認定取得

ラーラーラー♪、一緒に勉強します!!!

SAP C_TFIN52_66日本語 復習対策を通して自分を向上させる

2017-05-16 16:30:12 | 日記

NO.1 資産会計のレポートの 場合、どのオ ブ ジェクトには、使用 す る必要があり、必要 に 応
じて、ソートレベルおよび/ または集計レベルを決定するためにカスタマイズしますか。
A. 評価領域
B. ソートバリアント
C. 償却領域
D. ソートキー
Answer: B

C_TFIN52_66日本語 解説   C_TFIN52_66日本語 保証   

NO.2 あなたの主要な元帳(元帳解決)で は 、貸借対照表は会社 コ ードと部分のために 作 成
されなければなりません。
どのカスタマイズするセッティングを作る必要がありますか。 (2 つ選択してください)
A. 留保利益勘定を定義する。
B. 販売会計のコスト をアクティブにする。
C. あなたのリーディ ング元帳へのセグメント報告のシナリオを割り当てる。
D. 2 つの留保利益勘定を定義し、あなたの P &L 勘定に割り当てる。
Answer: A,C

NO.3 資産クラスは以 下のどれにあてはまりますか。
A. アカウントの同じ グラフを共有するクライアント内のすべての会社コードに
B. クライアント内の すべての会社コードに
C. 管理領域内のすべての会社コードに
D. 実例( クライアント から独立した) のすべての会社コードに
Answer: B

C_TFIN52_66日本語 クエリ   

NO.4 クロス会社コー ドの原価計算を設定するための前提条件は何ですか。 (2 つ選択してく
ださい)
A. 同じ通貨はすべて の会社コードに使用される。
B. オープン期間の同 じバリアントはすべての会社コードに使用され る。
C. アカウントの同じ チャートはすべての会社コードに使用される。
D. 同じ会計年度バリアントは、すべての会社コードに使用される。
Answer: C,D

C_TFIN52_66日本語 購入   


C_TFIN52_66日本語 復習対策は重要な課題になっていて、この資格認定書を所有している人は会社に得られる給料が高いです。我々C_TFIN52_66日本語 復習対策を利用し、試験に参加しましょう。試験に成功したら、あなたの知識と能力を証明することができます。あなたはこれらのC_TFIN52_66日本語 復習対策を持つ人々の一員になれると、いい仕事を探させます。


JapanCertのSAPのC_TFIN52_66日本語 復習対策はIT認証試験を受ける人々の必需品です。このトレーニング資料を持っていたら、試験のために充分の準備をすることができます。そうしたら、試験に受かる信心も持つようになります。JapanCertのSAPのC_TFIN52_66日本語 復習対策は特別に受験生を対象として研究されたものです。インターネットでこんな高品質の資料を提供するサイトはJapanCertしかないです。


C_TFIN52_66日本語試験番号:C_TFIN52_66日本語 テスト模擬問題集
試験科目:「SAP Certified Application Associate - Financial Accounting with SAP ERP 6.0 EHP6 (C_TFIN52_66日本語版)」
最近更新時間:2017-05-15
問題と解答:80

>> C_TFIN52_66日本語 テスト模擬問題集


 

JapanCertは最新のC-THR81-1611問題集と高品質の9L0-528問題と回答を提供します。JapanCertの9L0-904 VCEテストエンジンと070-341試験ガイドはあなたが一回で試験に合格するのを助けることができます。高品質のE20-526 PDFトレーニング教材は、あなたがより迅速かつ簡単に試験に合格することを100%保証します。試験に合格して認証資格を取るのはそのような簡単なことです。


記事のリンク:http://www.japancert.com/C_TFIN52_66-JP.html

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« C-SM100-718 資格練習 - SAP ... | トップ | 1z0-061 受験資料更新版 - 1z... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。