけると次々と羽化の現場に立ち会うことが出来た。土の中から出てきた幼虫はゆっくりゆっくり時間をかけて成虫になっていきました。生命の神秘を体験する厳かな時間でした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

英語公開授業と林間小児童ホーム見てきました。

2016年08月05日 16時49分43秒 | 日記
 林間小学校体育館2階で英語の公開授業があり見てきました。参加した子ども達はリーダーから英語で伝えられる課題(男一人と女二人になってください)(誕生月別に集まってください)に補助者が7,8名が子ども達の中に入ってゲーム方式で英語を体験していた。スピードラーニングというコマーシャルを聞くが英語を理解できな無くても分かるようになるのか、実際の教室では英語教諭と担任の2人で実施することになる。
 体育館1階に児童ホームがあり1年生の部屋と高学年の部屋に分かれて行われていたが登録者は150名を超え、120名の日があったとのこと、高学年は比較的に落ち着いていたが、1年生の部屋は落ち着かない子どもが見えた。指導員の先生からは具合が悪くなった児童を保護者が引き取りに来るまで過ごせる部屋が欲しいと伺った。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

夏休み中の学童クラブを訪問

2016年08月04日 06時49分25秒 | 日記
 夏休みに入った学童「わんぱくクラブ」を訪問した。丁度朝学習が終わって子どもたちは園庭や部屋に分かれて遊びだしたところ。今日は50人が来ているとベテラン指導員のI先生が耐震工事をした箇所や新たに敷地内に確保した離れ部屋を案内してくれた。この敷地は比較的に駅に近く新たに保育園が作られるとのこと、保育園不足と同様に学童、児童ホームのマンモス化も課題になっている。この日「わんぱくクラブ」には4人の指導員と3人のボランテアの方が元気に遊ぶ子ども達に対応していた。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

暑くならないけど夏がきました。

2016年07月25日 10時24分03秒 | 日記
 この時期は「夏祭り準備」「子供会のキックベース練習」と忙しくなる。足腰の油がだいぶ切れ来ていて土日の朝8時から10時までの練習が結構きつい。西鶴間地区の夏祭りは慰霊塔公園自治会でスタートするが、駅に近いせいだろうか慰霊塔公園のまつには中高生がたくさん集まっているのに驚いた。介護施設サンホームのまつりでは久しぶりに前施設長の天野さんに会うことができた。今は座間市での施設運営に活躍しているとのこと、介護保険制度はどんどん制度が変わり経営者も大変である。ポケモンGOがスタートして、深夜でも街角、公園など数人でスマホを見ながら行動している人たちを見かける。懸念されている事故の危険を感じるが、モラルや安全より商売が優先されるのが今の社会なのか。東京都知事選でもマスコミは野党統一候補鳥越さんに攻撃を集中している。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

夜中にオスプレイ飛来

2016年07月20日 19時00分25秒 | 日記
 早めに寝るかと床についたが、ヘリのような爆音がつづいた、ベランダ越しで判断できなかったが2機のオスプレイのような機体が基地に向かっていった。20日までの富士演習場の訓練が通告されていると思いつつ、メールを開くと相模原の元県議河野さんからのメールがあり、6基のオスプレイが21時過ぎに厚木基地に飛来したことが確認できた。16日に飛来したオスプレイ1機は1時間ほどで飛び立ち岩国基地に戻ったとのこと。今回も通告された富士での訓練はせずに岩国に戻っている。1機はまだ厚木基地に残っている。オスプレイは天候に左右されやすく操縦が難しいのか、諸島防衛と災害救援に活用できるというが、富士での訓練は悪天候を理由にたびたび中止されているのが実際だ。オートローション機能が無いなど構造的な欠陥が指摘され墜落事故が繰り返されているオスプレイを自衛隊が17基も購入する計画は改めることが必要
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

密告の推奨自民党が目指す社会は

2016年07月19日 13時05分37秒 | 日記
 自民党がホームページで「政治的中立を逸脱していないか」と学校での授業に監視の目を強め情報提供を求めている。こんどの参議院選挙から18歳選挙権が施行されたが、こんな監視が奨励されたら学校での授業を進める先生も委縮してしまうことになる。今回の参議院選挙ではテレビでの政策討論番組が大幅に減少した伝えられているが、「電波を止める」との高市総務大臣の発言からもマスコミの警戒心が働いたものと感じる。6月議会の「大和市の後援名義」への政治的中立性を求めた決議の背景にはこのような自民党の意思が働いている。監視される社会は誰もが望まないと思うが,国民は国に奉仕するのが当然として、国民より国家が優先すると、立憲主義も否定する日本会議が自民党を支配している。自民党の目指す社会は戦前のような日本に戻すことなのか。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

憲法改正、自衛隊を海外の戦場に送るのかが問われる

2016年07月05日 09時02分48秒 | 日記
 安保関連法(戦争法)を強行した安倍首相は、憲法改正を参議員戦の争点にしたくなかったが、自衛隊を海外での戦闘地域に派遣するのか、「殺し、殺される」ことに道を開くのかが大きな争点になってきた。
 南スーダンなど海外に派遣されている北海道の自衛隊員の派遣された留守家族を支援する協定を自治体が結ぶとのことだが、綾瀬市、大和市でも情報提供などで海上自衛隊との協定をすすめるとのこと。市からの情報で協定書の表題は大規模災害時となっているが自衛隊員が海外で死亡することなども想定した取り組みが着々と進められていると感じる。「海外で戦争する国、自衛隊を戦闘地域にも派遣することを許すのかどうか」その選択も問われる選挙になっている
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

甘利議員の逃げを許さない!

2016年06月12日 07時26分20秒 | 日記
 あまりにも明らかな斡旋利得の甘利議員と秘書ら、検察は立件しないとの決定、正に日本の民主主義のレベルが問われる事件です。特に13区の選挙民は問われています。それでも甘利議員を支持しますか?
そんな方が13区の代表としてふさわしい方でしょうか。投票に行って示すことが必要です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「平和まつり」産経新聞記事について

2016年06月07日 15時22分42秒 | 日記
 6月6日の産経新聞に「政権打倒」イベントを市が後援と一面記事に掲載された。このイベントは今年で28回目を迎えた「かながわピースフェア―大和平和まつり」の中での挨拶の言葉尻と神輿の張り紙の一部をとらえて、このイベントがさも政権打倒が主題のイベントのようにとらえた記事で、厚木基地の爆音被害などの解消を求めた主題を全く無視した報道である。自民党市議らが後援取消を求めるとある。産経新聞や自民党市議らが求めるものは、政府など権力者への批判を許さない市民の言論や多様な考えを抑え込む、中国や北朝鮮のような世界なのかと思える。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

待機児童の実態を伝えない。やまとニュース待機児童0

2016年05月31日 17時50分39秒 | 日記
 市のやまとニュースで大和市の「保育園待機児童がゼロ」と伝えられているが、これは実態を伝えない数字で、国の基準では、保育園の入所を断念し、職場への復帰を先送りした方、希望以外のところに保育している方などがのぞかれている。以前のブログでも保育の担当課が実態の数字を教えてくれないと書いたが、やっと出てきた数字は176名が待機児童で、今後さらに増えていくことになる。保育園など入所施設の設置に努力していることは一定評価をする所ですが、市民に実態を伝えることも重要な市の役割と考えます。
 安倍内閣になってから特に政府の都合のいいように基準を変えるなどのことが繰り返されている
コメント
この記事をはてなブックマークに追加