明るいときに見えないものが暗闇では見える。

映画を消費モノにさせないための咀嚼用ブログ。自己満足風。
それと苦手な文章の練習用。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

【カールじいさんの空飛ぶ家】 UP!

2010年03月03日 | 映画
【ネタバレあり】

鑑賞からそろそろ3ヶ月経ってしまい、おじいさんが風船で忘却の彼方に飛んで行ってしまいそうなので思うところだけ書き留めておこうと思います。

みなさんはTVで流れるあの切ないCMを観ましたか?「この家で妻と出会い……ある日ひとりぼっちになった」ってヤツ。もうこれだけで涙腺ウルウルのヤツっすよ。「おお今回のピクサーはいつもと違うね。大人向けのやさしいおじいさんの傷心思い出旅かな。」なんて思って観たら、実は偏屈ジジイの改心大活劇でビックリ。

これ妻に先立たれて誰にも心を開けなくなったジイさんが"死に場所を探す旅"なんです。二人で行きたかった"幻の滝"で、ジイさん最期を迎えようって算段なの。開発の進む中、ポツン残された家だけが妻との絆。じゃあ風船屋だった自分はこの家もろとも飛んでってやる!で滝にはたどり着くんですが、風船がほとんど割れてかろうじて浮かぶ家をヒモで引っ張る様なんて完全に棺桶を引っ張ってる状態。うへぇこれでピクサーアニメかよ。この話どこへ落ちていくのやらと心配になりました。

ところがドッコイやっぱりピクサーなんで物語はポジティブに大豹変!ひょんなことで道連れになったラッセル少年と丁々発止の大冒険活劇へと突入。すると生きる希望を失っていたジイさんが変わってきます。ジイさん子供を授からなかったこともあり少年がかけがえのない存在へと変わっていくんです。また少年自身も親の愛情に恵まれなかった様子で二人は強い絆で結ばれていきます。ジイさん最初は妻との思い出に浸って死ににいくところなんで、とにかく少年が鬱陶しく遠ざけたい。またラッセルくんが如何にも子供らしく文字通り鬱陶しいw。そんな掛け合い漫才の中、様々な危機に陥り、お互いがお互いを助け合い、良さをかいま見せながら心を開いていく。そして家よりも少年を選ぶシーン。ジイさんの表情の変わり方といったら。このへんの描き方がほんとニクイです。背骨の伸び具合もニクイですw。やっぱ人ってのは愛し愛され必要とされてこそ生きる歓びがあるのだのぉと改めて思った次第。

空とカラフルな風船とのコントラストや幻の滝の情景などCGはさすがはピクサーと感心すること然りです。3Dで観ればよかった。

ところがこの映画、残念なのは最初の10分のクダリがあまりにも良く出来過ぎていること。始まって10分間で例のCMの部分がプロローグとして流れるのですが、セリフもなく音楽と映像だけで綴っていくんです。愛する妻との出会い、平凡ながらつつましく幸せな二人、そして妻の死。ジイさんが一人になった時、もう劇場みんながすすり泣き状態。既に今年一番の大感動作を観たほどの味わい。そのためこのプロローグだけで大満足過ぎてその後の本編が残念ながらそれを超えてないかも…。まあとってもいい映画なんです。ええとても心温まるステキなお話。でも最初に大感動して泣いちゃった分、最後は小感動で微笑ましいって感じ。ボクと同じ感想を持った人は多かったのではないかしら。


評価:★★★★☆

原題は『UP!』と言うらしい。
邦題はあきらかにジブリ意識してますよね。『ハウルの…』とか。


←あなたの一押しでボクのランキングもUP!
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (1)   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【ドゥームズデイ】 愛だよ、愛 | トップ | 瞳の魔術 -Hypnotized- »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
初めまして (NARCY)
2010-03-05 14:21:38
初めまして、東京在住のNARCYと申します。
現在、映画サイトを勉強中です。色々検索しているうちにこちらに辿り着きました。すごい情報量ですね。参考にさせて頂きます。

オムニバス映画のサイトを開きましたので、もしよろしければご覧になって頂き感想などをお聞かせ下さい。

オムニバス映画ワールド
http://web.me.com/omnibusworld

アクセスお待ち申します。
宜しくお願いします。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

2 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
「カールじいさんの空飛ぶ家」 (prisoner's BLOG)
爺さんや、歯が欠けた女の子や、モンゴロイドの太めの男の子といった、リアルな世界では主役級になりにくいキャラクターをしっかり生かしている。 空からばらばら人が落ちても風船がついているかしてそのまま地面に激突しないようにしているのは配慮。 ツェッペリン型の...
カールじいさんの空飛ぶ家 (RISING STEEL)
カールじいさんの空飛ぶ家 / UP 愛妻エリーに先立たれて以来、すっかり頑固者になってしまった老人カール。 しつこい立ち退き勧告に痺れを切らした彼は家に無数の風船をくくりつけて大空に飛びたって...