あみものOTOKO

編み物・手芸好きなOTOKOが ご紹介

蓮蝶鶴

2017-03-21 10:17:10 | 日記
新作作品 完成です。 4羽の鶴が 舞い踊る 「 蓮蝶鶴 」 ・・・ 画像にアップしましたけど、動きが複雑で 判りにくいですかね・・ 折り紙の 連鶴 ( 一枚の紙から 連続していくつもの 鶴を折る 技の一つで、 4羽の鶴を折る 折り方です )  の 「 蓮生 」 と 「 蝶翔 」 を ヒントにして タテイングレースで結んでみました。もちろん、 「 蓮生 」 も 「 蝶翔 」も 私、一枚の紙から 折り上げる事は 出来ますよ・・ 実際に 作ったことのない方には 理解しにくいでしょうからね・・・ そうそう、この場合の 折鶴は 普通に皆さんが知っている 鶴の折り方とは違いますので、普通の鶴を折り紙で 折る事が出来ても、「 蓮生 」「 蝶翔 」 は折れませんので・・・難しんですよ・・連鶴 って・・ ) いかがでしょうか・・・ 週末の展示会になんとか 間に合いましたねえ~・・・ かなり複雑ですけど、日本ホビーショーで 体験講習で考えている 鶴 が出来れば それを組み合わせることで 同じ様に 作ることができます。 前回の 「 シンデレラの馬車 」 は 作りたいという方が多かったですけど、かなり難しいので ( 結び図を書いたら 一冊の本になっちゃいますから・・ ) 今回は 作ってみたい方にも 製作出来るように 考えてみましたけど、・・・でも、この作品の 作り方を 結び図で描くとなると、組み立て方の説明だけで やはり 本になってしまいますねえ~・・ 実際に 直接お教えするのであれば 言葉で言う事は さほど難しくありませんけど、理解していただくために 文章や、図解で説明するのは 至難の業です・・・ まあ 来月の 日本ホビーショーで 公開できますから 今週末、日展新会館においでになれない方でも 当日 観ていただくことは出来ます・・・  でもまあ 完成して ちょっと 安心・・・フゥ・・・ 今夜は 三島の夜間講習ですねえ~・・・ 準備も後でしておかないと・・・・
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 静岡まつり | トップ |   

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。