認定取得

ラーラーラー♪、一緒に勉強します!!!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

70-483日本語 テキスト - 70-483日本語 試験参考書

2017-05-16 16:29:09 | 日記

ただ一つの試験の準備をするだけで時間をたくさん無駄にすることをやめてください。はやくJapanCertの70-483日本語 テキストを入手しましょう。この問題集を持っていたら、どうやって効率的に試験の準備をすべきなのかをよく知るようになります。この70-483日本語 テキストはあなたを楽に試験に合格させる素晴らしいツールですから、この成功できチャンスを見逃せば絶対後悔になりますから、尻込みしないで急いで行動しましょう。


JapanCertのMicrosoft 70-483日本語 テキストは専門家たちが数年間で過去のデータから分析して作成されて、試験にカバーする範囲は広くて、受験生の皆様のお金と時間を節約します。我々70-483日本語 テキストの通過率は高いので、90%の合格率を保証します。あなたは弊社の高品質Microsoft 70-483日本語 テキストを利用して、一回に試験に合格します。


70-483日本語試験番号:70-483日本語 合格受験記
試験科目:「Programming in C# (70-483日本語版)」
最近更新時間:2017-05-15
問題と解答:236

>> 70-483日本語 合格受験記


 

NO.1 ク ラ ゗ ゕ ン ト? コ ン ピ ュ ー タ と サ ー バ の 間 で 大 量 の デ ー タ を 送 信 す る ゕ プ リ ケ ー シ ョ
ンを開発し ていま す。 暗号ハッシ ュゕル ゴリ ズムを使用 してデ ータ の有効性 を確認 する 必
要があります。どのゕルゴリズムを使うべきでしょうか。
A. RNGCryptoServiceProvider
B. Aes
C. HMACSHA256
D. DES
Answer: C

70-483日本語 実際   

NO.2 あなたは、C #を使用して、コンソールゕプリケーションを作成しています。
あなたは、car.dll と名付けられたフゔ゗ルに発見されたゕセンブリにゕクセスする必要があ
ります。
あなたは、どのコード部分を使うべきですか?
A. Assembly.Load();
B. Assembly.GetExecutingAssembly();
C. Assembly.LoadFile("car.dll");
D. This.GetType();
Answer: C

70-483日本語 範囲   70-483日本語 問題数   
Explanation:
Assembly.LoadFile - Loads the contents of an assembly file on the specified path.
http://msdn.microsoft.com/en-us/library/b61s44e8.aspx

NO.3 あなたは、C # を使用して、コンソールゕプリケーションを作成しています。
ゕプリケーション? ゕセンブリにゕクセスする必要があります。
どのコード部分を使うべきですか?
A. Assembly.GetAssembly(this);
B. Assembly.Load();
C. Assembly.GetExecutingAssembly();
D. this.GetType();
Answer: C

70-483日本語 難易度   70-483日本語 ウェブ   
Explanation:
Assembly.GetExecutingAssembly - Gets the assembly that contains the code that is currently
executing.
http://msdn.microsoft.com/enus/library/system.reflection.assembly.getexecutingassembly(v=vs.11
0).aspx
Assembly.GetAssembly - Gets the currently loaded assembly in which the specified class is defined.
http://msdn.microsoft.com/en-us/library/system.reflection.assembly.getassembly.aspx

NO.4 あなたは TheaterCustomer という名前 をつけられるクラスを含むゕプリケーションを
開 発 し て い ま す 、 そ し て 、 方 法 は ProcessTheaterCustomer に 名 を つ け ま し た 。
ProcessTheaterCustomer () メソッドは、 入力 パラメータとして TheaterCustomer オブジェ ク
トを受け取ります。
あなたには、以下の要求があ ります:
- TheaterCustomer 物を コレクションに保管します。
- 彼らがコレクションに入れられる逆順の TheaterCustomer 対象を 、ProcessTheaterCustomer
()方法が処理することを確認してください。
あなたは、必要条件を満たす必要があります。
あなたは、何をするべきですか?
A. Create a System.Collections.Queue collection. Use the Enqueue() method to add
TheaterCustomer objects to the collection. Use the Peek() method to pass the objects to the
ProcessTheaterCustomer() method.
B. Create a System.Collections.Queue collection. Use the Enqueue() method to add
TheaterCustomer objects to the collection. Use the Dequeue() method to pass the objects to the
ProcessTheaterCustomer() method.
C. Create a System.Collections.ArrayList collection. Use the Insert() method to add TheaterCustomer
objects to the collection. Use the Remove() method to pass the objects to the
ProcessTheaterCustomer() method.
D. Create a System.Collections.Stack collection. Use the Push() method to add TheaterCustomer
objects to the collection. Use the Pop() method to pass the objects to the ProcessTheaterCustomer()
method.
Answer: D

70-483日本語 科目   70-483日本語 オンライン   
Explanation:
A stack is the appropriate collection here. In computer science, a stack or LIFO (last in, first out) is an
abstract data type that serves as a collection of elements, with two principal operations: push,
which adds an element to the collection, and pop, which removes the last element that was added.
Reference: https://en.wikipedia.org/wiki/Stack_(abstract_data_type)


JapanCertは最新の642-980問題集と高品質の200-310問題と回答を提供します。JapanCertのMB6-890 VCEテストエンジンと220-901試験ガイドはあなたが一回で試験に合格するのを助けることができます。高品質の1Y0-401 PDFトレーニング教材は、あなたがより迅速かつ簡単に試験に合格することを100%保証します。試験に合格して認証資格を取るのはそのような簡単なことです。


記事のリンク:http://www.japancert.com/70-483J.html

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« HPE2-Z38 認定資格 & Creatin... | トップ | C_HANAIMP_12 トレーニング資... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。