資格認定

さらーさらーさらー♪、では、はじめましょう!

API-580 資格試験 - API-580 最新関連参考書

2017-05-16 16:24:25 | 日記

APIのAPI-580 資格試験の合格証は多くのIT者になる夢を持つ方がとりたいです。でも、その試験はITの専門知識と経験が必要なので、合格するために一般的にも大量の時間とエネルギーをかからなければならなくて、助簡単ではありません。JapanCertは素早く君のAPI試験に関する知識を補充できて、君の時間とエネルギーが節約させるウェブサイトでございます。JapanCertのことに興味があったらネットで提供した部分資料をダウンロードしてください。


IT認定試験を受ける受験生はほとんど仕事をしている人です。試験に受かるために大量の時間とトレーニング費用を費やした受験生がたくさんいます。ここで我々は良い学習資料のウェブサイトをお勧めします。JapanCertというサイトです。JapanCertの APIのAPI-580 資格試験を利用したら、時間を節約することができるようになります。我々はあなたに向いて適当の資料を選びます。しかも、サイトでテストデータの一部は無料です。もっと重要のことは、リアルな模擬練習はあなたがAPIのAPI-580 資格試験に受かることに大きな助けになれます。JapanCert のAPIのAPI-580 資格試験はあなたに時間を節約させることができるだけではなく、あなたに首尾よく試験に合格させることもできますから、JapanCertを選ばない理由はないです。


API-580試験番号:API-580 基礎訓練
試験科目:「Risk Based Inspection Professional」
最近更新時間:2017-05-15
問題と解答:142

>> API-580 基礎訓練


 

NO.1 In most consequence evaluations, a key element in deter-mining the magnitude of the
consequence is
A. Physical area impacted by release
B. The volume of fluid released
C. Amount of surface area exposed due to toxic release
Answer: B

API-580 変更   

NO.2 Probability of failure analysis is made from
A. Consequences of the failure
B. Loss of containment that occurs due to deterioration mechanism
C. Done just with previous experience
D. All the above
Answer: B

NO.3 CORRECT TEXT
Rp 580 significantly targeted at the application of rbi in the.................and
.............industry
Answer: Hydrocarbon

API-580 受験記   
and chemical process

NO.4 The risk prior to mitigation activities
A. Unmitigated risk
B. Known risk
C. Mitigated risk
Answer: A


JapanCertは最新の300-180問題集と高品質の1Z1-634問題と回答を提供します。JapanCertのHPE0-S22 VCEテストエンジンとC-THR81-1611試験ガイドはあなたが一回で試験に合格するのを助けることができます。高品質のMB2-715 PDFトレーニング教材は、あなたがより迅速かつ簡単に試験に合格することを100%保証します。試験に合格して認証資格を取るのはそのような簡単なことです。


記事のリンク:http://www.japancert.com/API-580.html

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 1Z1-337 ウェブトレーニング ... | トップ | アイ・ビー・エム C8010-250 ... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。