チェジュ島その1

2017-01-15 18:59:16 | チェジュ島
昨年11月KARL韓国無線連盟にアマチュア無線ライセンス申請をしました
Icom IC-7000で申請したところ受付されたのですが
韓国での検査が必要とのこと
ネットで韓国で許可されている機種を調べIcom IC-7300に変更申請をしました
ところがまた検査が必要との許可条件です
どうしてなのかと問い合わせると韓国以外で作られた製品だからとの返答です
なんでかなーと思いますが仕方ないですね


チェジュ島の北側一戸建ての別荘を4泊予約しました
二階バルコニーがあるのでここにHex beamを上げる予定です
コンデションは良くないので
7Mhzから18Mhzでの運用になるでしょう
7Mhzと10MhzはインヴァーテッドVアンテナです
3月8日夕方から11日夕方までの運用となります
聞こえていましたら呼んでください
ヨーロッパ、北米も挑戦いたします
SSB,RTTY,CWの運用です
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アンテナタワー移設その6 | トップ | 韓国ライセンス »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
楽しんで来て下さい (JH1JJV/7)
2017-01-15 22:16:10
2年振りの海外QRV楽しまれて下さい。見るからにロケーションの良さそうな宿ですね。きっとコンディションも良くなります! 
もし…まったりした時間がありましたらJA向けに7/10MHzでのサービスお願いします。
もう10日は休暇の予定を入れました(笑)
Unknown (HL1ZIJ)
2017-02-13 07:32:07
大韓民国で購入した無線機には無線機適合性評価番号(R-HAM????)がシールで貼られています。そういったものは竣工検査が省略されますが、それ以外はダメなようです。

KCAの検査担当者はアンリツのスペアナで測定していたのかな?

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。